最終更新日:2021/7/19

水島信用金庫

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
岡山県
出資金
2億600万円(2020年3月末現在)
役職員数
213名(2020年3月末)
預金高
2,338億円(2020年3月末)
募集人数
6~10名

地域の人々に親しまれ、信頼される金融機関「みずしん」

採用担当者からの伝言板 (2021/07/19更新)

PHOTO

こんにちは!水島信用金庫 採用担当の小野です。
当金庫のページにアクセスしていただきまして、ありがとうございます。

水島信用金庫の2022年4月入庫者向けのエントリー受付は終了しました。
多くの方にエントリーいただき、ありがとうございました!

会社紹介記事

PHOTO
「仕事をしていると、実に様々な業界の方々とお会いします。就活でいろいろな業界を見ることが、きっと将来に役立つはずです」と、小野さん。
PHOTO
明るい笑顔と元気な姿でお客様と接するのが「みずしん」のモットー。フットワークと人柄の良さで地元のファンを増やします。

こんなときだからこそ、お客様に寄り添い、力になりたい。

PHOTO

「やりたいことがある時は、決してあきらめないこと。やりたいことが見つからない時は、見つかるまで積極的に動きましょう」と、樺山さん。

渉外係として外回りの仕事が始まってすぐ、新型コロナウイルスの第一波と重なり、お客様への訪問を控えた時期がありました。毎日、当たり前のように会っていたお客様と会えず、人と会えることの喜びや楽しさ、地域を支える“みずしん“の役割や必要性を身にしみて感じました。
仕事での喜びは、お客様からの感謝の言葉です。先日、お客様から相続への疑問と不安の声を受けました。実際、相続はいざ発生しないと分からないことが多く、葬儀代や借入金の支払いなどで、まとまったお金が急に必要になりますし、預金もすぐに引き出すことはできません。そこで、相続への準備として保険商品を提案し、その際に、「ぜひこの機会に、娘さまと将来のことを話し合ってみてはいかがですか」と助言しました。後日、「娘に話をしたら安心してくれたわ。本当に良いアドバイスをありがとう。」と感謝の言葉を頂き、契約に至った時は、本当に嬉しかったです。
9月からは、法人のお客様の担当を任されたので、お客様の不安や課題に向き合いながら、力になれるように自分自身も成長したいと思います。
(小野 翔真/広江支店 渉外係/2019年入庫)

“みずしん”と出会ったのは合同企業説明会です。仕事について楽しそうに話す先輩の姿が輝いていて、私も一緒に働きたいと思い、志望しました。部署を異動しても家から通える点も魅力でした。
入社2年目、預金係を経験した後、11月から融資係を担当しています。初めて経験することばかりで、先輩や上司に助けて頂く毎日ですが、一人でできるようになった時は嬉しいですし、仕事の励みにもなっています。また、優しく見守って下さる先輩や上司がいるので心強いです。
現在、CIS(顧客感動満足度)研修に参加し、ロールプレイングを通じて提案力を学んでいます。研修は自由参加でしたが、人見知りで自発的な行動が苦手な性格を克服して、提案力や交渉力を身につけたいと思い、研修に参加しました。研修は感動を与えられる接客対応をテーマに行っているので、決して楽なものではありません。講師の熱心な指導や難しい課題もありますが、研修の度に成長を感じられるので、一生懸命取り組んでいます。
新型コロナウイルスの影響で、不安を感じているお客様もいらっしゃると思うので、研修で学んだことを活かして、お客様に寄り添い信頼される職員になりたいです。
(樺山 美穂/笹沖支店 融資係/2019年入庫)

会社データ

プロフィール

創業以来、地域の金融機関として地域社会の活性化、生活向上のお手伝いに幅広く貢献してきました。「親近」バンクとしてフェイス・トゥ・フェイスの営業姿勢を基本に、迅速で誠実な対応、きめ細かいサービスで、地元の中小企業や地域の皆さまの様々なご要望やご相談にお応えしています。
当金庫では健全・堅実をモットーとした安定した経営基盤づくりにも力を入れています。自己資本比率は10.55%。国の定めた国内基準の4.0%を大きく上回っています。地域金融機関としての社会的責任を果たしていくために、さらなる経営基盤の強化を図っていきます。
一方で、より地域の方との関係を深めるために地域のイベントにも積極的に参加。例えば、「みずしま港まつり・提灯パレード」や「倉敷天領夏まつり・代官ばやし踊り」に全役職員が参加し、地域の方々と一緒になって祭典を盛り上げています。また、小学生を対象にお金の役割・金融機関の仕事や仕組みを理解して、お金に関する正しい知識を身につけてもらうために「みずしんこども金融スクール」を開催するなど、地元の方々との交流の場を大切にして、親しまれる金融機関を目指しています。

事業内容
信用金庫法に基づく金融業務全般
(預金・融資・内国為替・政府系金融機関他各種代理業務・相談業務等)
本社郵便番号 712-8059
本社所在地 岡山県倉敷市水島西常盤町8-23
本社電話番号 086-446-2221
設立 1950年6月
出資金 2億600万円(2020年3月末現在)
預金高 2,338億円(2020年3月末)
役職員数 213名(2020年3月末)
事業所 16店舗(倉敷市内)
代表者 理事長 杉原 正一
経営理念 水島信用金庫は、地域社会との共存共栄を基本理念として、地域金融機関の使命と役割に則って、質の高い金融サービスを提供することにより、地域と地域の人々の繁栄に貢献します。
経営方針 1.地域金融機関としての公共性と社会的使命を自覚し、健全経営のもと経営基盤と経営体質の強化を図ります。
2.財産形成の支援ときめ細やかな金融サービスを通して、地域経済の発展に寄与します。
3.あらゆる法令や社会ルールを遵守し、企業倫理の徹底に努め、地域の信頼に応えます。
4.人材の育成と活用を図り、連帯感を高め、役職員一致協力して、活力ある明るい職場作りに努めます。
単体自己資本比率 みずしんの自己資本比率は10.55%。
国の定めた国内基準の4.0%を大きく上回っています。

当金庫は地域金融機関としての社会的責任を果たしていくためには経営体質の強化が最重要課題であるとの認識の下、経営の効率化や内部留保の蓄積を通して自己資本の充実に努めています。今後も更に経営の効率化・合理化を進めながら、自己資本の充実を図ってまいります。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.5年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 4.7時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.5日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 総務部人事課採用担当
〒712-8059 
岡山県倉敷市水島西常盤町8-23
TEL:086-446-2221
担当者 小野・林・片山
URL http://www.mizushin.co.jp/
E-mail jinji@mizushin.co.jp
交通機関 水島臨海鉄道 常盤(ときわ)駅下車 徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp65297/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
水島信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ