最終更新日:2021/6/20

(株)マツモト

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • スーパーマーケット
  • 専門店(食品・日用品)

基本情報

本社
京都府
資本金
9,800万円
売上高
535億円(2020年2月決算)
従業員
正社員:453名(男366、女87) パート・アルバイト:2,347名  ※2020年10月現在
募集人数
26~30名

京都発祥!22期連続増収!京都で食品売上トップクラスのスーパーマーケットです!

  • 積極的に受付中

【新型コロナウイルスへの対応】セミナー画面に詳細を記載しております (2021/06/07更新)

PHOTO

みなさん こんにちは 

☆私たちは京都市内を中心に24店舗のスーパーマーケットを営業しています。
☆スローガンは「食を通して京都に貢献したい」。
☆22期連続増収の元気な企業です。
☆接客技術にも高い評価をいただいています。

以下のホームページもぜひご覧ください。元気な先輩社員が登場します。
http://www.super-matsumoto.co.jp/saiyou/index.html

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
マツモトの1店舗当たりの売上高は業界トップクラス。自由裁量のなかで自分の意見やアイデアを活かし、若い社員たちもスケール感の大きな仕事にチャレンジしています!
PHOTO
店舗の入り口に位置する青果コーナーには、旬の新鮮な野菜や果物がズラリ。お客様が手に取りやすいよう低い位置に商品を並べ、市場のような盛況感を演出しています。

地域密着型店舗で成長を重ね、自分のやりたいことに挑戦しています!

PHOTO

「マツモトの強みは、地域のニーズに合った品ぞろえや営業展開を行っていること。自分の意見を店づくりに活かし、お客様に支持されるやりがいを実感できます」と大橋店長。

スーパー業界のなかでマツモトを選んだのは、地元企業なら地元をよく知っている強みもあり意見にも説得力が増し、やりたいことに挑戦できると思ったからです。日配部門のチーフから副店長、店長へとキャリアを積んでいくなか、常に自分らしい店づくりを実践してきました。

【お客様が手に取りたくなる売り場づくりを】
入社後6年間は、日配部門を担当しました。牛乳や豆腐、練り物、パンなど日々の食卓でおなじみのものから、年越しそばやおせちなどの季節商品まで多種多様。秋祭りで販売するマツモト名物の鯖寿司は1日に200本以上売れる人気商品で「京都ならではの食」も扱っています。
毎日店舗に配送される日配品は、賞味期限が短いため、鮮度と発注管理を徹底し、常に新鮮な商品をお届けすることが基本になります。さらにお客様が思わず手に取りたくなる、見て楽しい売り場づくりを意識。店舗により顧客層や売れ筋が異なるため、日々のデータをチェックして商品構成を考え、常にブラッシュアップしながら地域のニーズに合った店舗をつくってきました。

【やる気を高め、誰もが楽しく働ける職場に】
私は「楽しく働ける職場づくり」にこだわり、スタッフのモチベーションを高めることで、お客様の満足や売り上げアップにつなげています。例えば、マツモトでは毎週木曜日に『パンの日』と称して全商品を3割引で販売していますが、ベテランのパートさんには商品の選定と発注を一任。実績を上げたときは一緒に喜び、さらに仕事と役割を増やして成長を支援してきました。
店長になり、新しい店舗に異動になった際には、スタッフやお客様への挨拶を率先し、明るい店づくりを推進。一人ひとりの表情を見ながら体調やメンタルにも配慮し、それぞれに合ったコミュニケーションを心がけました。今はみんなが楽しく、やりがいを持って働いている様子を目にしたときが、最もやりがいを感じる瞬間。「店長と仕事ができてよかった」という部門チーフの言葉は、本当に嬉しかったですね。

求めるのは明るくて元気に活躍でき、商売や食べることが好きな人です。私自身、休日になると京都や大阪の飲食店に出かけ、美味しいものを食べたり、人との出会いを楽しみながら仕事に活かしています。若いみなさんの発想やアイデアを聞きながら日々、いろんなことに挑戦していきたいと思っています。
(大橋 慎司/桂川店 店長/2008年入社)

会社データ

プロフィール

■マツモトとは
京都を中心に24店舗展開している食品スーパーマーケットです。1951年の創業以来、当社の社是【商道一筋】【正直一途】【誠心こめて】をつらぬき、地域のお客様に愛されるお店づくりをすすめています。
マツモトではこれからも「京都のスーパーとして、京都の食文化を守り育てていきたい」という思いのもと、【地域密着の店舗づくり】、京都の人に京都の商品をお届けする【地産地消】の取り組みをすすめています。

■マツモトは全店が地域一番店!
その理由は、
【豊富な品揃えと地域で一番安い価格】
【競合他社と優位に戦える立地】
【快適な店舗施設】
【感じの良い接客】
を会社一体でひたむきに取り組んでいます。

■「好き」「したい」をかなえるキャリアアップ
マツモトは京都でトップクラスの食品販売を行っており、22期連続で増収を続けています。
そのマツモトを支えるのは、「京都が好き」「接客が好き」「食べることが好き」など様々な「好き」をもった社員です。

またキャリアを重ねていく中で、自分の「したい」ことが見つかります。マツモトには様々なキャリアアップの仕方があり、会社は全力でサポートします。

「商品の仕入れをしたい」→バイヤー
「様々な企画を立ち上げたい」→営業企画部
「会社全体のの接客をよくしたい」→接客トレーナー
「お店のマネジメントがしたい」 →店長、ブロックマネジャー

いろんな「したい」を実現できる場所がマツモトにはあります。

事業内容
【スーパーマーケットの経営】
京都府内23店舗(京都市、向日市、長岡京市、宇治市、亀岡市、南丹市、綾部市)
大阪府内1店舗(枚方市)

PHOTO

「食を通して地域社会を豊かにする」をテーマに、地域のお客様に愛される快適なお店づくりをすすめています。

本社郵便番号 621-0817
本社所在地 京都府亀岡市西竪町61-1
本社電話番号 0771-24-3751
設立 1951年3月10日
資本金 9,800万円
従業員 正社員:453名(男366、女87)
パート・アルバイト:2,347名  ※2020年10月現在
売上高 535億円(2020年2月決算)
売上高推移 決算期      売上高(単位:百万円)
────────────────────
2009年2月    38,300  前年比
2010年2月    41,700 (8.9%増)
2011年2月    43,300 (3.8%増) 
2012年2月    44,600 (3.0%増)
2013年2月    44,700 (0.2%増)
2014年2月    45,400 (1.6%増)
2015年2月    46,000 (0.1%増)
2016年2月    48,000 (4.3%増)
2017年2月    49,300 (2.7%増)
2018年2月    51,900 (5.2%増)
2019年2月    53,400 (2.9%増)
2020年2月    53,500 (0.2%増)
事業所 本社/京都府亀岡市

店舗/24店舖(京都23、大阪1)

物流センター/1カ所
平均年齢 35.9歳
加盟団体 オール日本スーパーマーケット協会(AJS)

AJSは1店1店が強い本格的なスーパーマーケットづくりを志す情熱あふれるスーパーマーケットが結集したグループです。
互いの店舗見学や事例発表、情報交換などを盛んに行っており、業界内でも非常に勉強熱心なグループです。
取引銀行 京都銀行、三菱東京UFJ銀行、等
沿革
  • 1751年
    • 丹波亀山藩城下にて屋号「横田屋」として商家を創設
  • 1951年
    • 食品問屋として(株)マツモトを設立
  • 1955年
    • 京都府下初のセルフサービス店として紺屋町店を開設
  • 1961年
    • スーパーマーケット第1号店として安町店を開設
  • 1979年
    • 本部ビル完成。6号店中央店を開設
  • 1984年
    • 大井店を開設
  • 1994年
    • 新そのべ店を開設
  • 1997年
    • 京都北部地域の綾部市に進出。あやべ店を開設
  • 1998年
    • 亀岡市内に千代川店を開設
  • 1999年
    • 京都市内に進出、京都市内第1号店として上桂店を開設
  • 2000年
    • 京都市内2号店、大原野店を開設
      亀岡市内に、荒塚店を開設
  • 2002年
    • 京都市内3号店、伏見店を開設
  • 2004年
    • WEB発注システム完成
  • 2005年
    • 京都市内4号店、五条店を開設
      向日市内に進出 向日店を開設
  • 2007年
    • 新商品分析システム導入
  • 2008年
    • 新発注システム導入
  • 2009年
    • 京都市内5号店 新丸太町店を開設
  • 2010年
    • 京都市内6号店 洛南店を開設
  • 2011年
    • 京都市内7号店 西小路御池店を開設
  • 2012年
    • 京都市内8号店 桂東店を開設
  • 2015年
    • 京都市内9号店 北山店を開設
  • 2016年
    • 長岡京市内に進出、長岡京店を開設
  • 2017年
    • 宇治市内に進出、宇治西店を開設
      大阪府に進出、大阪府第1号店としてくずは北店を開設
  • 2018年
    • 宇治市内2号店、宇治小倉店を開設
  • 2019年
    • 京都市内10号店、桂川店を開設

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.1年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 15時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 6.4日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 4名 18名 22名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 4名 0名 4名
    2020年度

取材情報

お客様に親しまれる地域密着型スーパーは、社員に優しく、やりがいを実感できる職場
2020年同期入社の座談会。会社・仕事・社風のすべてを語ります!
PHOTO

先輩情報

地元京都に恩返ししたい!
森尾 将也
2017年入社
京都橘大学
現代マネジメント学科
うまほり店
グロサリー部門
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒621-0817
京都府亀岡市西竪町61-1
本部人事部/和田、高岡、阿部、小宮
TEL:0771-24-3751(代)
URL http://www.super-matsumoto.co.jp/
E-mail jinji_a@super-matsumoto.co.jp
交通機関 JR嵯峨野線「亀岡」駅下車、徒歩15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp7568/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)マツモトと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)マツモトを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ