最終更新日:2021/11/26

東京多摩青果(株)

  • 正社員

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 物流・倉庫
  • 給食・デリカ・フードビジネス

基本情報

本社
東京都
PHOTO

商品を滞りなく流通させること

H.T
2010年入社
人文学部
果実第1部

現在の仕事内容

現在の担当品目は、「柿」「小玉西瓜」「金柑」「無花果」です。入社後に初めて品目を持たせて頂いたときは、他産地ではありますが、先輩方と同じ品目を持つことへの不安や前任者が作り上げてきた実績を落としてしまうのではないかという懸念があり、先輩方の仕事を真似することで精一杯でした。しかし、販売を続けていくうちに、自分なりの販売ルートや売り方、提案などを確立することが大切だと実感し、現在は新しい発想を持つことを第一に日々の業務に励んでいます。


仕事をするうえで心掛けていること

私が営業職という仕事において重要視していることは、「商品を滞りなく流通させること」です。そのためには、産地と買参人双方からの要望や意見をしっかりと聞き、それぞれに納得して頂ける集荷・販売をすることを心掛けています。また、自身の業務や実績を振り返ることも大切にしており、日々はもちろん、週、月、年単位で振返りを行い、良かった点や悪かった点など、反省した内容を次の業務に役立てています。


この仕事のやりがい

以前、長崎県の新品種の苺「おいCベリー」の販売を前任者からの引継ぎではなく、新規での取扱として担当させていただきました。産地からの販売提案を受け、先輩や上司に相談しながら導入を試み、積極的に買参人に紹介するなどして、少しずつ販路を拡大していきました。当時の生産者は約5名ほどでしたが、「おいCベリーが欲しい」というお客様も増え、今では長崎県や佐賀県などの九州地方を中心に、四国や中国地方、千葉県などの関東でも栽培が始まっています。この経験から、自身の力で商品の流通を普及させることができ、営業職の楽しさや喜び、さらには営業職としての自信となりました。


トップへ