最終更新日:2021/10/9

(株)スギ薬局【スギ薬局グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局

基本情報

本社
愛知県
PHOTO

就職活動に悩んでいる皆さん!幅広い働き方をしてみませんか!

野口 恵汰
2019年
帝京平成大学
薬学部
店舗薬剤師

現在の仕事内容

仕事内容としては、店舗での調剤やOTC薬の接客に加えて、在宅で個人宅へのお薬のお届けや服薬指導、カレンダーセット、残薬チェック、処方提案等を行なっています。また、クリーンルームがある店舗に配属しているため、TPN(中心静脈栄養)や麻薬の混注なども行い、時には在宅の新規契約や退院時カンファレンス、麻薬のCADD交換の立ち会いなど、1年目から色々な仕事を経験させて頂いて、日々楽しく仕事をしています。また、月に2・3回はリクルーターとして働いています。リクルーターの仕事内容としては、インターンシップや合同説明会、大学訪問など色々なイベントに参加して、学生さんの就職活動や国家試験などの悩みや不安に対してアドバイスをしたり、サポートをすることです。どんな些細なことであっても、真剣に、なおかつ学生さんにとってプラスになるように相談に乗らせて頂いてます。


今の仕事のやりがい

スギ薬局は門前薬局とは異なり、面薬局がほとんどであるため、様々な処方に触れることができます。そして、地域密着であるため、一人ひとりの患者様に時間をかけて向き合うことができ、非常にやりがいのある働き方ができます。また、在宅医療に対しては、保険点数化される前から積極的に取り組んでおり、調剤やOTC薬の接客だけでなく、在宅医療にも深く関わることができます。先日、在宅で患者様のヒアリングを行っている時に、主治医には伝えていない症状を自分にだけ訴えてくれた時がありました。その旨を報告書に書いて主治医にFAXしたところ、次の往診時の処方にその症状に対する薬剤が追加で処方されていました。自分が書いた報告書によって処方内容に変化があったことは非常に嬉しく、やりがいを感じました。


この会社に決めた理由

私がスギ薬局に入社を決めた理由は、スギ薬局では調剤とOTC薬のどちらも学ぶことができ、なおかつ、在宅医療にも力を入れている点に魅力を感じたからです。スギ薬局の店舗はほとんどが調剤併設型ドラッグストアであり、調剤とOTC薬を同時に学べると共に、管理栄養士などの多職種と連携して、地域の方々の健康を支えることができる点に特に魅力を感じました。スギ薬局のインターンシップの一つである店舗見学会では、実際に薬剤師と管理栄養士がどのようにお客様や患者様に対してサポートを行なっているのかを見学させて頂き、お客様や患者様がいつでも気軽に健康相談ができるような店づくりを私自身もやってみたいと思いました。在宅医療では、他職種との連携を実現しており、医師や訪問看護師に同行し、薬剤師が薬学視点で能力を発揮することでチーム医療に貢献できると感じました。


当面の目標

往診同行で医師からの医薬品に関する質問に滞りなくお答えできるように日々勉強に励んでいこうと考えいます。そのためにも、先輩から医師からの質問でよく聞かれることや、往診に行く前にやっておくべきこと等を事前に確認しておき、準備万端の状態で往診同行したいと考えています。また、新入社員の教育係であるトレーナーにもチャレンジしたいです。トレーナーとして責任を持って新入社員が薬剤師として独り立ちできるようにサポートしたいです。また、リクルーターとして、学生さんにとって、身近で気軽に頼れる存在になるため、どんなに仕事が忙しくてもリクルーターとしての自覚を持ち、学生さんが前向きな気持ちで就職活動ができるようにサポートしていきたいと思います。


トップへ