最終更新日:2020/6/5

(株)サンコー

業種

  • 日用品・生活関連機器

基本情報

本社
和歌山県
資本金
9,500万円
売上高
29億円(2019年3月現在)
従業員
サンコーグループ合計115名(男:52名 女:63名)(2019年12月現在)
  • 業種 日用品・生活関連機器
  • 本社 和歌山県
  • 資本金 9,500万円
  • 売上高 29億円(2019年3月現在)
  • 従業員 サンコーグループ合計115名(男:52名 女:63名)(2019年12月現在)

「人の心に貯金する」の理念のもと、メイド・イン・ジャパンの商品で、お客様の生活を豊かにしたいと願うメーカーです。

会社紹介記事

PHOTO
仕事のスキルだけでなく、人としてのあり方、生き方も追求しようという考えのもと、若手も自己研鑽を続けています。社歴が浅くても、大きな仕事を任されるチャンスは大!
PHOTO
本社ショールームでは、『おくだけ吸着』シリーズを中心に、キッチン・トイレ・バス・リビング向けの主力製品を紹介。ペットやスポーツ分野でも注目が集まっています。

商品のよさをどう伝える?あの手この手で奮闘しています。

PHOTO

やると決めたらまず1年、次は3年、5年とやってみる。そうすれば必ず道が開けます(西山さん)、若手でも幅広く経験できる。ものすごくやりがいのある会社です(吉川さん)

◆ペット部門の売上を7倍に拡大!【西山 佳孝/2016年入社】

私の経歴はちょっと変わっています。アルテリーヴォ和歌山というサッカーチームで8年間プレー後、将来のことを考えてサンコーに入社。仕事の能力より、一人の人間として私のことを見てくれる姿勢に惹かれました。

入社1年後に任されたのがペット用品。営業、商品について何も知らないところからのスタートでしたが、ペット用品の売上を2年で約7倍にまで拡大!「どんな秘策を使ったのか?」と思われますか?実は特別なことはしてないんですよ。ホームセンターのバイヤーさんと商談を繰り返す中で、ライバルメーカーのことやエンドユーザーの要望など、少しずつ情報を集めては提供する。これの繰り返しです。

ホームセンターで実施したテスト展開が成功したときは、「すごいね」とバイヤーさんが感動してくれました。そして、サンコーペット部という新たな部門が誕生し、ペット用品をさらに拡充していくことになったのです。

ポジティブ思考、モチベーションの上げ方など、サッカーで学んだことは仕事に活かせています。仕事と人生はつながっていますね。会社の目標は売上高30億円。営業として、この目標達成に貢献したいです。

◆爆発ヒットで新商品が表紙に【吉川 祥/2015年入社】

モノづくりの会社で働きたいと思い、サンコーに入社しました。開発担当ではありませんが、今の仕事は自分で考えたことを形にするという意味ではクリエティブ。モノづくりにも通じるところがあります。

私が担当しているのは、通販カタログに掲載する商品写真の撮影と、新しく出店した大手ショッピングサイトの店長業務。撮影は新商品が発売となる7月、11月に合わせて行います。見せ方一つで売上が変わるのでプレッシャーもありますが、成果が出るとうれしい。「おくだけ吸着」のマットを「ゆかピタキッチンマット」と紹介したところ爆発的なヒットとなり、カタログの表紙に採用していただきました。

ショッピングサイトの方は、SNSのチームと協力したコラボ企画で反響がありました。本格的な展開はこれからですが、SNSはいろいろと活用できそうです。入社時には、これほど幅広い仕事を任せてもらえるなんて思ってもいませんでした。大変だけど、やりがいもあります。自由な風土のサンコー で、自分の意見をハッキリ言いながらショッピングサイトの売上UPも目指していきます!

会社データ

事業内容

PHOTO

サンコーの商品は、日常生活のさまざまな場面で使用されています。

サンコーは生活用品のメーカーとして、毎年50アイテム以上のオリジナル商品を世に送り出している会社です。当社の成長の原動力は、独創的で斬新な商品開発力。消費者(生活者)のさまざまな声に耳を傾けて、本当に必要としている商品を企画・製造・販売しています。
私たちは、お役に立つ日用商品を、通販やネットショップ、ホームセンター、大型量販店、スーパーマーケットなどさまざまなチャネルを通じて消費者(生活者)の皆さまのもとにお届けしています。


<取り扱い商品>
※生活用品関連商品
 トイレ用品、バス用品、キッチン用品、掃除用品、室内用マットなど
※その他用品関連商品
 ベビーカー関連用品、ペット向け用品、スポーツ向け用品、シニア向け用品、 防災グッズなど


<代表的なサンコーブランド>
 おくだけ吸着シリーズ、びっくりフレッシュシリーズ
本社郵便番号 642-0022
本社所在地 和歌山県海南市大野中715
本社電話番号 073-482-5011
創業 1962年3月1日
設立 1967年4月1日
資本金 9,500万円
従業員 サンコーグループ合計115名(男:52名 女:63名)(2019年12月現在)
売上高 29億円(2019年3月現在)
事業所 東京I.O.C.(information offer center)
主な取引先 (株)カワタキコーポレーション、アマゾンジャパン合同会社、ラブリー・ペット商事(株)、コーナン商事(株)、(株)東急ハンズ、(株)千趣会、ジュピターショップチャンネル(株)、日本生活協同組合連合会
関連会社 サンコーテリア(株)
サンコーピーエム(株)
経営理念  サンコーは、経営理念「人の心に貯金する」を心のよりどころとして事業活動を行ってきました。この理念こそが、私たちが永く受け継いできた文化です。
 これからも、私たちは、他人の利益を優先できる思いやりのあるひと、他人の喜びを自分の喜びと感じられるひと、そして、他人の心に無形の資産となる信頼を築くことができるひとであり続けたいと願っています。
沿革
  • 1962年 3月
    • 角谷勝司が個人商店として和歌山県海南市阪井にて創業
  • 1962年
    • オリジナル商品「キッチンダスター」を開発
  • 1963年
    • オリジナル商品「扇風機カバー」を開発
  • 1965年
    • オリジナル商品「洋式便座カバー」を開発
  • 1966年
    • オリジナル商品「電話機カバー」を開発
  • 1967年 4月
    • (株)サンコー設立
  • 1976年
    • 東京都江戸川区に東京営業所(自社ビル)を建設
  • 1979年 4月
    • サンコーテリア(株)を設立。
  • 1992年
    • 吸着素材を使用した日本初の商品「おくだけベンサシート」を開発
      『おくだけ吸着シリーズ』はサンコーの看板商品
      便座からキッチン、リビング、階段など家庭内や事務所内のさまざまな場所で利用されています
  • 1993年
    • ポリエステル異形断面糸を使用した日本初の商品「びっくりフレッシュ」を開発
      スポーツやペット、介護などさまざまな場面で『びっくりフレッシュシリーズ』は利用され、『おくだけ吸着シリーズ』にならぶ看板商品に成長
  • 1998年 4月
    • 現在地に本社移転
  • 2006年 6月
    • 東京営業所を「東京I.O.C.(information offer center)」開設
  • 2008年 7月
    • サンコーピーエム(株)を設立
  • 2009年 4月
    • 角谷太基が代表取締役社長に就任
  • 2014年 1月
    • 独身寮完成(海南市阪井)
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 11年
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 2名 0名 2名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 2名 0名 2名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2021に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2022年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)サンコーと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)サンコーを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ