最終更新日:2021/9/25

(株)くすりのマルト

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 調剤薬局
  • ドラッグストア

基本情報

本社
福島県
資本金
1,000万円
売上高
132億円(2020年3月実績)
従業員
325名 (2020年3月実績)
募集人数
11~15名

地域医療で薬剤師として一緒に活躍してみませんか?

  • 積極的に受付中

対面・web形式での会社説明会開催中!! (2021/06/19更新)

PHOTO

はじめまして、くすりのマルト薬剤師採用担当です。
当社のページをご覧いただきありがとうございます。

当社では対面の店舗見学はもちろん、WEBでの会社説明会も実施しています!
皆さんが参加しやすい方に参加して頂ければと思います。

どちらも少人数での開催の為、お気軽に質問ができます。
皆様のご参加をお持ちしております!




キーワード
調剤薬局、ドラッグ併設、地域密着、健康サポート、認定薬剤師、
地域密着、学校薬剤師、在宅医療、かかりつけ薬剤師、かかりつけ薬局

会社紹介記事

PHOTO
プラス発想でものごとに取り組むという、くすりのマルト。仕事でミスしてしまった場合でも、単に落ち込むだけでなく、次に間違えないよう前向きに受け止めているそうです。
PHOTO
医療安全の確保や業務効率の向上を図り、店舗には多様な機器を導入。電子薬歴システム、薬剤自動照合識別システム、調剤監査システムなどを駆使することも大切な業務です。

患者様に安心して服用していただくため、症状や性格の違いに配慮しながら薬を説明。

PHOTO

週休2日で働いているという九頭見さん。休日には趣味の釣りやバイクを楽しんでいます。休日にしっかりリフレッシュできているからこそ、集中して働けるのだとか。

くすりのマルト調剤薬局鳥居店で働き、主な業務として調剤や患者様への対応などに取り組んでいます。
調剤については処方箋を読み込み、間違えないよう確認を徹底しています。万が一ミスした場合はフォローするだけでなく、なぜ起きたのか原因を追究。小さな間違いだからといって見過ごさず、大きな間違いにもつながる事例として注意しています。
患者様への対応では主に処方内容について伝えていますが、安心して服用していただくことを意識して説明。一人ひとりに対して分かりやすく伝えようと、症状や性格の違いに配慮しながら話し方を工夫しています。
薬局で働こうと考えたのは、大学時代の実習がきっかけでした。もともと東京で就職しようと考えて大学を選んだのですが、薬局実習でお世話になったところが雰囲気のいい職場だったため「地域住民と触れ合える薬局で働きたい」と考えるようになったんです。その流れで「せっかく薬局で働くなら自分が育った地元に貢献したい」と思うようになり、地元の当社へ入りました。病院実習も経験しましたが、病院によって患者様とのやり取りが限られる場合もあります。その点薬局では患者様への対応が多く、日によっては時間をかけて話すことも可能。実習や就職活動などを通して「自分は患者様と触れ合うことが好きなんだ」と気付けたこともあって、薬局を志望することにしたんです。
入社後は新人研修に参加しましたが、充実した内容で丁寧に進められていると感じました。月1回ペースで行われるのですが、回ごとに目標が設定され、できていることもできていないことも共有していただけます。内容としては調剤報酬のほか、保険など店舗業務では分からないことも学習。他店舗でしか行われていない業務なども共有されています。研修では先輩薬剤師に指導していただきますが、一人ひとりに合わせて教えていただけています。指導を通じ、先輩方の経験の豊かさや知識の深さも実感できました。
働き始めてから気付いたのですが、当社はプラス発想を大切にする職場です。知らないことでも前向きにとらえ、取り組んだり乗り越えたりする方が周囲にたくさんいらっしゃいます。
特に最近では、新型コロナウイルス感染拡大にともなって暮らしや働き方が変わってきました。社内では協力してその状況に対応していこうという雰囲気を感じます。
(九頭見勇利/くすりのマルト調剤薬局鳥居店・2020年入社)

会社データ

プロフィール

 当社は、地域に密着した調剤薬局・ドラッグストアのチェーン展開をしています。福島県いわき市を中心に、現在、茨城県へも店舗展開をしています。設立以来、無借金経営で毎年売上げも伸びています。安定した経営で、社員教育や職場環境の整備に力を注いでいます。
 これからの地域医療は、「病院」とか「調剤薬局」という狭い「箱の中」で捉えられるものではなくなります。治療、予防(セルフメディケーションの推進)、QOL(生活の質)の改善、介護、インナービューティ(内側からの美しさ)など生活者一人ひとりの健康状態に合わせて我々専門家がアドバイスをしなければならない時代がもうすぐそこまで来ています。
 グループ企業であるショッピングセンターと連携して、そこに病院や調剤、ドラッグストア、スーパーマーケットを融合させた「マルト健康の森」を展開中です。広域的な地域医療の先駆者としてますます期待されている企業です。

事業内容
調剤薬局事業
ドラッグストア事業
本社郵便番号 979-0195
本社所在地 福島県市いわき勿来町窪田十条3-1
本社電話番号 0246-65-1518(代)
設立 1983年5月
資本金 1,000万円
従業員 325名 (2020年3月実績)
売上高 132億円(2020年3月実績)
事業所 ・調剤薬局22店舗
(福島県いわき市内17店舗、茨城県北茨城市2店舗、茨城県日立市2店舗、ひたちなか市1店舗)

・ドラッグストア32店舗
(福島県いわき市22店舗、茨城県北茨城市1店舗、茨城県日立市6店舗、
 茨城県那珂市1店舗、茨城県水戸市1店舗、茨城県ひたちなか市1店舗)

・リハビリステーション3店舗(いわき市内3店舗)
グループ企業 (株)マルト
関連会社 (株)マルトホールディングス
(株)マルト商事
(株)マルト
(株)マルト丸光
(株)ファミリー
(株)ハロー
勤務地 福島県・茨城県
沿革
  • 1983年 5月
    • マルト薬品部より独立、(株)くすりのマルト設立
  • 1994年 7月
    • ノンフード事業を取り入れた第一号店としてパワードラッグ中岡店を開店
  • 1995年 1月
    • 調剤薬局事業開始(調剤薬局君ヶ塚店開店)
  • 1996年10月
    • 茨城県進出(パワードラッグ千石店開店)
  • 2005年 7月
    • 調剤併設ドラッグ第一号店としてくすりのマルト玉川店開店
  • 2018年 3月
    • 調剤薬局21店舗、ドラッグストア32店舗

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.9年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 6日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 5名 0名 5名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 5名 0名 5名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 12.0%
      (208名中25名)
    • 2019年度

    役員25% 管理職15%

取材情報

調剤薬局などで構成する健康拠点を展開し、地域に密着しながら医療と暮らしを支える。
人づくりを第一に掲げ、新人研修や従業員教育などの制度を整備。
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒979-0195
福島県いわき市勿来町窪田十条3-1

(株)くすりのマルト本部
総務部 吉田
TEL:0246-65-1518(代)
URL http://www.drug-maruto.co.jp/
E-mail nor.yoshida@maruto-gp.co.jp
交通機関 常磐自動車道勿来ICから車で5分
JR常磐線勿来駅下車、徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp74788/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)くすりのマルトと業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ