最終更新日:2021/10/9

(株)スギ薬局【スギ薬局グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

社会人になった9ヶ月間を振り返って

斎藤 大誠
2019年
金沢大学
薬学部
店舗薬剤師

現在の仕事内容

神奈川県内でも地域の中心となる店舗で勤務しています。処方箋が平日1日平均120枚程度あり、個人在宅の患者様を100人以上担当している店舗です。仕事内容は外来処方、在宅業務、OTCと大きく3つに分けられます。外来は小児の粉薬などの処方から高齢の方の定期のハイリスク薬まで幅広い処方箋が来ます。在宅業務は患者様のご希望に合わせて適切な一包化、カレンダーの種類などを選んで調剤し、患者様の元にお届けしています。お届けする際には体調変化、副作用の有無、残薬、生活環境等を見て服薬指導または日用品の販売も同時に行っています。OTC接客は店舗が住宅街の中にあるため1日合計10件以上は対応しています。患者様の意見から新たな発見も多く対応する度勉強の機会になっています。また、私はリクルーターとして学生の採用活動という薬剤師以外の仕事にも携わっています。営業利益率や売上比率など自社他社を客観的な立場から分析し、学生に分かりやすく魅力的に伝えられるようにしています。加えて自分が体験してきた研修、交流関係等も経験談を交えて伝えています。若手から貴重な経験ができる環境だと感じています。


今の仕事のやりがい

まず、薬剤師として働いていて自分には圧倒的に疾患と薬の知識がないことに気づかされます。患者様に質問された際にすぐに正しい返答ができないときには自分の不甲斐なさを感じます。医療系の仕事は自分の経験や日々の積み重ねの勉強が直接患者様のために役立つので勉強しようというやる気を大幅にあげてくれます。勉強は日々の積み重ねで少しずつしか進みませんがその患者様の期待に応えようという気持ちが大きなやりがいであると感じています。
また、リクルーターの仕事としては、私は元々自分の所属している会社、分野の立ち位置について深く知りたいという欲求もありリクルーターという仕事に応募しました。売上など数字で客観的に自分の立ち位置を知り、他社比較ができるため非常にやりがいを感じています。同時にその知ったことを学生に分かりやすく魅力的に伝えることの難しさも実感しています。どういう言い回しなら正しく情報が伝わりやすいか、仕事が楽しそうに感じるかというコミュニケーション方法の正解も模索しており、やりがいを感じられる仕事です。


この会社に決めた理由

私がスギ薬局に入社を決めた理由は大きく2つあります。
1つ目は業務の幅の広さです。私は新しいことが好きなため、薬剤師以外の様々な仕事も経験したいと考えて就活をしていました。具体的にこの仕事を希望してやりたいというものがあったわけではないですが、就職してからも様々な環境に身をおける会社だと知り、決めての1つとしていました。
2つ目の理由としては先輩社員の人柄です。私としては仕事を選ぶ基準の中で社風などは特に気にせず就活していましたが、いくつかの会社を見ていく中で自分に合いそうな雰囲気があることに気づきました。その中でもスギ薬局は他社に比べて和気あいあいとしていて誠実そうであり、働きやすい環境だと感じました。


当面の目標

これからの目標としては、まず薬剤師として疾患、薬の勉強を積み重ねたいと思っています。基本的には本やWeb研修から知識を増やし、投薬で実践して自分のものにしていきたいと感じています。疾患についても幅広く触れられていければと考えています。また、薬剤師以外としてリクルーター以外の職種にも挑戦したいです。お金に関わる経理や未来を担う店舗開発などに最近興味があり、手をあげてチャンスをものにしたいです。そこで新たに仕事を知り、今まで経験したことを還元することで、よりよい環境にしていきたいと考えています。


トップへ