最終更新日:2020/10/15

アルフレッサ(株)

業種

  • 商社(薬品・化粧品)
  • 商社(精密・医療機器)
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
資本金
40億円
売上高
2兆1,156億円(アルフレッサ(株) 2019年3月期)
従業員
6,473名(アルフレッサ(株) 2019年3月31日現在)
  • 業種 商社(薬品・化粧品)、商社(精密・医療機器)、専門コンサルティング
  • 本社 東京都
  • 資本金 40億円
  • 売上高 2兆1,156億円(アルフレッサ(株) 2019年3月期)
  • 従業員 6,473名(アルフレッサ(株) 2019年3月31日現在)

充実した日本の医療…その裏に「医薬品、医療機器の専門商社・アルフレッサ」あり。

会社紹介記事

PHOTO
営業車に資料を積んで会社を出発。お客様のもとへ車を走らせる。車内では資料のチェックなども行い、限られた時間を有効活用する。
PHOTO
営業職は直接患者様と関わることは少ないですが、地域ごとの医療をしっかりと支えており、陰ながら貢献しております。

“生命関連商品”を必要な場所へ。医療現場の“当たり前”を作るのは、私たちです。

医療業界は今、変革期にあります。ほぼすべての製薬メーカーの医薬品をフルラインで扱っているアルフレッサの役割は、必要な医薬品が必要な場所に、いつでも当たり前にある日常を作り出すこと。全国には189の支店があり、国内の各地域を毛細血管のようにMSの営業網がつないでいます。こうした卸商社のこれまでの役割は、メーカーの販売代行事業のような側面がありました。しかし、超高齢化社会が到来し、“地域包括ケアシステム”の仕組みがより強化される今後は、私たち医薬品卸商社もその仕組みの中で役割を果たしていかなければなりません。地域包括ケアシステムを構成するのは、在宅医療を担当する医師や看護師、地域の薬剤師、介護プランを担うケアマネジャーなど多様な専門家たちです。しかし、こうした人々すべてに日常的に関わり、営業として人と人とを繋ぐ役割を果たしているのは私たちMSなのです。

災害時を含め、常にいち早く医薬品を必要な場所へ届け、専門家たちの橋渡し役を担い、医療情報を提供する。薬局で、病院で、いつでも薬がもらえることが当たり前な社会を実現できているのは、私たちの取り組みが大いに貢献できていることの表れと言えるでしょう。
地域の特性により地域包括ケアシステムのあり方は異なりますが、どんな地域でも私たちの使命は変わりません。まだ模索中で過渡期にあるこの仕組みに対し、私たちができることは、何でしょうか。この変革期に入社するみなさんに期待することは、“考える人材”となり、地域医療をリードする存在となることです。
当社ではそんな人材になっていただくべく、万全の教育システムを整えてバックアップしていきます。必要な知識も入社後に覚えられますので、MSには文系出身者も多く活躍しています。2016年からは医療経営士の資格取得支援も開始。現在は有資格者1,450名体制に達し、各地域の地域包括ケアシステムの中で活躍できる人材を育成しています。

社風は自由闊達。若手にも仕事を任せますが、その分、失敗もあるものと考え、温かく見守ります。今後の医療業界は変化していきますから、失敗から学んだことを次のチャンスに生かせば良いのです。恵まれた環境の中で、自己実現を目指して頑張ってください。

会社データ

事業内容
医療用医薬品、医療機器、医療用検査試薬、介護用品、健康食品、一般用医薬品等の卸売販売

■必要な時に、必要な量を、必要な場所へ
アルフレッサが取り扱う商品はフルラインの品ぞろえで、お得意様や患者様の多様なニーズに即応できる体制を整えています。
また、最新鋭の物流設備を有し、万全の品質管理・セキュリティーを誇る「物流センター」を関東・名阪・九州地域に8カ所展開。
その他にも首都圏に「医薬品センター」を配置し、確実で迅速、安定的な供給を実現しています。

■情報機能で医療機関を広範にサポート
アルフレッサが展開する様々なコンテンツでお得意様経営をサポートしています。
最新の医療情報の提供や行政の動向解説、経営に関するトピックスまでを幅広く提供。その他にもオンライン受発注システムの提供やクラウド型病院向け在庫管理システムなど、お得意様の日々の活動を支援しています。

■医療機関とメーカーをつなぐ架け橋としての営業
アルフレッサでは、定期的にお得意様をご訪問し、医薬品や医療制度に関する最新の情報提供を行うと同時に、医薬品の効果や副作用、患者様の声等をお聞きして、お取引メーカーへつなぐ役割もはたしています。
お得意様が今、必要としているものは何かを素早く察知し、ニーズに合った商品・サービスを迅速かつ確実に提供・提案しています。

■コンサルティングサービス
より安定した医療機関運営を支援するため、様々な分野の専門家と連携しながら、充実したコンサルティングサービスを提供しています。
医療経営士3級の資格取得を推進しており、地域医療連携を始め、院内サービスや新規開業支援も行っています。
本社郵便番号 101-8512
本社所在地 東京都千代田区神田美土代町7番地 住友不動産神田ビル13F
本社電話番号 03-3292-8769
設立 1949(昭和24)年8月10日
資本金 40億円
従業員 6,473名(アルフレッサ(株) 2019年3月31日現在)
売上高 2兆1,156億円(アルフレッサ(株) 2019年3月期)
事業所 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木、山梨、長野、新潟、北海道、愛知、岐阜、静岡、滋賀、三重、和歌山、奈良、京都、大阪、兵庫、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島
グループ関係会社 アルフレッサホールディングス(株)(持株会社)として、
東京証券取引所一部上場

四国アルフレッサ(株)
ティーエスアルフレッサ(株)
明祥(株)
東北アルフレッサ(株)
(株)琉薬
アルフレッサ メディカルサービス(株)
アルフレッサ ヘルスケア(株)
(株)茂木薬品商会
アルフレッサファーマ(株)
アルフレッサファインケミカル(株)
青島耐絲克医材有限公司
アポロメディカルホールディングス(株)
(株)日本アポック
アルフレッサシステム(株)
平均年齢 46.6歳
主な得意先 官公立病院、大学大病院、私立病院、診療所、調剤薬局など
取引メーカー 旭化成ファーマ、アステラス製薬、アストラゼネカ、エーザイ、MSD、大塚製薬、小野薬品工業、科研製薬、キッセイ薬品工業、協和キリン、杏林製薬、グラクソ・スミスクライン、クラシエ薬品、沢井製薬、サノフィ、参天製薬、塩野義製薬、第一三共、大日本住友製薬、大鵬薬品工業、武田薬品工業、田辺三菱製薬、中外製薬、ツムラ、帝人ファーマ、テルモ、日本ベーリンガーインゲルハイム、ノバルティスファーマ、バイエル薬品、ファイザー、Meiji Seikaファルマ、ヤクルト本社、ヤンセンファーマほか 約800社 (敬称略、五十音順)
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 22.1年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 14.2時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 7.4日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 29名 87名 116名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 29名 0名 29名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 5.3%(1216名中65名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2021に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2022年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

アルフレッサ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
アルフレッサ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ