最終更新日:2021/8/26

和気産業(株)

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(インテリア・住宅関連)
  • 商社(文具・OA関連・日用品)
  • 商社(その他製品)
  • 商社(建材)
  • 通販・ネット販売

基本情報

本社
大阪府
PHOTO

「今よりも働きやすい職場にしたい!」

坂井 貴一
2019年入社
生活福祉情報科 卒業
福岡店物流課/物流入出荷担当
『大切な仕事を任されているやりがいを感じています』

現在、担当している仕事の内容を教えてください。

福岡店物流課で入荷場業務を担当しています。

入荷場での業務は、倉庫内業務の最初に行う大事な工程です。運送会社からきた商品が注文した物と一致するか、納品書を確認しながら検品を行います。間違いがないかしっかり確認したあと、後工程で作業しやすいように棚番号を記入します。

初めは先輩の作業を見ることから始まり、見よう見真似で同じように行いましたが、先輩のようにスムーズにできませんでした。
誤って入荷されたり、注文した数と違うと、仕入先メーカーさんに正しい商品を送ってもらうよう電話しないといけません。最初は何と言ったらいいのかわかりませんでしたが、何回か行っていると、スムーズに電話対応できるようになり、とても嬉しかったです。

木曜・金曜日は入荷品が他の曜日に比べると多く、検品する件数も増えます。入荷した荷物の量が多いと精神的にきついときはありますが、大切な作業を任されているので、とてもやりがいのある仕事です。


和気産業に入社した決め手は何でしたか?

私が入社した決め手は、「会社の雰囲気」です。

福岡の合同会社説明会で和気産業のブースを見つけ、初めて会社説明を聞きました。
入社案内には「4年生大学卒」と書かれていましたが、短大生でも応募できないかどうか尋ねてみました。総務担当の方がすぐ本社に連絡とってくださり、選考会に参加できました。

面接を受けに会社に行くと、社員の方たちに気持ちの良い挨拶をしてもらったのが一番印象に残っています。面接で緊張していたのですが、親切な対応をしてもらい緊張がほぐれました。
私は他の二社から内定をもらっていたのですが、面接の際の気持ちの良い挨拶と親切な対応で、会社の雰囲気が良く、とてもアットホームな会社だと感じました。

また、福利厚生面でも待遇が良く、完全週休二日制で土日が休みになるので、自分の時間をしっかりと作ることができ、ここなら自分の働きたいスタイルに合わせて働くことができると思い入社を決意しました。


今の仕事をする上で、大切にしていることはありますか?

商品間違いやパッケージ破損があると出荷できないので、しっかりとしたチェックをするよう常に心掛けています。
入荷した商品の中には客注品もあり、きっちりと梱包を行い、商品を傷つけないようお客さまに届けることを大切にしています。

倉庫内での仕事以外に、データ入力の仕事もあります。
数量を間違って入力してしまうと、年2回の棚卸の時に、実数とデータ上の数字が異なり、商品を探さなくてはいけないので、二度手間になってしまいます。
また、仕入先コードを間違うと、違う会社にお金を支払うことになり、取引先との信用問題に関わる重要なことです。
そのためデータ入力時は、二重チェックを行い、間違いがないか何度も確認することを意識しています。


うちの会社のいいところは何ですか?

先輩社員や上司が親切で、パートさん同士も仲の良い「働きやすい環境」です。

入社した当初、倉庫の中で、商品が箱にうまく入らなかったり、入れ忘れたりする失敗をして、どうしたらよいか困って悩んでいるときに、周りの先輩やパートさんたちがうまくできるやり方を教えてくれて助けてもらいました。なかなか覚えられず何度も同じ失敗を繰り返しても、わかりやすく親切に教えてくれます。
おかげで、初めて行う仕事でも、失敗を恐れずにチャレンジすることができます。

また若手の意見をよく聞いてくれて、素直に発言したり提案できる職場です。
入社4ヶ月目の私が倉庫内の改善提案を出したところ、すぐに採用され、働きやすい職場に変えることができました。


これからの目標・夢は何ですか?

これからの目標は2つあります。
1つ目は倉庫内を今よりも働きやすい環境にすることです。具体的には、自分が辛いと思った仕事はパートの方も辛いことだと思います。そのために、自分が実際に行ってみて改善できる点はないか何度も繰り返し行い、対策を見つけていきたいと考えています。

2つ目は、将来は営業部に所属し誰もが認める一流の営業マンになることです。
営業希望で入社しましたが、営業部には所属することができませんでした。
そのため、倉庫内の仕事をまず覚えて、商品の特徴や使い方を学んでいきたいと思います。
そして、営業を任された時には、物流で覚えた知識を使い、お客様やホームセンターの方に適切なアドバイスができるよう努力をしていきたいです。
そして、いつかは全ての経験を元に社内起業するのが夢です。


トップへ