最終更新日:2021/10/9

(株)スギ薬局【スギ薬局グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

北陸の地の新規開拓!

富田 海斗
2018年
富山大学
薬学部
店舗薬剤師

現在の仕事内容

基本としては調剤とOTC接客を並行して仕事しています。今年の1月から自ら異動を申し出て、愛知県から石川県の金沢市に引っ越しをして新店の管理薬剤師をやっています。石川県で5店舗目の開局でまだまだ知名度がない中、処方箋獲得のため、医療機関に挨拶に行ったりと普段の業務では経験できないことがたくさんあり、日々挑戦しながらすごく楽しく働いています。当時2年目で新店の管理薬剤師をやっている人はほとんどいない中、上司と話し合い、しっかりと若手の意見をくみ取ってくれ、やりたいことを実現できている良い会社だと改めて感じた異動でもありました。営業職にも興味があったため、医師との話し合いは緊張もありますが、自分の成長を感じる場でもあります。施設在宅の往診同行が活きた!やってて良かった!と感じます。また、リクルーターとして、会社説明会や合同説明会などで色々な学生さんの就職のサポートをしています。リクルーターは自らの経験にもなって、それも楽しみの一つとして働いています。ドラックストアでこんなにも色々な業務ができ、変化のある楽しい会社です。


今の仕事のやりがい

調剤もOTCも違ったやりがいがあり、医療に特化したドラッグストアのスギ薬局だからこそのやりがいを感じてます。調剤もドラッグストアではあんまりできないだろう、と少し思っていたこともありますが、そんなこともなく地域密着型のかかりつけ薬局になっており、どの病院行ってもスギ薬局に処方箋をお持ちになる患者さんがたくさんいてくださり、飲み合わせなどの確認はすごく安心しておこなえています。またOTC接客でも処方の薬で何を飲まれているか記録がすぐわかるため、併設型ドラッグストアの強みを感じます。もしどっちかしかない所で働いていたら、不安の中で接客しているだろうなと思ってしまいます。また、リクルーターや営業で外部の人と関わることで調剤室に籠って内向的働く薬剤師でなく、外向的に働く薬剤師でいるのはスギ薬局の一員だからこそできていることと日々やりがいを感じて楽しく働けています。


この会社に決めた理由

私は愛知県出身で子供の頃から身近にはスギ薬局がありました。私が薬剤師を目指したキッカケが小学生の頃にTVで観たスギ薬局の薬剤師の特集でした。卒業アルバムも周りが野球選手、サッカー選手と書いている中、一人だけ薬剤師と書いていました。なので就活の時はスギ薬局の話を最初に聞きにいき、その後、他の会社をスギ薬局と比較してみていました。見ずに判断はしたくなかったため、大手の薬局ドラッグは全て説明会に参加しました。その中でもスギ薬局がいいと思った点は大きく2点あります。1つ目はキャリアの幅が広いことです。日々変化があり楽しく働けると思ったからです。今も調剤、営業、リクルーターの仕事をやらせてもらっています。会社内のイベント係もやっており、約80人規模の運動会なども開催しました。若手からやりたい仕事を任せてもらっています。2つ目は福利厚生です。一番のキッカケになったのが、冬の就活の多忙期に人事部の男性が育休をとったことです。制度はあっても取れないといわれてることが多いこのご時世で、誰でもしっかりとれると確信できました。その2点でこの会社で決めました。


当面の目標

北陸のスギ薬局の薬剤師といえば冨田さん!と言われるようになります!


トップへ