最終更新日:2021/10/9

(株)スギ薬局【スギ薬局グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

薬・健康に強い会社だからこそ薬剤師の輝ける場面が豊富!

亀井 美香子
2019年
東邦大学
薬学部
店舗薬剤師

現在の仕事内容

入社して1年経ち、調剤業務も一通りできるようになりました。最近では個人在宅も担当させて頂き、患者様と深い関わりが出来て、やりがいもより感じられるようになりました。普段私は調剤室で働いていて調剤をしながら、時折地域の方々の健康相談に乗っています。私は人と話すことが大好きなのでOTCの前で悩んでいる方を見かけたら自ら「何かお悩みですか?」と声をおかけする事が多いです。1日で約10人ほど健康相談に乗ります。相談内容は実はOTCに関するものだけではありません。「一番保湿してくれるボディソープはどれ?」や「おすすめの食用油ある?」など内容は様々で、あらゆる場面で地域の方々から頼ってもらってます。スギ薬局には管理栄養士さんやビューティーアドバイザーさんもいるので+αの食事のアドバイスや美容のアドバイスがしたいときにはそれぞれの力も借りて、多職種連携も行っています。


今の仕事のやりがい

患者様やお客様に薬剤師が求められる機会が多い事にやりがいを感じています。それは調剤だけではなく同時にOTCや健康の相談にも乗れる働き方が出来るスギ薬局だからこそ感じられるやりがいです。調剤とOTCを同時に学ぶことで、思った以上に調剤の知識がOTCにも活かせたり、OTCの知識があったからこそより濃い服薬指導が出来たりします。私が入社して半年過ぎたころ、いつも処方箋を持って来られる方が「今日は処方箋じゃなくて、私にピッタリの風邪薬を選んでほしい。」と相談しに来てくれました。薬歴を見るとその方は喘息の既往がありました。調剤では、もし喘息の発作による咳に「コデイン」が処方されていたら禁忌になるため疑義照会が必要になります。しかしOTCの総合風邪薬の中には「コデイン」という成分が入ってるものが多いので、それらは避けないといけません。最終的には、コデインが含まれていない「エスタック総合感冒」というOTCを勧めました。数多くのOTCから「あなたにぴったりの薬はこれです!」と言えるようになったことや、自分の知識がお客様・患者様のためになり、「ありがとう」と言って頂ける事が最大のやりがいです。


この会社に決めた理由

私は地域の方々の健康な生活も、疾患を抱える患者様方の治療にもどちらにも関わってサポートしたいと思いドラックストアで働くことを決めました。ドラックストアの中でもスギ薬局が一番薬や健康に力を入れている会社だったのでスギ薬局を選びました。学生の時は就活をして初めてスギ薬局という会社があることを知り、お店にも行ったことがなかったので中部店舗見学を通してスギ薬局を知ろうとしました。そこでウェルネス強化型店舗を見学してお店に入ってすぐに薬剤師・OTC・健康食品や運動用品が目に入ってくるという、まさに「健康」を売りにしてる店舗を見て、今まで利用していたドラックストアとは全く違う店舗の構造に衝撃をうけて、これほど薬や健康に自信のある会社で働けたらいいなと思ったことがスギ薬局を志望するきっかけになりました。スギ薬局はドラックストアの中でも調剤併設率は1位なので、地域の方々にとって「スギ薬局なら薬剤師がいるから相談しに行こう」と頼ってくださる環境が整ってるのもスギ薬局ならではです。


当面の目標

後輩を教育する立場になることを意識して日々業務に抜かりが無いようにしたいです。その上でより専門的な知識も付けたいので自己啓発にも力を入れようと思っています。私は元々、婦人科系の疾患に詳しくなりたいという学生のころからの目標がありました。ちょうど先日「女性の健康マイスター」になるための研修がスギ薬局で受けられるという事で、いい機会だと思い参加しました。まずはそこで学んだ知識を活かして今まで以上に女性の方の相談に乗りたいと思います。今後は「婦人科の疾患なら任せて!」と言えるくらい知識を沢山つけていきます。また、10年後までの目標として、管理薬剤師や、新入社員の教育をするトレーナー、現役薬剤師の前で先生となって講義をするインストラクターなどを経験してから、エリアマネージャーになりたいと思っています。スギ薬局はキャリアの幅が広いので、何十年もやりたいことに挑戦できる会社なので、これからが楽しみです。


トップへ