最終更新日:2021/5/20

(株)アルファプラス

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • 受託開発
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
埼玉県

特集記事

仕事・働き方を知る特集 「理系の選択」

充実の研修体制、社内のバックアップがエンジニアの成長を加速させる

数学・情報系

PHOTO

若手社員に聞くアルファプラスの研修・社内制度

田保 翔さん 
ERPソリューショングループ
工学部工学科卒
2016年入社

業務管理システムの開発、導入支援に早くから取り組み、技術力の高さに定評のあるアルファプラス。高い技術力、チームワークを育む研修制度、社内制度について、若手社員に聞きました。

手厚いサポート体制で、プログラミングの基礎から着実に学べる環境がある

わからないことは周囲の経験豊富な先輩に聞ける環境があります。「数々のプロジェクトを経験した先輩や上司からはいつも新鮮なヒントをもらっています」と田保さん。

コンピュータをいじることが好きで中学時代からITに興味を持ち、大学ではアルゴリズムについての研究を行っていました。就職活動をしていくうちに、早い段階から幅広い仕事を任され、成長を実感できる環境で働きたいと考えるようになりました。中でもアルファプラスは、社長や先輩の話からアットホームな印象を受け、仕事がしやすそうな社風を感じ、ここで働きたいと思いました。

内定後は、会社から配布されたITパスポート試験のテキストで、情報処理の基礎を自宅で学習。入社後には3カ月に及ぶ新入社員研修でビジネスマナーからコンピュータの基礎知識、プログラミング言語などの基礎知識を習得することができました。さらに専任のトレーナーの方がわからないことにも丁寧に解説してくれました。共通の課題に同期の仲間と相談しながら向き合うことで、絆も深めることができたと思います。
研修後は製造業向けに生産管理や受発注、販売などを一元管理できる基幹システムのパッケージソフト「mcframe」の導入支援を手がける部署で、プログラマー兼SEとして業務にあたっています。プロジェクトリーダーの下、チームで取引先の要望に応じて、医薬品メーカーであれば薬品の使用期限を、素材を輸入する会社であれば為替レートもシステムに反映させるなど、カスタマイズしながらその会社が使いやすいシステムを構築していきます。

プロジェクトごとに経験値を高め、技術者としての成長を実感する

プロジェクトリーダーが取引先からヒアリングした要望にどういう手段、プロセスで対応するかアイデアを練ります。自分のアイデアがプロジェクトに反映されるのが醍醐味。

入社一年目は、ブラザー・シスター制度で年次の近い先輩が指導係として、業務やプライベートのことまで相談に乗ってもらえる体制があり、私の場合は2人の先輩にお世話になりました。2カ月に一度は仕事の上での悩みはないか、上司に対してどう思うかなど、面談を通じて話を聞いてもらえ、手厚いサポートで育ててもらっていると感じられて、とても心強かったです。
業務は一つひとつのプロジェクトに対し、少しずつ関わる範囲を増やしていくことで全体の流れを覚えていき、これまでに食品メーカーや医薬品メーカー、素材メーカー向けに4つのプロジェクトを経験しました。お客さまの「こういうことをしたい」というさまざまな要望にソフトウェアでどう応えるか考えていくことは大変ですが、自分が提案したアイデアが採用され、カタチになっていくことがやりがいです。また、プロジェクトを経験するごとに作業スピードが上がったり、工夫できる引き出しが増えたりと、技術者として着実に成長していることを実感しています。
これまで特に印象に残っているのは、納期まで時間がない中、少ないメンバーで取り組み、大きな利益を上げられたこと。その結果、会社からその年の優秀プロジェクトとして表彰されました。担当業務をいかに効率よく進めていくか、作業配分や段取りといった管理調整能力が身についたことは自信になりました。

社内のチームワークを育むアルファプラスのさまざまな取り組み

後輩への指導も行うようになった田保さん。かつて自分が育ててもらったことを下の世代に伝える。その積み重ねがアルファプラスの高い技術力につながっています。

資格取得支援制度を活用し、mcframe認定プロフェッショナル試験に向けて勉強を始めたところです。まずはいまの業務で一人前となり、自信をつけ、そのうえで、自分が先輩方に育てていただいているように、トレーナーとして後輩を育てていきたいと思っています。
アットホームな社風に惹かれ入社しましたが、いい意味で馴れ合いがなく、年齢や部署に関係なく社員同士の仲がよく、想像していた以上にコミュニケーションのとりやすさがありました。釣り部、テニス部、ゴルフ部、フットサル部と4つの部活動があり、社内交流が盛んに行われています。私もフットサル部に所属し、休みの日はフットサルの練習をしたり、テニス部の合宿などにも誘われれば出かけるなどしてリフレッシュしています。
また会社の行事として、年に一度、社内旅行も行われています。創立25周年の節目の年には、3泊4日でフィリピンのセブ島に行きました。毎年入社2年目の社員が幹事を担当することになっていて、その年は私たちの代が担当。アンケートで行き先を募るところから、旅行会社と連携して観光日程や宴会を企画するまでの全てを取り仕切りました。「自分たちらしさを出そう!」と同期の仲間と相談しながら作成した、イラスト入りの旅行のしおりは、参加した社員の方からも好評でした。
業務の上では、現在の業務の改善のために何ができるか、定期的に外部コンサルタントを招き、年次ごとにチームでワークショップが行われています。抱えている仕事の課題の棚卸をしたり、解決する手順、考え方が導かれ、意識改革にもつながっています。
社員が団結できる機会が多いところも当社のいいところだと思います。

学生へのメッセージ

オフィスは東武スカイツリーライン「新越谷」駅、JR武蔵野線「南越谷」駅の2路線2駅が利用でき、
いずれも徒歩5分程度と近く、通勤に便利です。
働きやすい職場環境を目指しており、担当しているプロジェクトにもよりますが、フレックスタイム制度があるので、
進捗状況によって出社時間を調整でき、効率よく働けていると思います。
産休・育休を経て時短勤務を行っている女性の先輩もいて、ライフスタイルに応じた働き方ができるのもいいところですね。
また、服装も基本は社員の良識に任されているので、カジュアルな格好で出勤することもできます。
プロジェクトが立てこみ、忙しいときもありますが、飛び石連休のときは会社が休日を取るよう奨励するなど、
休みを取りやすく、私も夏休みは11連休を取得。メリハリをつけて働ける環境が整っています。
パソコンが好きな人、人との関わりが好きな人、好奇心旺盛でなんでも知りたがる人、手に職つけて自立したい人、そんな人と一緒に仕事がしていければと思います。
ぜひ、弊社の「働きやすさ」に注目して企業研究をしてみてください 。

PHOTO
毎年入社2年目の社員が企画・運営する社員旅行。創立25周年はセブ島に。普段顔を合わせることの少ない社員同士のコミュニケーションを深める場になっています。

トップへ