最終更新日:2021/7/30

エムケー精工(株)【東証JASDAQ上場】

  • 正社員
  • 上場企業

業種

  • 機械
  • 家電・AV機器
  • 機械設計

基本情報

本社
長野県
PHOTO

ワクワクしながら成長したい

S・I
長野工業高等専門学校
機械工学科
ライフ&サポート開発部
収納用品の開発

現在の仕事内容

主に収納用品の開発・設計をしています。私の仕事は製品の設計だけではなく、市場調査・モデル作成・試作・図面作成・試験など、幅広い業務を行っています。その中でも特に好きな仕事は、図面の作成。学生時代、「図面はコミュニケーションツール」と話していた先生の言葉が今でも心に残っています。図面の目的は、何をどういう形にしてもらいたいかを伝えること。読み手に「作りたいもの」を伝えるコミュニケーションツールです。図面作成には線の種類など、細かいルールがあります。


この会社に決めた理由

学校では機械工学を専攻していたこともあり、製品を設計する仕事に就きたいと考えていました。なかでも、「私がこれを作っているんだ!」とカタチに残るモノを作りたいと思い、完成品メーカーを中心に就職活動をしていました。エムケー精工は身近な製品を幅広く作っており、お店に並ぶ製品に携われるというところに魅力を感じました。何か一つの製品を担当するのではなく、様々な製品に関われるワクワク感をエムケー精工でなら味わえると思い、入社を決めました。


今後の目標

どのように図面を作成するかについては自分なりに工夫することができます。一見、誰が作成しても同じになりそうな図面でも、書いた人の性格や経験が反映されます。私も“伝わる”図面を書こうと意識していますが、先輩の図面を見たり、指摘を受けたりするとまだまだ勉強が必要だと感じます。今後の目標は、自分の担当製品を持つこと。一つひとつ学びながらレベルアップしていきたいです。


メッセージ

エムケー精工に入社してみてわかったのは、就職してからでも学ぶことはできるということ。私は機械工学専攻で、電気系の知識は全くありませんでした。家電製品も作っているのに大丈夫かな……と不安になる気持ちも。しかし、不安があっても、興味があれば飛び込んでみてください。また、学生の時は「働く」ことに対する不安もあり、就職活動もポジティブに考えられませんでした。働くということはもちろん大変なこともありますが、その分、楽しいこともあります。ぜひ、前向きに就職活動に取り組んでください。


トップへ