最終更新日:2021/7/30

エムケー精工(株)【東証JASDAQ上場】

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 機械
  • 家電・AV機器
  • 機械設計

基本情報

本社
長野県
PHOTO

自分が描いたものを実際に動かせるモノづくりの魅力

A・M
長岡技術科学大学大学院
工学研究科 機械創造工学課程
モビリティ&サービス開発部
門型洗車機の開発

現在の仕事内容

オート開発部で門型洗車機の開発を行っています。門型洗車機の開発業務の特徴は仕事の幅が広いことです。3D CADを使って設計したり、ガソリンスタンドに伺って市場調査をしたり、試作や試験、製品の組立指導なども行います。
門型洗車機は、5~7人でパートごとに分担して、1年から2年かけて開発を行っています。まだ入社3年目なので洗車機の全てを把握することはできていませんが、上司や先輩に優しく指導してもらえるので、とても仕事がしやすいです。


この会社に決めた理由

車や電車が好きで、大きくて動く、メカニックなものを作るエンジニアになりたい!と幼いころから夢見ていました。学生のころは、ソーラーカーを作る部活に所属し、手作りの車でレースに出ていましたが、それは自分や友達の中で楽しむだけでした。現在は自分が開発したものをお客様に使っていただくということを常に自覚し、責任を持って開発に取り組んでいます。


今後の目標

大学時代に機械工学を学んできたため、ある程度設計に関する知識はあると思っていました。しかし、実際のモノづくりを経験する中で、機械設計であっても電気回路やソフトウェアなど幅広い知識がないと全体の設計ができないことを知りました。たくさんの知識を持ち、他部門と連携して仕事を進める先輩社員のような技術者を目指すため、学生時代以上に学ぶ姿勢を大切にしていきたいと思っています。


休日の過ごし方

冬はスキーに行くことが多いです。私の勤務する信濃町工場から、車で10分ほどのところにゲレンデがあるので、仕事終わりに先輩社員や同期とナイターに行くこともよくあります。


メッセージ

就職活動では会社見学で感じたことを大切にしていました。職場や工場の様子から会社のことがよくわかると思っていたからです。工場では製品になる前の状態がわかるため、その会社が開発しているモノについて深く知ることができました。会社見学はとても楽しかったのですが、面接は大変緊張しました。自分の想いを伝えきれず悔しい思いもしました。しかし、当社の面接の時は、やりたいことが明確だったからか、すらすらと言葉が出てきたことを覚えています。


トップへ