最終更新日:2021/9/10

(株)秀英予備校【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 教育
  • 商社(教育関連)

基本情報

本社
静岡県
PHOTO

”考える力”や”やり抜く力”を身につけさせる

速水 亨
2007年入社
36歳
同志社大学
文学部 文化学科 卒業
小中第2事業本部 愛知第2本部 知多ブロック

現在の仕事内容

映像授業を実施する「秀英iD予備校」の校舎責任者を担当しており、小学生から高校生までの生徒が在籍しています。三者面談で進路指導や学習アドバイス、保護者会の実施運営、一緒に働くアルバイト講師への指示出しや、質問対応のサポート、秀英に初めて来る方へのサービスの説明と提案など、業務は多岐にわたります。生徒たちが勉強を通して”考える力”や”やり抜く力”を身につけ、成績アップや第一志望合格といった成功体験をしてもらうことが自分の役割だと思います。子供たちが頑張るサポートをすることで、自分も成長出来ていると感じます!


今の仕事のやりがい

入社当初は、小中学部の集団指導コースで仕事をしていました。嬉しかった事は、生徒の前で授業をして「分かった」「興味深かった」と感じてもらえたときです。私は大学生の時に塾のアルバイトなどは経験しておらず、入社してから初めて集団授業を経験しましたが、最初のうちは時間通りに授業を終わらせることが難しかったり、生徒にきちんと話を聞いてもらうことができなかったりと苦戦の連続でした。しかし、練習して授業に臨むことで少しずつ生徒と信頼関係が築けてきて、「今日の授業はわかりやすかったよ」と言ってもらえたのは大変嬉しかったです。


この会社に決めた理由

学校の先生と塾の先生のどちらになるか悩んでいましたが、数学と社会の持つ科目としての面白さをより伝えられる仕事に就きたいと考えて、塾の先生を選びました。小中学部の集団指導コースの社員は英語・数学から1つ、理科・社会から1つのあわせて2つの科目を指導しますので、数学と社会の両方を教えたいと考えていた私の希望に合っていたため、入社を決めました。その後校舎運営コースへの異動の内示をいただき、生徒のペースで学習できる映像授業の柔軟さに可能性を感じ、現在では校舎責任者として仕事をしています。このように、就職した後もいろいろな仕事を任せてくれるので、やりがいがあると感じます。


学生の皆さんへメッセージ

幅広い業種の話を聞くことが大事です。説明会などで話を聞き、実際にどのような会社なのかをよく見てください。第一印象や特定の業種だけで決めてしまうと、後でイメージと違うなんてことにもなり兼ねないです。自分が納得するまで悩んで決めた会社なら、頑張り続けることができると思います。そして就職後も業界全体を見渡すことと、自己研鑽を積んで常に自分の市場価値を高めることを怠らないでださい。難しい事も、経験を積んでいると思って前向きに頑張ってください!


トップへ