最終更新日:2021/3/1

岡山県警察

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 官公庁・警察

基本情報

本社
岡山県
資本金
公共機関のためなし
売上高
公共機関のためなし
職員数
約3,950名
募集人数
101~200名

警察官・警察行政職員としての誇りと熱い正義感を抱き「岡山県」の人々の暮らしを守る。

「安全・安心の岡山」を実現するため…岡山県警察官・警察行政職員募集! (2021/03/01更新)

~県民のみなさんが安全で安心して暮らせるまちをつくるために~

 岡山県警察では新卒者・既卒者を問わず警察職員となって活躍したいという”志”を持っている方の受験をお待ちしております。
 採用に関するお問い合わせは、
    岡山県警察本部警務課採用係
      (フリーダイヤル:0120-055-314/直通)
     ※受付時間 8:30~17:15(土日祝日を除く)

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
悲惨な交通事故を減らすため、日々交通違反を取締る白バイ乗務員。
PHOTO
笑顔と共に地域の安全・安心を守る交番勤務員。

きめ細かい教育・研修制度がキャリアをバックアップ。人間としても大きく成長できる。

PHOTO

警察官に採用されると、最初に警察学校へ入校し、警察官としての知識・技能・自覚を養います。

■岡山県警察では、「安全・安心の岡山」の実現を目指し、警察本部と県内22の警察署を拠点に約3,950人の警察職員が県民の生命や財産を守るために日夜活動しています。警察官の活動範囲は幅広く、犯罪の抑止・検挙、交通の取締りなど多岐にわたっています。その仕事の原点は、人々の暮らしを守ること。正義感や人の役に立ちたいという気概を持って、県民の安全・安心な生活を守り、信頼される警察官としての職務を全うできたときは、他の仕事にはない充実感や達成感が得られます。
■岡山県警察は、県内全域を結ぶ独自のネットワークや交通事故分析システムを全国に先駆けて構築するなど、情報通信分野では他の都道府県警察を大きくリードしており、その技術を駆使し、仕事を円滑に進めるための環境も十分に整備されています。しかし、仕事を進める上で基本となるのはマンパワー。「人間力」が不可欠です。
そこで、力を入れているのが、教育。一人前の警察官として仕事ができるよう、警察学校での基礎的な教育に加え、指導者との同行による現場での研修(OJT)など、15カ月間の採用時教育期間を設け、新人警察官をフォローする体制を整えています。
また、キャリアアップへのサポートも万全。昇任試験制度やきめ細かい人事評価制度を設けるとともに、鑑識や白バイ乗務のための研修や語学・簿記を学ぶ研修など、専門的な知識や技術を身に付けるための各種研修制度が充実しており、本人のやる気と努力次第で様々な分野での活躍の場が広がります。
■警察官の仕事は、毎日同じことの繰り返しではなく、一つ一つの事件も違えば、日々新しい出会いもあります。多くの人とのふれあいを通して、新しい発見ができ、人間としても大きく成長できる仕事です。子供の頃に抱いていた警察官への憧れや「パトカーや白バイに乗ってみたい。」という思いを岡山県警察で実現させてみませんか。

会社データ

プロフィール

[企業理念]

岡山県の安全・安心を守る!

 岡山県警察では、「安全・安心の岡山の実現」、「強く・正しく・温かく」を基本目標としています。
 とりわけ、「県民とともに、県民のために」という姿勢は、職員一人ひとりのモットーでもあります。
 県警察は、県民が安全・安心を真に実感できる社会を実現していくため、県・市町村又はボランティア団体などとともに、県民の視点に立った安全・安心のための各種取組を強力に推進し、犯罪の検挙・抑止、各種の事故防止に努めています。

[仕事内容]

各分野のスペシャリストで構成するプロ集団

 警察の仕事は、犯罪抑止や少年非行防止・サイバー犯罪捜査等の総合対策を主に行う「生活安全警察」、パトロールや巡回連絡など地域に密着した活動を行う「地域警察」、悪質・重要犯罪や組織犯罪等を捜査する「刑事警察」、交通指導や取締りを行う「交通警察」、要人警護やテロ・災害等緊急事態対策を主に行う「警備警察」、強じんな警察官の育成や情報通信基盤整備などの組織基盤の構築を主に行う「警務警察」に分かれています。


岡山県警察のミッション=使命は、「岡山県の安全・安心を守る」ことです。
 このため、私たちは、自らが岡山県の安全を守るという「誇り」と「使命感」を持って日夜活動しています。県民の安全・安心を脅かす事案は、いつ、どこで、どんな形で発生するか分からず、警察職員は発生した事案に迅速・的確に対応しなければなりません。
 厳しく、つらいこともありますが、それゆえに自分の使命を果たしたときには、言葉では言い表すことのできない「達成感」や「充実感」を得ることができます。

事業内容
【警察官】
■警務警察
 人事・採用、福利厚生、広報、情報管理等の組織運営に関する業務のほか、警察安全相談、被害者支援など、県民からの相談に対応する業務を行っています。

■生活安全警察
 県民の生活の様々な面において安全と安心の確保に努めています。
 身近で起きる街頭犯罪や特殊詐欺の抑止総合対策、少年非行防止活動、DVやストーカーなどの対策、IT技術の進歩に伴い深刻化するサイバー犯罪対策などに当たっています。

■地域警察
 警察官は、警察学校卒業後、まず交番で勤務することとなります。
 パトロールや巡回連絡など地域と密着した活動を通じて、住民の不安を取り除き、暮らしの安全を守ります。また、事件・事故の通報を受けると、いち早く現場に駆け付けて対応します。

■刑事警察
 警察官の本質である「強さ」を武器に、犯罪という「悪」と戦い、事件の解決に全力を挙げています。
 凶悪犯罪、窃盗犯罪のほか、詐欺や横領などの知能犯罪、暴力団などによる組織犯罪、薬物犯罪の捜査・検挙、さらに、事件現場において指紋などの証拠資料を発見・採取する鑑識活動を行っています。

■交通警察
 悲惨な交通事故を1件でも減らし、交通の円滑を実現することで、県民が笑顔で暮らせるよう日々活動しています。
 交通事故の分析による交通安全対策、交通違反の取締り、白バイでのマラソンや駅伝の先導、交通安全教室での交通安全指導などを行っています。

■警備警察
 災害・水難救助活動などを行う機動隊員は、どんなに困難な現場であっても、日頃の訓練で培った強じんな精神力と体力、そして相互の信頼関係を発揮して任務に当たっています。
 この他、総合的なテロ対策や要人の警護、不法入国者の取締りなどを行っています。

【警察行政職員】
■警察行政職員
 警察官と共に治安を守ることに貢献している警察行政職員は、警察署や交番・駐在所などの整備や管理、給与や旅費の支給、情報管理、統計事務など幅広く多彩な分野で活躍しています。
 また、落とし物業務では、警察署の窓口として、県民と直接に接することも多く、「やりがい」を感じやすい仕事でもあります。
本部郵便番号 700-8512
本部所在地 岡山市北区内山下2-4-6
本部電話番号 0120-055-314(直通)
本部電話番号2 086-234-0110(内線:2661~2665)
資本金 公共機関のためなし
職員数 約3,950名
売上高 公共機関のためなし
事業所 岡山県内の各警察署(22署)、交番、駐在所など

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15年
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.1日
    2019年度

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 700-8512
岡山市北区内山下2-4-6
岡山県警察本部 警務課 採用係
採用フリーダイヤル:0120-055-314
代表TEL:086-234-0110(内線2661~2665)
URL https://www.pref.okayama.jp/site/376/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp69367/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
岡山県警察と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ