最終更新日:2021/8/26

和気産業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(インテリア・住宅関連)
  • 商社(文具・OA関連・日用品)
  • 商社(その他製品)
  • 商社(建材)
  • 通販・ネット販売

基本情報

本社
大阪府
PHOTO

「なにごとも中途半端にならないように心がけています」

森 康二郎
2012年入社
国際総合科学部 卒業
(これまでのキャリア)東京店営業部→GM事業部(大手量販スーパー 営業担当)
『経験を糧に成長し続け、相手からの信頼を得ていきたい』

現在、担当している仕事の内容を教えてください。

インターネット通販企業の営業担当をしています。
新商品の商談後、画面に表示される商品情報の登録書の作成を行います。一般消費者であるお客様がご覧になる情報なので、分かりやすく書くこと、誤った情報を記載しないことに、特に注意しています。
ネット上では、実際にお客様が手に取って商品を選ぶことができません。だからなるべく多くの情報を、画像などを含め的確に伝える必要があります。そのため、すでに販売している商品の登録情報を、得意先や仕入れ先メーカーとの商談を通じて、改善することも自分の仕事です。

この仕事のやりがいは、和気産業で取り扱う商品がテレビで紹介された際に、大きな反響があるのを肌で感じられることです。テレビで見て、すぐにインターネットで検索されるお客様が多いので、多くの方が注目している商品に携わっていることが実感できます。


一日の仕事の流れを教えてください

09:00 会社を出発→得意先へ向かう。
11:00 約 1時間商談を行い、その後昼食。
14:30 会社に戻る。
その日の商談内容を整理し、上司へ報告。

先方からその日のうちに対応できる依頼などあれば、対応するようにし、間に合わなければ次の日以降に作業をするという流れとなります。
ただその際に、次の日以降に自分が作業する時間もない状況であれば、遅くまで残業することもあります。


自分を成長させてくれた体験を教えてください。

現在のネット通販の企業を担当する前にはホームセンターを担当していました。その中には、チェーン展開しているホームセンターだけではなく、地域密着で1店舗のみを運営している企業もありました。和気産業とも長く取引をしている企業で、いろいろなことを教えていただいた思い出があります。
雑談の中にも、商品やこの業界についての興味深い話題が多く、たくさんの知識を身に付けさせていただきました。社内での研修や先輩社員から教えてもらうことも重要ですが、実際に得意先の人と話し、得た体験というのは、入社1~2年目の自分を成長させてくれたと思います。

異動が決まったとき、始めて担当した得意先に担当が変わる旨のご挨拶に行きました。そのとき得意先の店長と初めて一緒に昼食に行ったのですが、いろいろと話をして短い間だったとはいえ、寂しく感じたことが今でも印象に残っています。あの経験から、より一層、人とのコミュニケーションが重要だと考えるようになりました。相手から信頼を得られることが、働いていく上でも大切なことかと思います


うちの会社のいいところは何ですか?

当社の強みは、「取り扱っている商品カテゴリーの幅が広い所」です。例えば「金物」一つとっても、競合他社は「建築金物の専門商社」など特化していることが多く、カテゴリーからはみだした商品は取り扱わない傾向にあります。しかし和気産業は「金物」以外のカテゴリーに属する商品が多くあるため、広い視野で商品を展開していくことができます。その分カテゴリーごとに競合他社が多く存在しますが、さまざまな新しい商品に挑戦してみるという考え方は、競合他社にはない強みだと思います。


就活中の学生さんへのメッセージをお願いします!

ありきたりなアドバイスとなってしまうかもしれませんが、就職活動をするにあたって、自分の中のこだわりがあるといいかもしれません。自分がやりたいと主張していることがぶれて、なんでもやりますといった形になると、本当にそうであっても信じてもらえなくなってしまいそうです。こういうことをやりたいですとはっきりと言えると、信憑性が増すように思えます。何もわからない状況の中で、それをはっきりと言うことも難しいとは思いますが…。私も当時自分がそれをできていたかは覚えていません。


トップへ