最終更新日:2021/10/9

(株)スギ薬局【スギ薬局グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

調剤薬局から転職した経験を生かしてスギ薬局で輝きたい!

堀田 優
2019年
名城大学
薬学部
店舗薬剤師

現在の仕事内容

基本的には店舗業務で、処方箋を持ってきてくれる患者様にお薬のお渡しをしています。私のお店は大きいのでお客様も多く、OTCの接客もあります。他にも施設在宅を担当しているので、往診同行といって医師と患者様の診察に同行して、お薬の管理をしています。そこで出た薬を正しく服用できるように一包化からカレンダーセットまでして配達に行き、施設の人にお薬の説明をしています。他にも、リクルーターとして採用活動にも携わっています。


今の仕事のやりがい

スギ薬局では、病院に行かず、まずスギ薬局に相談しに来てくれる人もいます。医師を通さず患者さんの症状を聞き、OTCの接客をします。症状をしっかり聞き、適切な薬や薬と薬の違いを丁寧に説明して納得して購入していただくと、とても感謝してくれます。スギ薬局は面薬局なので、近所に住んでいる方がお客様です。またお店に来店された時に、販売した薬が効いたとご報告をして下さるお客様もいます。その時は、スギ薬局の薬剤師として働いていてよかったなと思いました。OTCの接客対応が多く薬剤師に相談してくれる患者様が多いのでとても薬剤師が必要とされていると感じています。薬剤師の仕事だけではなく、リクルーターとして薬学生の就職活動のお手伝いができるのもとてもやりがいがあります。私は調剤薬局でも働いて、転職経験もしているので、その経験を今の学生さんに伝えて少しでも就職活動の役に立てればなと思ってリクルーターをしています。現場で薬剤師として働くだけでなく、様々な仕事に携われるのはとてもやりがいがあります。


この会社に決めた理由

私は元々、調剤薬局で3年間勤務して、スギ薬局に転職してきました。調剤薬局では国の報酬改定で利益が減り、会社からノルマなどの圧力が強くなり働きづらくなっていきました。残り30年以上働けるのか不安になりました。そこで、これから薬剤師として残っていけるのはドラッグストアだと思い、ドラッグストアで働くことを決めました。新卒のときは調剤とOTCの両方をやる自信がなかったため調剤を選びましたが、元々OTCにも興味がありました。病気になる前の人に対して医師を通さずOTCを選択できるのは薬剤師としての能力が発揮できる場所なのではないかと思い、やりがいがあるなと思ったからです。最後の決め手は、スギ薬局には学生のときの友人も働いていて、友人は店舗の薬剤師業務以外にもリクルーターの仕事をしていて輝いて見えました。様々な仕事に携われるスギ薬局に魅力を感じました。さらに、スギ薬局は女性のライフスタイルの変化に対しても柔軟に対応できる制度があるので、長くこの会社で働くことができると思い、スギ薬局に決めました。


当面の目標

スギ薬局はドミナント展開で店舗も多く、同じエリアで働いている薬剤師も多いです。
まだ先輩薬剤師から教えてもらうことも多いですが、これからはこれからできる後輩の教育にも携わりたいです。また、スギ薬局は様々な部署で活躍している薬剤師が多いので、私も先輩薬剤師みたいに本部での仕事も経験してみたいです。例えば、今、施設在宅の担当をしているので、在宅を専門に扱っている部署で専門性も高めたいです。他にも、経営企画や店舗誘致などにも興味があるので、様々な部署で経験を積んでみたいです。そして、将来的には、その経験を生かしてエリアをまとめるエリアマネージャーになりたいです。エリアの薬剤師の質を高めて地域医療に貢献していきたいです。


トップへ