最終更新日:2021/8/26

和気産業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(インテリア・住宅関連)
  • 商社(文具・OA関連・日用品)
  • 商社(その他製品)
  • 商社(建材)
  • 通販・ネット販売

基本情報

本社
大阪府
PHOTO

「いち早く福岡店物流倉庫を任される存在へと成長したい」

三ヶ尻 貴弥
2018年入社
人文学部 卒業
福岡店物流課/物流入出荷担当
『感謝の気持ちを忘れずに仕事に臨んでいます』

現在、担当している仕事の内容を教えてください。

福岡店の物流倉庫で入荷業務を担当しています。当社では約65,000点のアイテムを取り扱っており、入荷業務ではそれらの入口の役割を担っています。各メーカーから送られてくるたくさんのアイテムが間違いなく届いているのかチェックします(検品と呼んでいます)。例えば1アイテムでも商品違いや数量違いがあった場合、その1アイテムを求めていた得意先へ出荷できないかもしれません。それはつまり得意先のお客様に商品が届かないということになり弊社では絶対にあってはならないことだと考えています。そのため入荷業務は、検品を確実に行い間違ったアイテムを限りなくゼロにしていくことが求められる重要な部署です。
この部署は、その日の入荷物量やどのメーカーが入ってくるのかを事前に把握できるため、それに合わせて「今日はどんなふうに作業を組み立てようか」「こうやったら早く検品がおわるのではないか」と自分で作戦を考え、実行できるところが非常におもしろいです。作戦がうまくいかなかったり、逆にうまくいったりと結果はいろいろですが、当たり前だと思っていた作業を少しずつ工夫し、効率よくしていく過程がわくわくして楽しいと感じています。


和気産業に入社した決め手は何でしたか?

社内の雰囲気や社員の方々の印象がよかったことです。
私は前の会社を人間関係がうまくいかずに辞めてしまい、就職活動の際には「次の会社は大丈夫だろうか?」という不安感が常にありました。
そんな中、当社では会社の方から採用試験を受ける前に会社見学に招待していただき、事務所や倉庫内を案内していただきました。その際に、社員の皆さんが明るく声をかけてくださり安心したことを覚えています。
ほかにも現在の上司である社員の方から食事にも誘っていただき、プライベートな話を交えつつ会社のことも話してくれ、この会社の人たちなら一緒に働きたいと感じました。このようにして当社についていろいろと知っていくうちに、会社の取り扱っている商品に前職でも扱っていたアイテムがあることなどを知り、非常に親近感がわいてきたことを覚えています。
また私は物流部志望で、縁の下の力持ちのような存在にあこがれていたため、仕事内容にもマッチしていると感じたことから入社を決めました。


今の仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

自分自身が作業に集中しすぎないことです。倉庫内の作業では多くの人員が各所に配置され、それぞれ作業を行います。その中で私の役割は、全体の作業状況を把握し、適切な指示をしていくことだと思っています。
自分自身も入出荷作業を行うのですが、それらに没頭しすぎることなく適度に離れ、全体の状況確認をするように心がけています。
私は一つの作業に集中すると周りが視えなくなってしまいがちなのですが、そうしてしまうと全体の状況がわからなくなってしまい、次にどの作業を優先すべきか見失ってしまう恐れがあります。そのため作業に入っているときもそうでないときも、常に時間と次にやるべきことを意識し全体の状況把握に努めています。
その他に、感謝の気持ちを忘れないことを大切にしています。当社の仕事は決してひとりではやることができません。全員がそれぞれの役割をこなしてくれるからこそ成り立っているのだと思います。当社での現在の自分があるのも色々指導してくれたり関わってくれたりした人のおかげです。そのため私に関わるひとりひとりに「いつもありがとうございます」という気持ちを常にもって仕事に臨んでいます。


うちの会社のいいところは何ですか?

当社の良いところは事務所も倉庫内も和気藹々と雰囲気が良い点だと思っています。
仕事中でもちょっとした雑談で笑ったり、飲み会がある日には「今日の仕事は絶対定時でおわらせよう!」などと皆がいつも以上に気合が入っていたりするところが好きです。

また私の部署においては、失敗に寛容であるという点もいいところだと思います。仕事でミスをしてしまった際、まずミスがあったことについて怒られ同じミスを繰り返さないように厳重注意されるようなイメージをもっていました。しかし私の部署では、ミスしたときにはそのミスを責めることではなく、なぜそのようなミスが起きたのか一緒に原因を考え、改善案を探します。そして改善案を試し同じミスが起こらないか様子をみてみようという形に収まります。こういった指導を繰り返されていると自然と失敗した事実に目を向けるのではなく、その先にある問題を考える思考力が鍛えられ非常に感謝しています。


これからの目標・夢は何ですか?

私の現在の目標は、いち早く福岡店物流倉庫を任される存在へと成長することです。
私は入社して一年程経ち、この一年でおおよそ物流部としての業務の流れを把握することができたと思います。そしてこれからはその一連の流れを自分自身が引っ張っていきたいと考えています。そのために日々、現在倉庫を引っ張ってくれている大先輩の社員が一日をどのよう流れでオペレーションしていたか、イレギュラーが生じたときや自分ではどうすればよいのかわからなかったときにどう対処していたかなどをノートにメモを取り勉強させていただいています。
そしてそのノートを基に一日の作業の流れを予想し実際はどうだったのかの脳内シミュレーションを行っています。今後も先輩社員の姿をしっかりとみて知識を吸収し、自分が業務をコントロールできるようになりたいです。その目標を達成した後には、当社物流で働く方々の作業が少しでも楽に、なおかつ効率的に進められるような作業体系の構築を目指し少しずつ着実に環境改善に尽力していきたいと思っています。


トップへ