最終更新日:2021/6/11

世田谷信用金庫

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
東京都
出資金
18億149万円(2020年3月末現在)
預金量
2,201億円(2020年3月)
職員数
194名(男126名 女68名)(2020年3月末現在)
募集人数
6~10名

「地元の皆様になくてはならない金融機関」を目指す「せたしん」。地域の一員として、お客様の信頼にお応えし、お客様とともに繁栄していくことを願っています。

就職活動中の学生の皆様、こんにちは!「せたしん」です。 (2021/02/15更新)

PHOTO

この度は、世田谷信用金庫に関心をお持ちいただき誠にありがとうございます。

現在2022年卒業予定の皆様のエントリーを受付しております。

こんにちは。
世田谷信用金庫人事部の田中と申します。
新卒採用の申込を随時受付しています。
ご希望の方は,エントリーしてサンクスメールをご覧ください。

なお、採用情報全般に関するお問い合わせにも随時お答えいたします。
採用担当者までお気軽にお問合せください。
                
          書類応募先 〒154-8581 
                東京都世田谷区世田谷1-23-3
                世田谷信用金庫 人事部
                田中・南波
                TEL:03-3439-1117

会社紹介記事

PHOTO
「せたしん」の愛称で地域から親しまれ、「身近なホームバンク」として頼りにされてまもなく100周年。私たちはこれからも地域の発展のために貢献しつづけます。
PHOTO
毎週水曜日はノー残業デーで、職員たちは17時15分に一斉に帰ります。夏期には土日を挟み9日以上の連続休暇が取得可能。オンオフともに充実できる環境です。

仕事のやりがいと成長の手応えがしっかり感じられる職場です!

PHOTO

渉外担当として活躍する鴨井さん。「社内外でコミュニケーションを取る機会が多く、『人と話すのが好き』な人には特に向いている仕事だと思います」

私の生まれと育ちは岡山ですが、上京して世田谷にある大学に通い、都心にありながら人の優しさや温もりが感じられる世田谷の街が大好きになりました。仕事を通じてこのエリアに長く貢献していきたいと考え、就職活動で注目したのが信用金庫。いくつか信用金庫を回った中で、新人のサポート体制が手厚く整っており、職員の対応に温かさを感じた当庫に一番の魅力を感じました。

入庫後にまず受講したのは、約1カ月間にわたる新人研修。ビジネスマナーや商品・サービスについて学んだほか、東京証券取引所や日本銀行で行われる外部研修にも参加して、金融に関する知識を幅広く習得しました。また、ここで同期たちとの絆が深められたのもうれしかったですね。フォロー研修などで今でも定期的に顔を合わせていますが、良い息抜きになっていますし、そこで知る同期の成長や活躍がモチベーションアップにつながっています。

配属後の1年間は、用賀支店の窓口サービス課で為替や出納、窓口業務を担当しました。ここで当庫における業務の基本的な流れを理解したのち、2年目には同じく用賀支店の訪問相談課へ異動。渉外担当として、個人や個人事業主、中小企業のお客さまをご訪問し、定期預金のご案内をしたり、融資に関するご相談に応じたりしています。異動して1カ月目にさっそくお客さまから融資のご相談をいただきましたが、周りの先輩たちが代わる代わる同行していただき、融資が決まったときには自分のことのように喜んでくれたのがとてもうれしかったですね。今居る後輩たちに、その時の先輩たちのように親身にサポートしてあげたいと思っています。

これまでも「ありがとう」「助かったよ」と言っていただける度にやりがいを感じてきましたが、2020年はそれらの言葉の重みを特に感じた年となりました。コロナ禍という未曾有の状況下で、なすべきことをあらためて真剣に考え、多くのお客さまをお助けしたいと奔走し、「これからも地域のために貢献していきたい」と強く思うようになりました。法律に関することなど幅広い知識が求められる仕事ですが、その分、成長の手応えがしっかりと感じられます。温かな組織の中で、大きなやりがいを感じながら確かなキャリアを築いていきたい人に、ぜひとも当庫をお勧めしたいですね。

<用賀支店/訪問相談課/鴨井 貴宏さん>

会社データ

プロフィール

東京都内の中でも多数の人々を擁する地域、世田谷を中心とした地域金融機関として、1921(大正10)年の創業以来、100年の歴史を地元の皆様と共に歩んできた「せたしん」。「地元の皆様になくてはならない金融機関」を目指し、地域経済の健全な発展と豊かな暮らしの実現に貢献する理念をもって、相互扶助の精神を基本に協同組織金融機関として、社会的役割を全うすべく業務に邁進しています。
今後も100年の歴史に裏付けられた地元の皆様からの「信用」を大切にし、どんな時代や環境の中にあっても「地元の金融機関」として積極的かつ堅実経営を目指していきます。

事業内容
預金業務、融資業務、為替業務、渉外業務、各種代理業務、各種公金取扱業務、国債窓口販売業務
本社郵便番号 154-8581
本社所在地 東京都世田谷区世田谷1-23-3
本社電話番号 03-3439-1111 (代)
設立 1921(大正10)年4月12日
出資金 18億149万円(2020年3月末現在)
職員数 194名(男126名 女68名)(2020年3月末現在)
預金量 2,201億円(2020年3月)
融資量 1,269億円(2020年3月)
事業所 14店舗
・東京都:世田谷区、杉並区、港区
・神奈川県:川崎市宮前区、横浜市青葉区
業績推移 (2020年3月末現在)
[単位:億円]
決算期 預金量 貸出量  出資金
────────────────
2018.3 2,081  1,217   18.8
2019.3 2,125  1,261   18.3
2020.3 2,201 1,269   18.0
平均年齢 40歳5カ月(2020年3月末現在)
※役員を除く
平均勤続年数 金庫全体 16年5カ月(2020年3月末現在)
  男性 16年11カ月
  女性 15年7カ月
※役員を除く
受動喫煙対策 当金庫は本部および全営業店建物内全面禁煙を実施しています。
沿革
  • 1921年
    • 「有限責任世田谷信用販売購買組合」設立
  • 1952年
    • 「世田谷信用金庫」に組織変更
  • 1986年
    • CI導入
      愛称を「サバンク世田谷」へ
  • 2005年
    • ローンプラザ用賀オープン
      「個人向け国債」取扱開始
      本店リニューアルオープン
  • 2006年
    • 玉川支店リニューアルオープン(コンサルティングプラザ玉川併設)
  • 2007年
    • 経堂職員寮完成
  • 2008年
    • エコ通帳・エコ定期を発売開始
      環境保護を応援する「みどり定期」を発売開始
      世田谷区より「環境表彰」を授与
  • 2009年
    • 環境に配慮した自家用車購入・リフォーム費用のための「エコローン」を発売開始
      開発途上国の子供たちにワクチンを届ける「エコキャップキャンペーン」開始
  • 2010年
    • アンパンマンキャラクターの取扱い開始
      「せたがやボロ市」の企画・運営に地域の皆様と携わってきたことに対して「第13回信用金庫社会貢献賞」受賞
  • 2011年
    • 創立90周年を迎える
      創立90周年特別定期預金「せたしんありがとう90」を発売開始
      「世田谷区男女共同参画先進事業者賞」受賞
  • 2014年
    • 本店・本部ビル耐震化工事完了
  • 2015年
    • 船橋支店仮店舗オープン
  • 2018年
    • 創立97周年を迎える
      船橋支店リニューアルオープン
  • 2019年
    • 創立98周年を迎える
      等々力支店移設オープン
  • 2020年
    • 創立100周年を迎える
      「せたがやホタル祭りとサギ草市」の企画・運営に地域の皆様と携わってきたことに対して「第23回信用金庫社会貢献賞」受賞

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 7日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒154-8581
東京都世田谷区世田谷1-23-3
世田谷信用金庫 人事部
TEL:03-3439-1117
URL http://www.shinkin.co.jp/setagaya/
E-mail setagayask-jinji@abox3.so-net.ne.jp
交通機関 東急世田谷線「上町」駅下車、徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp7246/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
世田谷信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ