最終更新日:2021/6/22

(株)システムベース

  • 正社員

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • データ通信

基本情報

本社
岩手県
PHOTO

探究心と向上心は年齢を重ねても必要です!

I・T
2011年入社
34歳
山形大学大学院
理工学研究科

現在の仕事内容は?

主にプログラム開発を行っています。
一言でプログラムといっても多種多様であるため、もう少し具体的に述べますと直近では基幹システムの開発を行っています。
基幹システムは会社において必要なツールであり、その理由は会社の経営指標と財務諸表の元となるデータを日々、正確に、なるべく手間をかけずに作成できるようになるからです。
プログラマーは、営業やSEのように客先訪問する機会は稀であるため、基本的にはSEが作成した設計書とにらめっこする日々が続きます。
そのため、お客様の声が直接届きにくく、モチベーションが保ちにくいかもしれません。
然しながら、最も重要なことは、もしお客様がこの機能を使った際にどう思うかを考えてみることです。
SEも人間ですので設計書が誤っていることはよくあります。
そのため、例え設計書通りであっても、何かおかしいぞ、と気づき、自身の思うあるべき姿をSEに伝えることがプログラマーの大事な役割だと考えています。
今は、新型コロナウィルス感染対策として、リモートワークしている社員もいます。働きやすい環境の中で、存分に自分の力を発揮できる会社です。


今後の目標は?

経理系の資格取得に注力していきたいと考えています。
プログラマーなのに経理?と思うかもしれませんが、「現在の仕事内容」で記載した"基幹システム"を、より良いものとして生み出すためには基礎知識が必要です。
商品売買業であれば流通系の知識、製造業であれば製造系の知識、そして会計管理が関わってくれば経理系の知識が必要になります。
今は基幹システムの中でも経理寄りの機能開発をしており、経理って意外と面白いじゃないか、と思ったことと、例え経理部や経営層でなくとも、経営指標を読み取る力は必要だなと今までの経験を踏まえて感じたことが勉強する理由になりました。
経理っぽい言い回しをすると、知識は資産です。現預金を増やすのも大事ですが、資産もきちんと増やしていきましょう。


オフの過ごし方は?

ゴルフ、動画配信サイト閲覧、ランニング、旅行の何れかです。
何れも1人でできるため、思い立ってから行動に移すことも難なく、気の赴くままに休日を過ごしています。
ちなみに大学時代のオフの過ごし方は麻雀、ギャンブル、ゲームでした。典型的なぐうたら大学生です。
ただ、これらの趣味が悪趣味だといっているわけではありません。
要は、大学時代はこれらしかストレス解消法を知らなかったが、社会人になって自由に使えるお金が増え、様々なことを体験してみた結果、より適合した趣味を発見しただけだと考えています。
オフであっても何かに挑戦してみる、きっかけを逃さない、というのはとても重要な事だと思います。
自分で自分を褒めてあげたいです。


サークル・福利厚生について!

当社サークルについては、マラソン、ゴルフ、野球、サッカーがあります。活動が最も盛んなのはゴルフ、次点でマラソンとなります。
他にも非公式ではありますが、登山、釣り、ソフトテニス、麻雀などのサークル活動もあり、同じ趣味を持つ社員同士で切磋琢磨しているようです。
当社に限らず、他部署の社員と交流を図る機会というのは、実際のところ中々訪れないと思います。
増してやキャリアの浅い社員であればあるほど、その傾向は強いです。
サークル活動はその突破口として最も有効的な活動だと考えています。
他社員と共有できる趣味があるのであれば、自ら発信するといいと思います。


こんな人に入社してほしい!

『不明点』を人に聞く。
この1点をしっかりできる人に入社してほしいです。
例えば、知識の浅い人が、自身の殻に閉じこもって、一生懸命に技術本やインターネットから情報を拾い集めて仕事をしようとしても、時間を浪費しただけで何も進展しなかった、ということは往々にしてあると思います。
もしこれが自身の趣味の範疇で行っていることであれば、試行錯誤を繰り返していつかはゴールに到達することができると思います。
然しながら、企業のモノづくりに於いて、いつか完成する、というような曖昧な期日は存在しないはずです。
何故ならモノは誰かがとある理由でいつまでに欲しい、という明確な「納期」があるためです。
つまり、限られた時間の中で業務を遂行するには、始めたての頃は有識者に聞く、ということがとてもシンプルでベストな方法だと思うのです。
技術本やインターネットは、それら有識者から知識を授けられた上で、類似手法の検索や最適化を図る際に活用していけばよいのではないかと私は思います。


トップへ