最終更新日:2021/5/18

太子食品工業(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 食品

基本情報

本社
青森県
資本金
7,000万円
売上高
173億円(2020年3月期)
従業員
650名(2020年4月期)
募集人数
11~15名

安心、安全、健康を最優先し、数々の業界初の取り組みをしてきました。そこでは社是「和」の元に社員が力を結集し進化のためにチャレンジを続けています。

  • My Career Box利用中

今までの延長線上ではない次のステージを共に目指しましょう! (2021/02/15更新)

PHOTO

太子食品工業(株) 採用担当の深貝です。
当社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます!

インターンシップや選考スケジュールについてエントリーされた方に随時ご案内
して参りますので是非エントリーをお願い致します。

<新型コロナウイルス感染症対策について>
新型コロナウイルス感染症対策につきましては下記の通りお知らせ致しますので
ご協力の程宜しくお願い致します。

・対面形式での説明会等にご参加いただく学生の皆様には、マスクを着用され、
 咳エチケットや手洗いなどの感染対策にご協力をお願い致します。
・対面式でのイベントでは会場入口にて手指消毒を行い、会場にご入室いただく
 対応を致します。
・会場は、お互いの距離が取れるような座席配置を行います。
・説明会当日に風邪のような症状がある方、また、発熱等の症状が少しでもある場合
 には、必ず弊社にご連絡の上、参加をお控えいただきますようお願い申し上げます。
※上記理由により欠席された場合は別途対応させていただきますのでご安心下さい。

なお、上記の対策は現在のものであり、新型コロナウイルス感染症の今後の感染の
広がりや情勢を踏まえ選考スケジュールについては柔軟に対応いたしますので、
焦らずに感染予防・拡大防止に努めていただくようにお願い致します。

会社紹介記事

PHOTO
おいしさと安全安心をお届けするために、厳選された素材と、清らかでおいしい水を使用。衛生的に作ることで、素材の持つ旨みを最大限に引き出しています。
PHOTO
食品を科学の力で解明し、安心と安全、美味しさを追求。「当たり前」の美味しさを食卓にお届けすることこそが、太子食品のこだわり。

日本の食文化を守りながら、科学のチカラでその価値をより高めていきたい。

PHOTO

いかに多くの情報を集めるかが就活には大切。職場環境や将来性、自分にとって何が一番の条件になるのかを知るためにも企業訪問や先輩社員の意見を取り入れてくださいね。

【入社のきっかけ】
大学の研究室で微生物を研究していたわたしは、研究の一環で太子食品の十和田工場を見学する機会がありました。食品ができていく過程を知ることは、その後の研究に必ず役立つという教授のアドバイスを受け、生産工程を見学したときに感じたのは、自分の研究が日本の食文化の発展に活かせる気づきと、職場環境の素晴らしさでした。就活に関わる訪問ではないにもかかわらず、丁寧な対応を受け、ここで働きたいと考えるようになりました。

【技術開発室の仕事内容】
当社の主力商品である大豆製品のメカニズムを解明し、製造工程の組み立てや、新製品実現に向けた土台づくりを行っています。例えば、日本で古くから親しまれている豆腐は、なぜ固まるのか、納豆はなぜ発酵するのかなど、そのメカニズムは意外と知られていません。それらを理解し、製品づくりに役立て、お客様に求められる商品を作ることを使命としています。

【仕事のやりがい】
豆腐や納豆など昔から日本人に愛されている食品を、科学の力で解明することにやりがいを感じます。技術者は数値やデータにとらわれがちですが、製造ラインや商品開発室など、自分では思いもよらなかった視点からアドバイスをもらえることも楽しいです。微生物の働きがどのように美味しい商品に活かせるのか、そしてどのような製造方法が実現できるのかなど、単にデータを追求するのではなく、「より良い製品を届けたい」という共通の目標は、仕事へのモチベーションにつながっています。

【今後の目標】
納豆で創業した当社は、納豆製品への思い入れが強い会社です。会社の顔でもある納豆の品質向上に力を注いでいきたいです。一つの目標として常に意識しているのが、全国の食品メーカーによる納豆の鑑評会での受賞です。日本の食文化の象徴でもある納豆を当社の技術でさらに喜ばれる食品にしていきたいです。

【学生へメッセージ】
理系出身者は大学の研究と実際の現場のギャップにぶつかることがあるかもしれません。大学では研究結果をどう応用するかは別な分野になりますが、企業では成果が求められます。また、研究してきた分野と異なる分野に配属されることもあるかもしれません。そんな時は柔軟な発想で仕事に向き合ってください。分野が違っても学びを活かせることが必ずあるはずです。
(技術開発室 今仁志さん/2016年入社)

会社データ

プロフィール

創業当時からの新しいものへのチャレンジ精神旺盛な社風で技術力と信頼性の向上に努め、それが業界の常識にとらわれない革新的な取り組みへとつながりました。
日本の伝統食品としての納豆・豆腐を中心に、原料、製法、品質にとことんこだわり、社員一人ひとりがお客様の健康を考え、安全、安心を追求することによって顧客満足を高めることを目標に企業活動を続けて参りました。
社会に価値ある存在となる企業として業界をリードしていきます。

事業内容
東北圏を基盤エリアとして、納豆・豆腐・もやし・油揚・味付油揚・豆乳及びこんにゃく・ところてんの製造、販売をしております。
また関東エリアのシェア拡大を目指し、最新鋭の栃木県日光工場を生産拠点としてお客様に高付加価値で美味しい豆腐・豆乳・油揚を開発し、日々提供しています。

PHOTO

食に誠実である当社の想いを、お客様に伝えることが大切。それぞれのセクションの社員が同じ想いを共有し、業務に取り組んでいます。

本社郵便番号 039-0141
本社所在地 青森県三戸郡三戸町大字川守田字沖中68
本社電話番号 0179-22-2111(代表)
創業 1940年10月
設立 1964年1月
資本金 7,000万円
従業員 650名(2020年4月期)
売上高 173億円(2020年3月期)
本部・営業拠点 【本社】
青森県三戸郡三戸町

【営業拠点】
東京支店:東京都 北区
東北支店:宮城県 仙台市
仙台営業所 宮城県 仙台市
盛岡営業所 岩手県 盛岡市
青森営業所 青森県青森市
八戸営業所 青森県 八戸市
基幹工場 十和田工場:青森県十和田市
雫石工場:岩手県岩手郡雫石町
古川清水工場:宮城県大崎市
日光工場:栃木県日光市
関連会社 (株)タイシフレッシュサービス(青森県十和田市)
(株)蔵王高原フーズ(宮城県白石市)
沿革
  • 1940年
    • 青森県三戸郡南部町にて、工藤商店として創業。
      納豆の製造販売を開始。
  • 1964年
    • 工藤商店を改組、現在の太子食品工業(株)となる。
  • 1971年
    • 11月、十和田工場操業開始。
  • 1973年
    • 少食少量化時代に対応して、日本で初めてミニサイズのお豆腐「ミニ奴150g」を集積パックで発売。全国的な反響を呼ぶ。
  • 1974年
    • 日本で初めてタレ付きの昆布入納豆を開発。
      日本橋三越本店に納品、発売開始。
  • 1977年
    • 業界初のミニカップの納豆「まめちゃん納豆」を発売。同時にタレ付にし、それまでの業界の常識をやぶる革命的商品となる。
  • 1979年
    • 日本で初めて豆乳ヨーグルトを中国と共同開発
  • 1986年
    • 7月、古川清水工場操業開始。
  • 1992年
    • 3月、雫石工場操業開始。
      8月、古川清水工場にて一丁寄せ製法を操業開始。
      衛生的な製法で日持ち7日間を実現。豆腐の常識変える。
  • 1997年
    • 1月、遺伝子組み換え大豆の未使用を宣言、社会の関心をよぶ。
  • 1997年
    • 11月、「カルシウムとうふ」発売。豆腐では日本初の特定保健用食品として認可。
  • 1998年
    • 4月、日光工場操業開始。
  • 2001年
    • 11月、豆乳におからを加える新製法でつくった「まるまる豆腐」発売。
      またDHA、EPAを添加した「いきいき豆腐」も同時発売。
  • 2004年
    • 3月、“ナチュラルスイート”製法により新豆乳「豆100豆乳」を発売。本物志向のユーザーから高い支持を得る。
      4月、「豆100豆乳」が「第10回世界ヒット商品コンクール[シアルドール]日本代表カテゴリー賞」受賞。
  • 2007年
    • 7月、「日光工場」「古川清水工場」が豆腐工場として初めて、国際標準規格「ISO22000:食品マネジメントシステム」の認証を取得
      7月、環境貢献活動の一環として、環境省が推奨する地球温暖化防止に向けた運動「チーム・マイナス6%」に加入
  • 2010年
    • 豆腐業界初 新製法による「低脂肪・低カロリー」の豆腐を発売
  • 2012年
    • 2月、独自技術による“煮くずれしにくく、味しみが良い”豆腐「まるで木綿」を発売
      6月、濃厚な豆乳を使用した「一番どり」の生ゆば
      「日光 生ゆば」発売
  • 2013年
    • 豆腐業界初の日本食品工学会「技術賞」を受賞 
  • 2014年
    • 業界初封入水なしの生豆腐「箱入り娘」発売
  • 2015年
    • 消泡剤無添加 独自製法でつくり上げた油揚げ「唯一」ブランド新発売
  • 2016年
    • 糖質ゼロ商品 「豆乳とこんにゃくの糖質ゼロな平麺」発売
      オメガ3脂肪酸(体内でつくることができない必須脂肪酸)含有の「タレで食べるおぼろ」発売
      機能性表示食品として 骨の成分維持に役立つ効果の大豆イソフラボンが含まれたもやし「小大豆もやし」の発売 
  • 2017年
    • 十和田工場、2016年度食品産業優良企業等表彰「農林水産大臣賞」受賞
      前代未食の口どけ食感「北の大豆きぬ練りおあげ」発売
  • 2018年
    • 3月、さとの雪食品との業務提携。豆腐と油揚げを両社の「ダブルブランド」で販売開始
      8月、八戸学院大学女子ラグビー部と健康的なアスリートの育成を目指す連携協力協定締結
      9月、子供支援・寄付型商品「11ぴきのねこ納豆」の発売
  • 2019年
    • 3月1日、「一丁寄せ生とうふ」発売。量産型でボイル殺菌工程を行わず日持ちがする生とうふとして業界初
      10月、第5回豆腐品評会 充填豆腐部門 銀賞 
      北の大豆 濃厚おぼろ豆腐2個 受賞
  • 2020年
    • 創業80周年

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 6名 7名 13名
    2018年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 6名 0名 6名
    2018年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒039-0141
青森県三戸郡三戸町大字川守田字沖中68
太子食品工業(株)
採用担当:総務人事部 深貝
TEL:0179-22-2111(代)
URL http://www.taishi-food.co.jp/
交通機関 青い森鉄道「三戸駅」より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp54674/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
太子食品工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ