最終更新日:2021/10/4

日本通信紙(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 印刷・印刷関連
  • 各種ビジネスサービス・BPO

基本情報

本社
東京都
PHOTO

検定試験や資格試験に関わる仕事に携わっています!

T.T
2017年
27歳
日本大学
試験営業部 第二課
資格・検定試験を主催するお客様のサポート

日通紙を選んだ理由

ものづくりをしている大きな会社で働きたいと思い、幅広く会社を探していていたところ、弊社を見つけました。弊社の業種は印刷会社ですが、ただ物を印刷して終わりではありません。お客様からいただくデータを活用して、請求書や通知書といった郵送物を届けたり、収集したデータを加工して分析資料を作成したりと、印刷の域を超えて多種多様な「BPOサービス」を展開しています。注文されたものをそのまま作って終わり、ではなく、一工夫を加えて商品やサービスを完成させる働き方に魅力を感じ、入社を決めました。


今の仕事内容

検定や認定試験を主催するお客様とやり取りをする、専門部署の営業を担当しております。具体例を挙げると、高校生が受ける検定試験や、ある業界で働かれている方向けのキャリアアップのための認定試験などがあります。試験実施の際、受験生に届けられる願書、受験票、合格証書の作成はもちろん、試験問題のような重要物の印刷、出願の受付対応、解答用紙の採点など、試験に関わる全ての業務をサポートしております。
昨今の試験の実施方法は私の学生時代から大きく変わっており、全国一斉実施のものから、インターネットを使った「CBT試験」など、さまざまです。自分の仕事はお客様の立場に立ち、試験を開催するにあたってどのような課題があるかを聞き出し、より効率的に試験を行える方法を日々提案しております。


就活生へ

自分は就活当時、親しい人と話すときは上手く会話ができるのに、企業の面接担当者と話す際は、なかなかうまく話せませんでした。緊張するのは仕方がありません。今からでも遅くはないので、就活でも今後の人生のことでもいいので、大学の先生や両親など、年上の方と“真面目な”会話をしてみてください。面接で何を話すかを考えるのも大事ですが、考えたことをイメージした通り話せられるかが重要だと思います。いろんな人とコミュニケーションを取って、自分の意志を相手に伝えられる訓練をしておくと、本番では物怖じせず堂々と話せるようになると思います。


トップへ