最終更新日:2021/5/6

(株)壽屋 (KOTOBUKIYA CO., LTD.)【東証JASDAQ上場】

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • ゲーム・玩具・アミューズメント製品
  • 専門店(その他小売)

基本情報

本社
東京都
PHOTO

「当たり前ができる」が一番大切

R・H
2020年入社
大東文化大学
文学部 英米文学科
営業グループ 国内営業チーム

仕事をするうえで心がけていること

アイデアを人と共有することです。
私は現在営業グループに所属していますが、営業に関わることは勿論のこと、製品についてのアイデアも思いついて纏めたらとにかく近しい人間に共有するようにしています。

私はまだ入社一年目で「自分のアイデアなんて共有したら生意気じゃないかな…」と思うことも多々ありますが、積極的に共有することにより仕事に対する「意欲」を示すことが出来、時には自分のアイデアを取り込んだ企画を先輩方が設計してくださり、それに携わる事もできます。
勿論すべてのアイデアが採用されるわけではありませんが、「出す」・「纏める」・「伝える」という工程自体に自分を成長させられる経験値が非常に詰まっていると実感しています。

どんなに良いアイデアを思いついても人と共有しなければ、一生自分の中だけでとどまってしまいます。それは非常に勿体ないことだと私は思うので、積極的に共有することにしています。


学生時代に一番力を入れたこと

バンド活動に注力していました。
大学2年生~卒業までひとつのバンドのリーダーとして「有名になりたい」という一心で活動し続けていました。
バンド自体は広い目で見ると大きな成功は無かったかもしれませんが、私個人で言えば普通に大学生活を送っていたら経験できなかったようなことを沢山経験することができました。
この活動を通して「チームで動いているという意識を持つことの大切さ」と「戦略の立て方・重要性」を主に学ぶことができ、この二つは現在とても役に立っています。


この会社で活かせている自分の強み

「積極性」と「コミュニケーション能力」は非常に活かせていると思います。
どんな仕事も積極的に取り組むことで自分も成長することができるし、先輩方から信頼してもらえるようになりました。
また、コミュニケーション能力は「話すこと」は勿論、「相手が何を伝えたいのか理解する」という部分が最も仕事に活かせている部分だと思います。
二つともごく当たり前なことですが、「人として当たり前なことができる」というのは立派な強みだと考えています。

人より卓越した才能があればもちろんその部分では頼られるかもしれませんが、それ以外何もできなければ「一緒に仕事がしたい」と思われる人間にはなれないと思います。
それは集団の中では致命的なことです。
最も大切なことは当たり前のことを100%確実にこなせるということと、自分自身が一人の人間として信頼される行動をとる事だと私は仕事を通して感じています。


学生へのメッセージ

就職活動で一番大切なのは「何個内定が取れたか」ではなく「納得のいく企業から内定がもらえたか」です。
仕事というのは、期間でいうと人生の半分以上を費やすものです。
その長い期間を「やりがいのある仕事をして、豊かな生活をおくる」のか、「お金を稼ぐためだけに仕事を続けていく」のかは今に大きくかかっていると思います。

上手くいかないこともあり大変だと思いますが、芯を強く持って納得のできる就職活動を行ってください。応援しています。


トップへ