最終更新日:2021/10/15

(株)トーキン

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 半導体・電子・電気機器
  • 精密機器

基本情報

本社
宮城県、富山県
PHOTO

お客様との距離感を意識すること

AG
2001年入社
東北工業大学
電子工学科
マグネティック・センサ&アクチュエータ事業本部 販売推進G
市場マーケティング、販売支援(お客様に対する技術サポート)

日々、心がけていること

販売推進部という部署に所属し、主にお客様に対する技術サポートをしています。基本的には、お客様に当社製品をご採用頂くことを目的としていますが、そのために、いくつか心がけていることがあります。ひとつは、お客様の設計方針・コンセプトをきちんと理解すること。これは、適切なサポート・製品提案をするうえで重要なことと考えています。次に、お客様の情報は、社内(上司、工場の技術関係者)に正しく伝えること。ときには自分だけで解決できない問題に直面することもあり、そのときは上司や仲間のHELPが必要となります。情報が正しく伝わっているときほど、問題に対する妙案を頂ける事が多く、解決に近道となることを日々実感しています。最後は、お客様と会話するときは、毎回最低1回以上、お客様に笑顔になってもらうこと。お客様によって笑顔になるポイントは異なりますが、お客様の性格・好みに合わせて、話題を提供しお客様との距離感を縮める。案外、これが一番重要ではないでしょうか。


就職面接のときに、私がしたこと

当社への就職活動は今でも鮮明に思い出します。中でも一番時間を割いたのは、自己PRでした。そのとき私がしたことは、当社製品のプレゼンです。自分があたかも社員になったかのように、製品の説明をしていく。構造や特徴、特性を資料にまとめ、面接官(当時の役員クラス)の方々に説明を行いました。幸いなことに、当時、大学の研究室で学んでいた内容が直結する製品であったため、ここぞとばかり、知っている知識をつぎ込んで資料作成したことを覚えています。今思えば、的外れの内容もふんだんに盛り込まれていました(笑)。しかし、その分、熱意は伝えられていたと思います。その頃からはだいぶ年月は経ちますが、そのときの熱意だけは、今の自分でも見習うべきところとして、今後の業務にも生かしていきたいと考えています。


オフの過ごし方

専ら、家族サービスをしています。玄関を開けると、目の前が公園ということもあり、そこで子供らと遊ぶことで日々のリフレッシュをしています。ドッヂボールやフリスビー。ときには、近所の子供たちを巻き込み、大所帯で鬼ごっこをすることも。
個人的には、台所に立つことがマイブームです。土曜日には、魚を捌くところからスタートし、大げさに言えば創作料理の開発に勤しんでいます。最近では包丁を新調したこともあり、今までに捌いたことのない魚にもチャレンジしたいです。(結果、妻への家族サービスにもなっている、、、はず。)


トップへ