最終更新日:2021/6/14

日本ピグメント(株) 【東証二部上場】

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 化学
  • 自動車・自動車部品
  • 日用品・生活関連機器
  • 繊維
  • その他電気・電子関連

基本情報

本社
東京都
資本金
14億8,115万円
売上高
252億円(2020年3月実績:単体) 384億円(2020年3月実績:連結)
従業員
233名(2020年3月:単体) 924名(2020年3月:連結)
募集人数
16~20名

プラスチックの着色・高機能化のトップレベルメーカー。日常生活のあらゆる場面で、“豊かな色彩とゆとり”を提供しています。#BtoB #生産 #開発 #事務職 #住宅手当

  • My Career Box利用中

【燃えにくい色って何色だろう?】二次募集を締め切りました (2021/05/26更新)

PHOTO

こんにちは!
日本ピグメント株式会社です。
二次募集を締め切りました。
再度募集がありましたらまたご連絡いたします。
多くの方のご応募、ありがとうございました。


突然ですが、ふと向けた目線の先には、どんな色があるでしょうか。

見渡してみれば、色は常に皆さんの生活に密着しています。

当社は、皆さんの身の回りのプラスチック用の着色剤を扱っており、当社の製品と技術は、生活に彩りを与えているのです。
白・ピンク・黄色といったどんな色か、ということだけでなく、雨に強い色、紫外線から守ってくれる色、肌を包む色…こんな機能をもった色も取り扱っています。

「高い技術力」と「深みのある人間力」があわさり、生活に彩りを与えることに興味や面白み、やりがいを感じられる方にお会いできるのを楽しみにしております!

会社紹介記事

PHOTO
多くの若手が大活躍!若者ならではのフレッシュな発想力は社内を大きく活性化させています。「高い技術力」と「深い人間力」は、当社の強みでもあるのです。
PHOTO
人々の生活に「彩り」を与えています。元は透明か半透明のプラスチックは、このマスターバッチによって華やかな色を身にまといます。 あなたの技術が「色」を生むのです。

「80年以上の歴史」と「抜群の技術力」を誇る、隠れた色彩専門メーカーがある!

PHOTO

2014年に本社・東京支店のオフィスを東京・神田錦町に移転しました。界隈は、少し歩けばカレーを始めとして色々な店が揃い、ランチを迷ってしまう社員も多いです。

私ども日本ピグメントは“色”の専門メーカーとして、主にプラスチックの着色分野で強みを発揮しています。「マスターバッチ」をはじめとするプラスチック用の各種着色剤や、プラスチックを高機能化させた「コンパウンド」などが代表的な製品。

といってもなかなかイメージしにくいでしょうが、これらは自動車や情報家電、OA機器、化粧品のボトルなどに用いられるプラスチックを美しい色に彩ったりするために用いられており、意外にも私たちの生活の身近なところに深くかかわっているのです。

そんな当社が立ち上げられたのは今から80年以上前の大正14(1925)年のこと。当時は三輪商店として輸入顔料販売の商社として活動していましたが、顔料の国産化に挑もうと昭和8(1933)年からはメーカーとして歩んできました。戦後に日本ピグメントとして生まれ変わると、次第に事業領域を広げていき、前述のマスターバッチやコンパウンドといった分野に進出しました。今ではプラスチック着色業界の中ではトップクラスの地位にまで登りつめたと自負しています。

当社ではむやみに外部機関の協力をあおがず、社内もしくはグループ内による“内製”を基本としてモノ作りに勤しんできました。だからこそ技術がどんどん深化していき、各社員が業界をリードするまでの技術力を身につけていくことができたのです。技術をしっかりと伝承する体制も整っています。

最近は、キャリアアップの場は会社が与えてくれるものだという傾向があるようです。そうした受け身の姿勢を打破して、自ら能動的にキャリアを作っていける人材に、未来の日本ピグメントを任せたいと私たちは考えています。

歴史のある当社ではありますが人数も少ないですし、若い力の声も柔軟に捉えながら組織を変革させています。まさに「少数精鋭技術者集団」。

会社を時代に合った形に進化させて、さらなる発展の土台を作ってほしいと願っています。

<日本ピグメント 人事担当>

会社データ

プロフィール

日常生活のあらゆる場面で、“豊かな色彩とゆとり”を提供するのが、日本ピグメントの仕事です。

例えば、プラスチック原料そのものは透明あるいは半透明ですが、皆さんの周りにあるプラスチック製品を見て下さい。

電化製品(テレビ、FAX、エアコン、掃除機…)、OA機器(パソコンモニター、キーボード、マウス…)、自動車の内装材(インパネ、コンソールボックス…)、携帯電話や食卓上の容器など色が着いている物ばかりです。

私たちのカラー化技術は、それらの製品にとって機能、デザインとともに重要な役割を担っております。

仕事の一つひとつが、あなたに非常に密着した物として、形として現れてきますので、こんな面白い仕事は他に無いと思います。

創業以来、さまざまな事にチャレンジし、現在ではプラスチックの着色や高機能化(コンパウンド)において、国内(子会社を含む)6生産拠点、海外5カ国・6生産拠点を持つ、プラスチックの着色業界では首位のメーカーに成長しました。今後も必要に応じて海外展開を進めていき、さらなる成長をし続けていきます。

また、当社は「地球環境の保全は、人類の幸福のための要件である」を環境の基本理念に、環境関係の国際標準基準(環境マネージメントシステム)であるISO14001を2005年に取得するなど、社会の一員として全社一丸となって環境保全に取り組んでおります。

事業内容
●プラスチックのカラーコンパウンドの製造販売
※透明なあるいは半透明なプラスチックの原料に色を着けたり、ガラス繊維や難燃剤など特殊な素材を混ぜ合わせてプラスチックの性能を向上させることです。
●ピグメントカラー(印刷インキ、塗料、合成樹脂、ゴム、繊維等の着色剤)の製造販売
●工業薬品、合成樹脂加工機械などの輸入および販売
本社郵便番号 101-0054
本社所在地 東京都千代田区神田錦町3-20
錦町トラッドスクエア8階
本社電話番号 03-6362-8801
設立 1949(昭和24)年7月11日
資本金 14億8,115万円
従業員 233名(2020年3月:単体)
924名(2020年3月:連結)
売上高 252億円(2020年3月実績:単体)
384億円(2020年3月実績:連結)
事業所 本 社/東京
支 店/大阪、名古屋
工 場/埼玉、大阪
役員 取締役社長 加藤 龍巳
関連会社 東京ピグメント(株)、名古屋ピグメント(株)、大阪ピグメント(株)、Nippon Pigment(S)Pte.Ltd.(シンガポール)、Nippon Pigment(M)Sdn.Bhd.(マレーシア)、P.T. Nippisun Indonesia(インドネシア)、天津碧美特工程塑料有限公司(中国)、NPK Co.,Ltd.(韓国) 他
主な取引先 旭化成ケミカルズ(株)
伊藤忠プラスチックス(株)
(株)カネカ
(株)クラレ
(株)クレハ
サンスター技研(株)
(株)資生堂
積水化学工業(株)
双日プラネット(株)
ソニー(株)
(株)デンソー
トヨタ自動車(株)
東レ(株)
東洋紡(株)
凸版印刷(株)
長瀬産業(株)
日立アプライアンス(株)
本田技研工業(株)
パナソニック(株)
三菱レイヨン(株)
ユニチカ(株)
横浜ゴム(株)、他
 (アイウエオ順)
平均年齢 40.9歳(2020年3月:単体)
平均勤続年数 15.3
平均年間給与 588万円(2020年3月:単体)
日本ピグメントとは 日本ピグメントは古くからグローバルな展開に力を注いできました。
実際、初めて海外(シンガポール)に工場を構えたのは1979年(昭和54年)のこと。

以後、アジアに進出するクライアントの要望に応えるべく、マレーシアやインドネシアなどに進出していき、最近は中国の天津に工場を設置しています。今後はここを拠点にさらにグローバルな市場での活躍を遂げていく考えです。

世界に向けて活躍する人材を育成すべく、教育研修体制もしっかりと整備してきました。例えば、新人研修で言えば、営業と技術は入社後3カ月間、工場の生産ラインに入ってモノ作りを体験していただきます。
これにはモノ作りの基本を学ぶという意味はもちろん、実はそれ以上に、人間関係の構築というかけがえのない体験をしていただく意味があるのです。
特に営業部門は、工場との連携で仕事を進めていくことになります。そのため、新人の時点で工場のメンバーと堅固な人間関係を結んでいくことは、後の仕事を円滑に進めていくことに繋がるのです。

研修終了後も先輩の指導のもと、仕事に取り組みながら自らを鍛え上げていくことができます。日本ピグメントの事業領域はわかりにくい世界だと思われがちですが、自ら学ぼうという姿勢さえあれば、この道のプロに成長できる環境を用意しています。
沿革
  • 1925年
    • 輸入顔料工業薬品の販売を目的として三輪商店を設立
  • 1933年
    • 顔料国産化の目的をもって東京都板橋区に東京工場を設置
  • 1949年
    • 日本ピグメント(株)に改組
  • 1961年
    • 東京証券取引所市場第2部に上場
  • 1962年
    • 大阪府柏原市に大阪工場を設置
  • 1979年
    • シンガポールにNippon Pigment(S) Pte.Ltd.を設立
  • 1987年
    • マレーシアにNippon Pigment(M) Sdn.Bhd.を設立
  • 1988年
    • 韓国にNippi Korea Co.,Ltd.を設立(現 NPK Co.,Ltd.)
  • 1993年
    • インドネシアにP.T.Nippisun Indonesiaを設立
  • 1995年
    • 埼玉県大里郡川本町に東京工場を移転し、埼玉川本工場に改称
  • 2006年
    • 中国(天津)に天津碧美特工程塑料有限公司を設立
  • 2014年
    • 東京都千代田区神田錦町に本店及び東京支店を移転
  • 2018年
    • 埼玉県児玉郡に埼玉児玉工場竣工

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.3年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 0名 1名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 11.1%
      (9名中1名)
    • 2020年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-20
錦町トラッドスクエア8階
採用担当/市川・岸野
TEL:03-6362-8801
FAX:03-6362-8808
URL https://www.pigment.co.jp/
E-mail info@pigment.co.jp
交通機関 地下鉄「神保町」から徒歩3分
地下鉄「竹橋」から徒歩4分
地下鉄「小川町」から徒歩6分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp57512/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本ピグメント(株) 【東証二部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
日本ピグメント(株) 【東証二部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ