最終更新日:2021/8/26

和気産業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(インテリア・住宅関連)
  • 商社(文具・OA関連・日用品)
  • 商社(その他製品)
  • 商社(建材)
  • 通販・ネット販売

基本情報

本社
大阪府
PHOTO

「優先順位を決めて、仕事に取り組んでいます!」

森岡 佑一
2015年入社
経済学部 経済学科 卒業
(これまでのキャリア)GM事業部(ネット通販営業担当)→大阪店営業部(ホームセンター営業担当)
『商品知識を身につけ、ネット通販の売上アップに貢献』

和気産業に入社した決め手は何でしたか?

就職活動では、日用品を扱う会社を探していました。
数ある企業の中でも、ホームセンターや量販店といった身近にある店舗に、商品を卸している和気産業に興味を持ったことが始まりです。特に、今話題の「DIY」商品を扱う企業ということで、今後も注目される業界だと思いました。

説明会で訪れた際、商品を展示しているイベントルームに案内してもらいました。
イベントルームには非常にたくさんの商品が並んでいて、「こんなに多くの商品を取り扱って、自分好みにお客様に提案出来れば楽しいだろうな」と感じたのを覚えています。


現在、担当している仕事の内容を教えてください。

まず、商品をWEBやカタログに掲載していただくために、商品を提案します。
当社で取り扱う数万アイテムの中から、お客様の顧客にあった商品を選び、バイヤーとの商談前に、しっかりとお客様や競合する企業の商品を調べます。
お客様にとってどのような場面で使われる商品なのか、競合商品と比べて品質、価格はどうなのか。
そしていよいよバイヤーと商談します。そこで商品が採用された時には、大きな達成感があります。

採用が決まると、WEBやカタログに掲載するための資料を作成します。商品ページ用に、サイズや特長などのスペックを提出し、商品の掲載ページを作っていただきます。

和気産業は、取り扱い商品アイテム数が非常に多く、それを扱うことができる人が揃っていることが特長であり最大の強みです。
「和気産業さんはいったい何屋さんなの?」と言われる程、他とくらべ強みを持った商品を数多く取り揃えています。


自分を成長させてくれた体験を教えてください。

私を成長させてくれた体験は、初めて自分で提案を行った商談です。
それまでも上司の商談に同行したことはあったものの、自分から商品の紹介をしたことはありませんでした。
なぜ自分を成長させたかというというと、初めての商談が全く上手くいかなかったからです。

その商品のことを調べたつもりでも、お客様に合った伝え方ができませんでした。
商品の特長を伝えることはできても、実際にどのような場面で活躍するのかを上手く説明できませんでした。

このことがきっかけで、商品を採用していただくネット販売企業の先のお客さま(ユーザー)がどのような物を求めているのかを考えるようになりました。
そして、ただ商品の特長を説明するだけではなく、商品の使い方や見せ方もより工夫して提案を行うことを心掛けるようになりました。


今の仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

仕事をしていると、やるべきことは無数に出てきます。しかし、時間は限られているので、優先順位を決め、効率的に仕事を進めることを心掛けています。

また、頭の中で考えるだけでなく、メモに書き出すようにしています。今は覚えていても、忘れるかもしれないし、重要なことを漏らさないように常に心がけています。

将来は、もっとお客様に頼りにされるようになりたいです。
現状では、まだまだ商品知識も足りませんし、商談や得意先対応の経験も不足しています。
経験することで成長はしますが、「待ち」の姿勢ではなく、自分からチャレンジし、失敗も経験し、どのような困難が訪れても対処できる、お客様からもこのひとなら何とかしてくれると感じてもらえる人になりたいです。


就活中の学生さんへのメッセージをお願いします!

就活は厳しくつらいことも多いと思います。
しかし、さまざまな企業の内部まで見ることができる非常に貴重な機会です。

まずは選択肢を絞らず、たくさんの企業を見て純粋に楽しんでみてはいかがでしょうか。

我々を含め、どの企業も新しく入ってくる新入社員を楽しみにしています。
明るく元気な皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!


トップへ