最終更新日:2021/9/10

(株)秀英予備校【東証一部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 教育
  • 商社(教育関連)

基本情報

本社
静岡県
PHOTO

生徒の頑張る姿を一番近くで見ることが出来る

本田 梨乃佳
文学部 言語表現学科 卒業
高校事業本部 第2本部 名古屋ブロック

現在の仕事内容

校舎運営と生徒指導の2つが主な業務です。校舎運営とは、広告物の作成・掲示・HPの更新のほか、入学希望者への説明会、教師と保護者との連携などです。生徒指導とは生徒の進路決定や学習法のアドバイスを行うことです。個別面談では学習計画を一緒に立て、進路ガイダンスで入試の仕組みや学習ポイントを伝えています。困った時や不安な時に気軽に相談できるサポーターとして、日々生徒とコミュニケーションをとり、信頼関係を築いています。机に座って作業するというよりも、人と対面して話すことが多いと感じるお仕事です!


今の仕事のやりがい

生徒から「志望校に合格できた!」と報告を受けることが、仕事をやっている上で最も嬉しい瞬間です。入社1年目で初めて担当した生徒からその言葉を聞いた瞬間は今でも忘れられません。校舎では高校1年生から3年生までのたくさんの生徒と関わります。その中で、将来何をしたいのか分からない、勉強がうまくいかないなどそれぞれ悩みを抱えています。そんな生徒に選択肢を提案し、励まし、やるべきことや優先すべきことを明確にしたアドバイスを行っています。生徒から「やるべきことが分かった」「成績が上がった」といった声を聴くことや、校舎へ来て頑張っている生徒を見ることが、この仕事の醍醐味かと思います。


この会社に決めた理由

人を支える仕事がしたい、という観点で就職活動をしていました。元々全く異なる業界を希望していましたが、教員免許を取得するにあたって教育業界に興味を持ちました。その中で、秀英予備校に進学アドバイザーができる職種があることを知り、高校時代の恩師に進路についてたくさんお世話になったこともあり、「進路指導」という業務に魅力を感じました。入社を決めたのは、実際に働いている人の仲の良さです。内定者懇親会で先輩社員と話をしたり、研修の時に本社へ行ったりした時に、垣間見えるアットホームな雰囲気に「ここにしよう」と決めました。懇親会では、まさかの社長の隣に座るという貴重な体験もしました。そのくらい、人のあたたかさは秀英が一番だと感じました。


学生の皆さんへメッセージ

自分自身が何をしたいのか、どうしてその職に就きたいのかを明確にすることが第一歩だと思います。その軸がはっきりしていないと、せっかく希望の会社で働くことになっても「何かが違う」となってしまう可能性があります。行きたいと思っている会社に合わせるのではなく、自分の軸に合った会社を見つけることが大事です。どうしてその会社に行きたいのか、初心に帰ってもう一度考えるのも自分を見つめ直す良い機会になると思います。


トップへ