最終更新日:2021/6/23

扶桑工機(株)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 機械
  • 重電・産業用電気機器
  • その他電気・電子関連
  • 自動車・自動車部品

基本情報

本社
三重県
資本金
3,000万円
売上高
59億円(2019年12期実績)
従業員
360名
募集人数
6~10名

【当社の注目項目】デンソー・トヨタ自動車・本田技研工業がクライアント

  • My Career Box利用中

採用担当者からの伝言板 (2021/06/23更新)

PHOTO

こんにちは。扶桑工機株式会社 採用担当です。

予定しておりました説明会日程はすべて終了致しました。
たくさんの皆様からのご応募ありがとうございました。

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
本社工場(専用機)、第二東員工場(専用機)、東員工場(金型)、北勢工場(部品)の4拠点のほか、北米と中国とインドネシアに現地法人を設立。
PHOTO
1つの設備を数人の「班」でつくり上げていきます。班同士や機械と電気のチームワークはバツグン!当社では役職者に対しても「さん」付けで呼ぶのが基本です。

おしゃべりなメーカーで働こう。

PHOTO

「クルマや機械が好き、これまでの学びを活かしたい、東海エリアで活躍したいという社員が揃っています。当社なら早い段階での活躍が可能です」と長谷川さん。

扶桑工機の職場を見たら、きっと多くの人が驚くはず。

工場に一歩足を踏み入れると、いたる所から話し声が。
設計のフロアを見渡せば、あちこちで立ち話をする社員の姿が。
営業も設計も技術も、部署の垣根なく対話している。

扶桑工機は、自動車関連企業の生産設備をつくる会社。
生産設備は、オーダーメイドの一品モノ。

卓越した技術やキラリと光るアイデアを
メンバーが持ち寄り、自由に意見を出し合わなければ、
世界にひとつだけの製品をつくりあげることはできない。

ただ手を動かすだけ、パソコンと向き合うだけ。
そんな単純作業が淘汰されるこれからの時代。
機械化できない技術が必要とされる時代。

クルマづくりの垣根を支え、対話を通じて
革新を生み続けるメーカーで、ともに成長していきませんか?

会社データ

プロフィール

当社は三重県桑名市に本社があり、大手自動車関連メーカーの生産設備の設計・製作を行っています。
デンソー、トヨタ自動車とは50年以上、本田技研工業とは40年以上のおつきあいがあり、長年培ってきた技術力が認められ、今では「専用機」「金型」「部品」の3事業によるオールインワン体制を確立。デンソーに関しては8割以上の生産に、当社の専用機が用いられているほどです。

自社内で設計、加工、組付からメンテナンスまで対応できるため、開発・設計職の働き方も他社とは違います。機械設計ではお客様との打ち合わせ、構想設計・基本設計から強度計算、加工・組付の手配、据付の立会いまで生産技術的な面も含めてトータルに担当。生産設備の完成までの流れが把握しやすい環境です。
一方、電気設計に関しても設計から配線工事、調整まですべて設計者が担当。
しかも近年では設備に占める電気のウエイトが年々高まっており、新しいモノを生み出す応用力が求められる時代になってきました。

設計の各部署には「班」があり、経験が浅い技術者は部品の設計から始め、ユニット、そして全体のレイアウトへと段階を経てスキルアップをすることが可能。入社5年目あたりからは海外の据付立会いなどに出向くチャンスも得られます。
私たちがつくる設備は、お客様のニーズに合わせて提案からスタートする「引合」案件が大半で、クリエイティブな仕事が多いため、毎日が刺激的です!

事業内容
各種自動化対応設備の設計製作(自動車部品及び電気・電子部品関連)
計測解析機器の設計製作
モールド及びプレス成形精密金型の設計製作
超精密部品加工

三重県桑名市に本社があり、デンソー、トヨタ自動車などの大手メーカーとの永年にわたる取引と、その取引により培われた「技術力」「信用力」が当社の財産です。
そのため技術力の強化には特に積極的に取組んでおり、全社員の80%が国家検定取得者という技術者集団です。
「本社 専用機事業部」「東員工場 金型事業部」「北勢工場 部品事業部」の
3事業部によるオールインワン型の体制により、お客様からのあらゆるニーズに
対応できる柔軟性と総合力を発揮しているところが大きな特徴です。
「世界屈指の省力化設備メーカー」を目指し、北米と中国とインドネシアに現地法人を設立。
海外への納入も飛躍的に伸びており、グローバル企業として積極的な事業展開をしていきます。
本社郵便番号 511-8558
本社所在地 三重県桑名市大字増田500番地
本社電話番号 0594-24-5050
創業 1953(昭和28)年6月1日
資本金 3,000万円
従業員 360名
売上高 59億円(2019年12期実績)
事業所 第二東員工場:〒511-0242 三重県員弁郡東員町六把野新田1110
       TEL:0594-86-0001(代) FAX:0594-86-0022

東員工場  :〒511-0253 三重県員弁郡東員町大字筑紫字東川原36
       TEL:0594-76-0661(代) FAX:0594-76-0668
 
北勢工場  :〒511-0425 三重県いなべ市北勢町大辻新田237
       TEL:0594-72-6111(代) FAX:0594-72-6115
主な取引先 (株)デンソー
トヨタ自動車(株)
トヨタ自動車東日本(株)
トヨタ自動車九州(株)
トヨタ車体(株)
トヨタ紡織(株)
本田技研工業(株)
(株)ニコン
(株)東京精密
(株)神戸製鋼所
三菱重工業(株)
代表者 代表取締役社長 服部 岳
海外法人 中国:天津扶桑精密机械有限公司
北米:FUSO U.S.A., INC.
インドネシア:PT.FUSO MACHINE WORKS INDONESIA
経営理念 1.お客様を大切にする会社づくり
  全社員の一人ひとりが、お客様と「こころ」で接する爽やかな企業
2.創造(技術)と伝承(技能)によるホットな会社づくり
  お客様のいかなる要望にも、ハイレベルの技術・技能で
  対応し得る明日ある企業
3.人間性豊かな会社づくり
  ハード・ソフトの両面から、人間性豊かで安全な職場生活を創造する企業
4.地域から愛される会社づくり
  地域文化の発展・活性化に寄与し、地域と共に前進する企業
5.環境保護に貢献する会社づくり
  人と地球にやさしいモノづくりで、環境保護に貢献するとともに
  地域社会への積極的な環境活動を実践する企業
公式HP http://www.fusokoki.co.jp/
沿革
  • 1953年
    • 三重県桑名市外堀にて会社創立
  • 1956年
    • 当社専用機第1号ファインボーリングマシン完成
  • 1957年
    • 専用機、精密金型の製作開始
  • 1961年
    • 現在地に移転
  • 1963年
    • 日本電装(株)と取引開始
  • 1968年
    • トヨタ自動車工業(株)と取引開始
      資本金1,000万円に増資
  • 1975年
    • 本田技研工業(株)と取引開始
  • 1976年
    • モールド成形精密金型の設計製作を開始
  • 1982年
    • ソニー稲沢(株)と取引開始
      部品加工専門工場を員弁郡北勢町に完成(北勢工場)
  • 1987年
    • 金型CAD導入
  • 1988年
    • 富士機械製造(株)と取引開始
      専用機CAD導入
  • 1991年
    • 金型工場(D.D.F)を員弁郡東員町に完成(東員工場)
  • 1992年
    • 本社・本社工場新装
  • 1996年
    • 本社工場LANシステム完成
      グループウェア(ノーツ)導入
  • 1997年
    • 北勢工場にCAD/CAMシステム導入
      全社ネットワーク(WAN)完成
  • 1998年
    • 実装プロセステクノロジー展にプリント基板の新型異形部品
      実装機を出展
  • 1999年
    • 品質システム国際規格「ISO9001」の認証取得
  • 2000年
    • (株)ニコンと取引開始
      (株)東京精密と取引開始
      環境マネジメントシステム国際規格「ISO14001」の認証取得
  • 2001年
    • 北勢工場に精密部品加工工場を増設
  • 2003年
    • 中国に天津扶桑精密机械有限公司設立
      北米にFUSO U.S.A., INC.設立
  • 2004年
    • 労働安全衛生マネジメントシステム「OSHMS」の認証取得
  • 2005年
    • 東員工場に大型金型製作工場を増設
  • 2008年
    • 専用機組立工場を員弁郡東員町に完成(第二東員工場)
  • 2015年
    • インドネシアにPT. FUSO MACHINE WORKS INDONESIA設立
      第二東員工場に専用機組立工場を増設

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 13日
    2020年度

先輩情報

時間をかけて完成させる達成感
H . I
2015年入社
大同大学
工学部 総合機械工学科
専用機事業部 生産部 生産グループ
機械組付け
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒511-8558
三重県桑名市大字増田500番地
TEL:0594-24-5050
FAX:0594-21-9394
担当/総務部 総務グループ 長谷川、近藤
URL http://www.fusokoki.co.jp/
E-mail thasegawa@fusokoki.co.jp
ykondo@fusokoki.co.jp
交通機関 三岐鉄道 北勢線 蓮花寺駅または在良駅より徒歩7分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp80149/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
扶桑工機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ