最終更新日:2021/8/15

朝日航洋(株)【トヨタグループ】

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 空輸
  • 建設コンサルタント
  • 情報処理
  • ソフトウエア
  • 整備・メンテナンス

基本情報

本社
埼玉県、東京都
資本金
31億9,250万円
売上高
259億8,000万円(2020年3月期単体)
従業員
1,460名(2021年2月現在単体)
募集人数
36~40名

「航空」と「空間情報」2つの業界に携わる会社。一刻を争うドクターヘリ運航や報道取材、防災支援、インフラ整備等、幅広い分野で活躍するトヨタ自動車グループ企業です!

★2次募集エントリー受付を開始いたしました! (2021/06/30更新)

PHOTO

◆朝日航洋【トヨタグループ】のページにアクセスいただき、ありがとうございます◆

★☆新着情報 ★☆2021.07.01☆★
\\理系学生向け 追加募集 決定//
理系学生の方へ向けて追加募集を実施致します!

みなさん、こんにちは!朝日航洋 採用担当です。
下記職種のエントリー受付を開始しました。

■空間情報事業 技術職(研究開発)
 ・地図情報システム(GIS)システムの開発・運用
 ・AI技術を利用したリモートセンシング分野の研究・開発
 ・画像処理・診断、統計解析、音声認識等ソフトウェアソフトウェアの研究・開発

■管理本部 情報システム部
・ネットワーク管理
・基幹システムの運用
・情報資産管理

詳細はマイナビからエントリー後の弊社専用マイページにてご案内しています!


採用情報ページ(https://www.aeroasahi.co.jp/recruit/)を
リニューアル致しました。旧来のページよりもスタイリッシュに仕上げております。
今回は「社員」にフォーカスしており、当社で活躍する「人財」についても
詳しくご紹介しております。
是非ともご覧くださいませ。


一緒に働き自らを成長させたいという方、是非皆さんとお会いできることを
採用担当者一同、楽しみにしております。
朝日航洋(株) 採用スタッフ

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
「すべては一人の患者様の命のために。」朝日航洋は日本国内のドクターヘリシステム構築黎明期より携わり、その運航実績と安全性で高い信頼を得てきました。
PHOTO
自然災害に備え、地形調査を支援。リモートセンシング技術と地形解析技術による、災害原因調査や対策をはじめ、地形などの地理空間データを提供しています。

航空機と空間データの融合でユニークなビジネスを創造!

PHOTO

当社はビジネスジェット機を保有する数少ない企業の一つです。日本国内のみならず、近隣諸国までの運航を手がけ、多忙なビジネスパーソンを支えています。

ヘリコプター?地図?
今の皆さんにとっては身近なもの、なじみ深いものとはいえないかもしれません。
しかし皆さんが普段、見聞きしているものや触れているものの元をたどっていくと、きっとどこかで朝日航洋とつながっているはずです。

●TV・CM・映画で観るヘリコプターからの空撮映像!
 ドラマ内に登場するドクターヘリの機体を提供しているほか、ヘリコプターの運航やコーディネートを行うなどのドラマ・映画の制作に協力しました。
●一刻を争う緊急医療現場で活躍するドクターヘリ!
●災害時における人命救助・救難物資輸送!
●災害時の安全・円滑な避難を支援する防災ハザードマップ!
●社会インフラの整備・維持管理に必要不可欠な地図情報!

自分の仕事が巡り巡ってあなたの家族を、友達を、隣にいる誰かを、その人の暮らしを守っていると思うと、なんだか嬉しい気持ちになりませんか?

「人を活かし、人を育てる」の理念のもと、先輩たちの手によって脈々と受け継がれてきた技術を武器に、そして誇りと責任を胸に、今日も私たちは飛び続けています。

皆さんも私たちと一緒に無限の可能性に挑戦しませんか?

会社データ

プロフィール

朝日航洋は、航空事業と空間情報事業の2つの事業を柱に全国展開をしており、ヘリコプターの高度な運航技術と測量技術を基盤に、官公庁から社会インフラ関連企業、TV報道各社まで幅広い顧客の信頼に応えてきました。現在、私たちの事業は、ドクターヘリ運航・旅客輸送・報道取材をはじめ、独自の3次元デジタル計測・解析技術をベースに、多彩なフィールドに的確な地理空間情報ナビゲーションを展開しています。

私たちはこれまで蓄積してきたノウハウを活かし、航空事業においては引き続き全国に配備されるドクターヘリ事業や多忙なビジネスパーソンの移動手段として国内から海外運航も可能なビジネスジェット機の利用を提案。空間情報事業においては最先端の航空デジタルセンサーと計測技術の融合、適正な固定資産評価のシステム化、カーナビゲーション用地図に3次元空間データを付加するなど鮮度や精度の向上とコスト削減など、情報未来をリードする唯一の技術開発を目指し積極的に推進しています。

未知の分野と未来に向けて、朝日航洋グループには縦横無尽に活躍できる舞台が無限に広がっています!

事業内容
■航空運輸事業
 ◇旅客輸送(ヘリコプター及びビジネスジェット機運航)
 ◇医療航空搬送(ドクターヘリ)
 ◇物資輸送(建設資材・鉄塔・生コン)
 ◇石油開発支援
 ◇報道取材・TV・ドラマ・CM空撮
 ◇送電線パトロール
 ◇防災ヘリ等の運航・整備受託
 ◇航空機整備事業など

■空間情報事業
 ◇航空レーザ計測
 ◇航空写真測量
 ◇UAV(ドローン)測量
 ◇リモートセンシング
 ◇固定資産調査・評価
 ◇GISシステム開発・販売
 ◇道路現況レーザ計測:モービル・マッピング・システム
 ◇防災・環境コンサルタント
 ◇海洋表層観測・海底地層探査など

PHOTO

朝日航洋は、人が立ち入ることのできない災害現場や危険・測量困難箇所での測量も可能にしたUAV(ドローン)を用いた次世代測量も積極的に実施しております。

本社郵便番号 136-0082
本社所在地 東京都江東区新木場4丁目7番41号(東京ヘリポート内)
本社電話番号 03-3522-6777
第二本社郵便番号 350-1165
第二本社所在地 埼玉県川越市南台3丁目14番4号
第二本社電話番号 049-244-4893
設立 1955(昭和30)年 7月20日
資本金 31億9,250万円
従業員 1,460名(2021年2月現在単体)
売上高 259億8,000万円(2020年3月期単体)
代表者 代表取締役社長 尾暮 敏範
経営理念 1. 安全と信頼によるお客様満足の追求
2. 変化とスピードによるビジネスの推進
3. 人を活かし人を育てる
系列 トヨタグループ
株主構成 ■トヨタ自動車(株) 99.98%
■その他       0.02%
事業所 ■航空事業本社/東京(江東区)
■空間事業本社/埼玉(川越市)
▼支社/札幌、仙台、新潟、東京、埼玉、名古屋、大阪、福岡
▼運航所・基地/全国16カ所
▼支店・営業所/全国33カ所
主な免許・認証 【航空事業関係】
航空機使用事業免許、不定期航空運送事業免許、航空(国際)運送事業許可、航空機整備検査事業場認定(国土交通省)、航空機整備改造事業場認定(国土交通省)、装備品修理改造事業場認定(国土交通省)、回転翼航空機修理事業認可(国土交通省)、回転翼航空機用トランスミッション修理事業認可(経済産業省)、回転翼航空機修理事業認可(経済産業省)、金属製回転翼修理事業認可(経済産業省)、無線局認定点検事業者認定(第一種点検事業)(総務省)等

【空間情報事業関係】
測量業者登録、補償コンサルタント登録、建設コンサルタント登録、地質調査業者登録、一級建築士事務所、不動産鑑定業者登録、ISO9001(品質)認定機関/UKAS (英国貿易産業省の外郭団体)、ISO14001(環境)認定機関/UKAS (英国貿易産業省の外郭団体)、プライバシーマーク使用事業者認定、ISO27001(ISMS)認定機関/UKAS (英国貿易産業省の外郭団体)、ISO55001(アセット))認定機関/ソコテック・サーティフィケーション・ジャパン 等
認定・表彰受賞 ◆健康経営優良法人2020(大規模法人部門)認定
◆次世代認定マークくるみん
◆がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰(奨励賞)
◆埼玉県あったか子育て企業賞(奨励賞)
◆埼玉県多様な働き方実践企業(ゴールド認定)
◆埼玉県障害者雇用優良事業所
◆がんアライ宣言・アワード2019(ゴールド受賞)
朝日航洋グループ構成会社 ◆朝日航洋(株)
◆朝日ヘリコプター(株)
◆朝日航空(株)
◆セントラルヘリコプターサービス(株)
◆(株)北海道朝日航洋
◆(株)北日本朝日航洋
◆(株)タス
(グループ計7社)
沿革
  • 1955年
    • 朝日航空(株)創立(1956年朝日ヘリコプター(株)に社名を改称)
  • 1957年
    • 黒部ダム建設支援(建設物資輸送・人員輸送)
  • 1960年
    • 東洋航空事業(株)創立
  • 1964年
    • 富士山頂の気象観測用レーダードームの空輸成功
  • 1968年
    • インドネシア石油開発の支援飛行で業界初の海外進出
  • 1972年
    • 東京都営ヘリポートに東京基地開設
  • 1975年
    • ヘリコプター2機をバングラデシュに派遣、ベンガル湾石油に協力
  • 1982年
    • 朝日ヘリコプター(株)と東洋航空事業(株)合併、「朝日航洋(株)」として新発足
  • 1983年
    • 青函トンネルの渡海測量及び長距離海底トンネル測量の実施
  • 1989年
    • 第31次・南極観測隊支援飛行
  • 1996年
    • 長崎県普賢岳の緑化作業委託
  • 1997年
    • トヨタ自動車(株)グループ傘下へ
  • 1998年
    • ALMAPS(空中レーザー計測システム )事業開始
  • 1999年
    • 小型機による国際チャーター事業認可取得
  • 2000年
    • ドクターヘリの試行的事業開始
  • 2004年
    • 新潟県中越地震救援物資輸送、報道取材・レーザー計測実施
  • 2007年
    • 新潟県中越沖地震 斜め写真撮影・レーザ計測実施
  • 2008年
    • 岩手・宮城内陸地震 斜め写真撮影・レーザ計測実施
  • 2011年
    • 東日本大震災 救援物資輸送・報道取材・斜め写真撮影実施
  • 2014年
    • 東南アジアにもアクセス可能な日本籍ビジネスジェット機(C680)を本邦初就航
  • 2016年
    • 次世代認定マークくるみん認証取得
  • 2016年
    • 熊本地震復興支援
      (物資輸送・人員輸送・航空写真撮影)
  • 2017年
    • ヘリ専用の飛行訓練装置(Flight Training Device)を導入
  • 2018年
    • 高性能のドローンレーザを導入
      「8K」動画技術を道路インフラ点検に活用
  • 2020年
    • 健康経営優良法人2020(大規模法人部門)に認定
      7月九州南部大雨による被災地の航空写真撮影実施

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 14.9年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 17.0時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.0日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 - - -
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 13名 8名 21名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 3.2%
      (190名中6名)
    • 2020年度

取材情報

「航空」と「空間情報」。それぞれのフィールドの最先端で活躍する若手社員たち
経験を積み重ねることで、夢がどんどん大きくなる!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 ■朝日航洋 採用窓口(代表)
 〒350-1165
 埼玉県川越市南台3-14-4
 人事部人事企画グループ
 採用担当/木村・田邊・澤田
 TEL:049-238-6288
 FAX:049-244-4044
URL ●朝日航洋 採用ホームページ
 https://www.aeroasahi.co.jp/recruit/
E-mail ■朝日航洋 採用専用メールアドレス
 jinji@aeroasahi.co.jp
交通機関 ■朝日航洋 採用窓口(人事部)
  西武新宿線 南大塚駅徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp74454/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
朝日航洋(株)【トヨタグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ