最終更新日:2021/10/9

(株)スギ薬局【スギ薬局グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

ドラッグストアのイメージが変わった!!

中村 友洋
2017年
摂南大学
薬学部
店舗薬剤師
店舗薬剤師

現在の仕事内容

大阪の堺市にある堺美原店で在宅医療に力を入れて働いています。主な業務としては、クリーンルーム(無菌調剤室)を備えた店舗なので輸液の混注など在宅をメインに働いています。
門前ではなく面で処方せんを受け付けており、外来の処方せん枚数は1500枚/月程度です。
業務の流れとしては、月・水・金が輸液の混注及び一包化、カレンダーセットなど在宅の準備をします。火・木・土に薬剤師2~3人で配達・服薬指導をしています。(1回の配達で患者さん一人に対して約2週間分の薬を配達)配達が終わると在宅に関わる報告書を書いて、医師・訪問看護師・ケアマネージャに送ります。
もちろん、在宅とバランスを取りながら外来の処方せんも調剤しています。


今の仕事のやりがい

想像していた薬剤師業務が出来ていて満足しています。ドラッグストアは学生時代に待遇がよくないとか、したいことができないなど先輩から聞いていました。実際は全くそんなことはなく、薬剤師一人一人の話を上司が聞き取りしてくれ、希望に添えるように最大限の配慮をしてくれます。また、大手だからこそ研修やバックアップ体制もしっかりしていて不安なく仕事することもできます。クリーンルームの保持数はドラッグストア・調剤薬局の業界で一番多く、病院でしか学ぶことのできなかった輸液の専門知識や終末期医療に関わることができます。


この会社に決めた理由

私が入社を決めた理由は、在宅医療に力を入れており、薬剤師の専門性を尊重してくれる会社だからです。
私は、新卒ではなく中途でスギ薬局に入社しました。新卒の時は大阪府の薬務課で化粧品の広告監視業務をしていました。楽しく働いていたのですが、働いていくうちに薬の知識が抜けていくことを感じました。大学6年という長い時間と高い学費をかけて学んだ知識を失ってしまっていいのかと思い転職しました。
転職先として求めていたことは、薬の知識・給与・将来性でした。
数ある企業を比較したところ、薬の知識として在宅医療・研修・OTC。給与も十分に稼げる。
成長率も高く将来性もある。全てを満たしていたのがスギ薬局で、入社を決めました。


当面の目標

これからの直近の目標としては、より在宅医療を学び、NST専門療法士の資格を取って、患者さまの栄養指導に対しても貢献したいと考えています。そして、いずれ部下に指導する立場になったときに、恥ずかしくなく尊敬される上司になることが目標です。


トップへ