最終更新日:2021/9/10

(株)秀英予備校【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 教育
  • 商社(教育関連)

基本情報

本社
静岡県
PHOTO

考え方・解き方を教える授業を心がけています

木元 萌子
2020年入社
24歳
北海道大学
教育学部 教育学科 卒業
小中第3事業本部 北海道第2本部 札幌西第1ブロック

現在の仕事内容

小学4年生~中学3年生の英語・国語の授業を担当しています。授業を通して、それぞれの教科や学ぶことの楽しさを伝えられるよう、「答えや知識を教える」だけでなく「考え方・解き方を教える」授業を心がけています。生徒が授業を楽しんでくれたり、やる気になったりしたときは本当にうれしいです。授業以外でも生徒の日常生活や学校生活に関する相談を受けたり、他愛ない話をしたりして関係を築いていくことで、授業での関わり方も変わってくると思っています。


今の仕事のやりがい

古文に対するハードルを下げるために、授業の導入で作品の背景や人間関係、作者の執筆の動機などを話したうえで授業をしたら、「先生の古文の授業楽しかった!」と言ってもらえたことが印象に残っています。生徒が、前は解けなかった問題が解けるようになったり、テストで高得点を取って成績が上がったりすることは、自分にとって大きな自信となっています。


この会社に決めた理由

自分自身が塾に通って勉強を楽しいと思えるようになった経験があり、自分もそんな先生になりたいと思っていました。アルバイトとして秀英で働いていた時や就活中に、「勉学を通してグローバル社会において自立できる力を養うこと」という教育理念を実際に肌で感じることができ、その理念に共感して入社を決めました。


学生の皆さんへメッセージ

たくさん悩む時期だと思いますが、そんな時こそ、自分の気持ちに素直になって、何が得意なのか、どんなことに喜びを感じるのかを思い出してみるといいかもしれません。
働くことは大変なときもありますが、自分の働きがきちんと評価されたり、顧客(生徒・保護者)が喜んでくれたりすることはなかなか嬉しく、楽しいものです。
大変だとは思いますが、頑張ってください。


トップへ