最終更新日:2021/5/11

(株)両毛システムズ

  • 正社員
  • 上場企業

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • 受託開発

基本情報

本社
群馬県
資本金
19億6,690万円
売上高
158億4,600万円(2020年3月期連結)
従業員
1,222名
募集人数
26~30名

”ICTという世の中に欠かせない仕組み”によって、お客様に”わくわく感を提供し、関わる全ての人々の生活を豊かに、そして社会に役立つ、それが私たちのミッションです。

「新型コロナウイルスへの対応」自社説明会の開催について (2021/02/15更新)

PHOTO

みなさん、こんにちは!両毛システムズ採用担当です!

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、学生の皆さんと当グループ社員の健康や安全確保のため、
感染拡大リスクの低減対策として、当面の間はWeb会社説明会の実施となります。
また、面接につきましてもWebでの対応となります。
学生の皆さんにはご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願いします。

会社紹介記事

PHOTO
SEとしてのスキルも必要ですが、コミュニケーション能力や積極性も大切です。
PHOTO
両毛システムズはお客様をわくわくさせるビジネスに積極的に挑戦し、それにより社員自身もわくわくすることを大切に考えております。

10種類に及ぶ幅広い事業展開が魅力!!

PHOTO

地域の計算センターとして、社会貢献目的で設立された会社です。ガスや自治体の事業をはじめ、近年では組込事業やERP事業といった新規事業に着手しております。

自治体、組込、エネルギー、水道、医療、流通、製造、ERP、文教、ITサービスの10種類の事業を展開しています。

自治体事業では、日本で最高レベルの次世代システムの開発を手がけていたり、ガス事業においてはシェア国内トップクラスをさらに推し進める事業展開を図っています。

両毛システムズなればこそのユニークな事業展開が、弊社の特徴のひとつです!

会社データ

プロフィール

両毛システムズとは
両毛システムズは1970年に「地域貢献」を目的に設立されました。
当時は非常に高価であったコンピュータを業務に利用していただき、地域の企業様のお役に立つこと、それが出発点でした。その後、コンピュータ技術やネットワーク技術の進化に伴って製品やサービスの形が大きく変化し、またお客様が全国に広がった現在でもこのDNAは引き継がれています。お客様のニーズや期待の変化に応え、技術の変化にも対応しながら、その時代のベストなソリューションをご提供することで、地域社会やお客様に貢献しています。

本社は群馬県桐生市、コンピュータシステムを中心とした様々な製品・サービスを提供している企業です。群馬県内にある情報サービス企業の中では、売上高、従業員数も最大規模となっています。群馬県、栃木県を中心とする地場の産業と関連する仕事を中心に、首都圏から程よく離れた地域に位置するため首都圏地域の仕事や全国にまたがる仕事にも恵まれこれまで成長して来ました。

親会社であるミツバを中心とするミツバグループの中での情報関連事業の中心的役割を担っており、情報関連企業【(株)両毛インターネットデータセンター、(株)両毛ビジネスサポート、RYOMO VIETNAM SOLUTIONS CO.,LTD. 、Ryomo Philippines Information Corporation】と連携しながら、ユビキタス社会の実現の一翼を担ってまいります。

   【経営理念】

わくわく感を大切にするRSは
進化発展を追求する組織を支援し
相互理解と信頼に基づく
調和の取れた社会を実現します

わくわく感を大切にするRSは
様々な情報のやりとりに関する
あらゆる仕組みによって
よりよいリレーションを創造します

   【行動理念】

お客様の笑顔を創造しよう
今日とは違う明日を創造しよう
新たな期待を創造しよう

経営理念にある「わくわく感を大切にする」という言葉は、
私たちがお客様からの依頼に対して、期待以上の仕事をすることで、
お客様に「わくわく」していただき、そのような仕事ができた私たち自身も
「わくわく」する。そんな会社・社員でありたい、ということを意味しています。
この「わくわく感」はすべてのステークホルダーと共有していきたいと考えています。
「わくわく感」は両毛システムズの経営コンセプトを象徴する言葉なのです。

事業内容
  • 受託開発
自社開発の業務パッケージの販売、各種コンサルティングサービス、受託ソフトウェア開発、ソリューション製品およびIT機器の販売・導入、保守サービス、運用代行サービス、ヘルプデスクサービスなど、ITに関わるすべてのステージで製品とサービスを提供させていただいております。
公共事業を始め、各事業において全国のお客様とお取引をさせていただいており、その内訳は、下記のとおりとなります。

公共事業:126団体
文教事業:48団体
水道事業:64団体
エネルギー事業:105社
製造事業(ERP・組込):260社
流通事業:41社
医療事業:1060社

PHOTO

あなたはどの事業部に興味がありますか? あなたの可能性を活かせるフィールドが弊社にあるかもしれません!!

本社郵便番号 376-8502
本社所在地 群馬県桐生市広沢町3-4025
本社電話番号 0277-40-2095
設立 1970年1月31日
資本金 19億6,690万円
従業員 1,222名
売上高 158億4,600万円(2020年3月期連結)
売上高推移 155億1,300万円(2019年3月期連結)

139億3,300万円(2018年3月期連結)

134億6,600万円(2017年3月期連結)

130億4,500万円(2016年3月期連結)

114億3,600万円(2015年3月期連結)

111億1,500万円(2014年3月期連結)

102億9,760万円(2013年3月期連結)
    
95億3,300万円(2012年3月期)
    
96億9,900万円(2011年3月期)
    
101億4,500万円(2010年3月期)
組込事業 制御系組込みソフト開発の生産性を5倍以上に高めるモデルベース開発支援

組込みソフト開発を上流から下流までモデルベース開発で支援しています。
モデルベース開発は制御系ソフト開発の生産性を5倍以上に高めます。

シミュレーションで検証結果を先取り
共通の言葉(モデル)でコミュニケーション深化・誤解の軽減
フロントローディング開発で手戻り減少
エネルギー事業向け事業 都市ガス事業者様・電力事業者様へのベストソリューション「GIOS」

設立当初から40年以上にわたり、都市ガス事業者様に特化したソリューションをパッケージ製品「GIOS」として提供しております。この豊富な経験とノウハウを製品の隅々に活かし、日本全国のガス事業者様から信頼と期待をいただいております。
製造業向け事業 トップマネジメント+ERPシステム

設立当初より培ってきた自動車産業などの製造業へのソリューション提供のノウハウを活かし、経営トップの意思が生産ライン担当までしっかり伝わるマネジメントシステムを提供しています。今後は全国の製造業に展開をし、将来的に海外進出を目指しています。

また、ものづくり(開発部門)をトータルで支援するデジタルエンジニアリングの拡販、および印刷業に特化した競争力あるERPを開発し、全国展開を計画しています。
自治体向け事業 自治体経営刷新ソリューション「G.Be_U」

Local Government (地方自治体)がUbiquitous(いつでもどこでも誰でもITを使える地域)と、Unique(唯一独特な地域社会)を実現する(Be)ためのソリューションを提供します。

Ultra次世代システム(日本最高レベルの電子自治体実現)
Ultra高効率業務システム(底引き網式Total-BPRコンサル)
組織的なホスピタリティ活動の実現支援コンサル(組織改革、人事改革)
ERP事業 弊社は自動車部品メーカーである「(株) ミツバ」の情報ドメインを担うグループ企業として
ミツバグループでの情報システムの企画・構築・導入・運用・保守を通して、製造分野における業務知識と多業種におけるシステム構築経験からお客様を支援させて頂いております。

「(株) ミツバ」グループのRe-Engineeringのベースとなったmy SAP ERP (10年以上の経験)導入を支援し、現在までに国内主要拠点 8プラント2ロジスティクスセンター及びグループ会社 国内10拠点を展開し運用サポートを行っております。

また、海外では、北米拠点を中心に会計系を導入、現在アジア圏でのロジ系展開の支援経験を活かし、より現場に近い立場からお客様の支援を実施させて頂いておりますので、ERP導入が進み難いと言われる部品系製造業の分野では、業務コンサルの立場からの支援もおこなっております。
流通コンサル事業 流通業、つまり量販店や専門店などの流通業等へのソリューションの提供を行っております。
お客様の経営ニーズ及び業務を把握し、ITへの転換、活用方法を創造、提供しています。
必要とされる「正しい情報」を「より早く」「正確」に伝えること第一に経営の活性化、見える化に貢献するソリューションを提供しています。
医療事業 医療関連分野のIT化を促進

両毛システムズでは、調剤薬局支援システムを全国の調剤薬局へ導入させていただいております!

☆調剤薬局支援システムとは…
主に処方箋に基づいて薬を処方する際に利用されるシステムですが、調剤薬局の経営全般を支援しているオールラウンドシステムです。あなたも調剤薬局で薬をもらうときに、「薬の用法・容量・薬の写真」などが記載された用紙を受け取ったことはありませんか?その用紙がまさに両毛システムズのシステムから印字されたものです!
オペレーション・サービス 基準に準拠した高品質なオペレーションとサービス

技術革新が激しい情報技術とネットワーク技術、そしてソリューションレベルの一層の向上を図るために、両毛システムズは国際基準の認証取得などにも力を注いでいます。

【これまでの取得実績】
品質保証のISO9001を日本認証機関JABおよび英国認証機関UKASより認証取得
環境マネジメントシステムISO14001を英国認証機関UKASより認定取得
情報セキュリティマネジメントシステムISO27001を認定取得

これらの国際規格に準拠した全社的で継続的な品質向上活動を通じて、
常に均一で高度なサービスを提供しています。
アウトソーシング iDC(インターネット・データセンター)を中心に24時間365日ノンストップでアウトソーシング対応

高度情報社会における真のソリューションは、アウトソーシングやe-ビジネスを含めたビジネスモデルの提案、高付加価値サービスの提供に他なりません。両毛システムズのiDC(インターネット・データセンター)は、多様な要望にお応えする地域iDCとして、行政や企業のIT戦略拠点として、ネットワーク時代に向けた品質の高いアウトソーシングサービスを提供し、業務の効率化と顧客満足の向上を追求しています。
ITサービス事業 万全のファシリティに裏打ちされた高度なセキュリティとグローバルなネットワークの提供

お客様の重要な情報資産とシステムをお預かりするRSは、ISMSを構築し、情報システムへの不正アクセスや情報資産紛失・漏洩・改ざん・破壊などの予防には万全を期しています。個人情報保護の観点から創設された「プライバシーマーク制度」認定も取得。その技術的対処(不法侵入に対する設備など)、人的対処(運営・管理技術、制度対応)、フェイルセーフ(事故発生を想定した安全対策)のレベルの高さから、行政、ガス・水道、医療といった社会基盤システムの情報流通プラットフォームとして活用されています。

まったく新しいシステムを導入したり、新旧のシステムを統合する場合、ネットワークシステムとセキュリティシステムの再構築が必要となります。RSはグローバルなSCMシステム構築を行ってきた経験と、スキルとナレッジを活用しながら、既存のレガシーネットワークシステムから最新のアーキテクチャーネットワークシステムまで幅広く対応し、お客様にとって最適なネットワークを構築しています。
事業所 本社:桐生本社(群馬県桐生市) 開発センター:宮城県仙台市、群馬県太田市
東京営業所、高崎営業所、宇都宮営業所、埼玉営業所、中部サポートセンター、西日本サポートセンター(広島)
株主構成 (株)ミツバ
(株)横浜銀行
両毛システムズ従業員持株会
(株)みずほコーポレート銀行
セコム損害保険(株)  他
関連会社 (株)ミツバ
(株)両毛ビジネスサポート
(株)両毛インターネットデータセンター
RYOMO VIETNAM SOLUTIONS CO.,LTD.
RYOMO PHILIPPINES INFORMATION CORPORATION
平均年齢 39.7歳
沿革
  • 1961年
    • (株)三ツ葉電機製作所内にて計算業務開始
  • 1970年
    • (株)両毛電子計算センター設立
  • 1972年
    • 宇都宮営業所開設
  • 1978年
    • 東京営業所開設・東京市場への進出
  • 1982年
    • 商号変更、(株)両毛システムズとなる
  • 1988年
    • 安全対策事業所として通産省(現経済産業省)より認定
  • 1989年
    • システムインテグレーターとして通産省(現経済産業省)に登録となる
  • 1995年
    • (株)サンフィールド・インターネット設立(インターネット事業に参入)
  • 1997年
    • 特定システムオペレーション企業として通産大臣より認定
  • 1998年
    • ISO9001の認証を受ける
      (株)両毛ビジネスサポート設立
      情報サービス産業協会よりプライバシーマークの認証を受ける
  • 2001年
    • ADSL運営会社ブロードバンドシティ太田を地元企業4社と設立
      ISO9001:2000の認証を受ける
  • 2002年
    • (株)両毛データセンター設立
  • 2003年
    • ISMS適合性評価制度Ver2.0の認証を受ける
  • 2004年
    • FSSVをベトナムに設立
      ISO14001の認証を受ける
  • 2006年
    • ISO27001の認証を受ける
  • 2007年
    • ISO9001:2000の認証を受ける
      ガス事業者向け新パッケージシステム「GIOS」を市場投入
      新販売管理パッケージシステム「Crassula」を市場投入
  • 2012年
    • (株)サンフィールド・インターネットと(株)両毛データセンターが合併
      社名は(株)両毛インターネットデータセンター
  • 2013年

    • (株)両毛ビジネスサポートを完全子会社化
  • 2015年
    • フィリピンにRyomo Philippines Information Corporation を設立
      JMAAB (Japan MBD Automotive Advisory Board) コアメンバーに選定
  • 2016年
    • 仙台開発センター開設
  • 2018年
    • 西日本サポートセンター開設

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15.4年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20.1時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.3日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 2名 14名 16名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 2名 1名 3名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 1.8%
      (113名中2名)
    • 2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒376-8502
群馬県桐生市広沢町3-4025
(株)両毛システムズ
総務部 人事課 採用担当
吉田(よしだ)・白石(しらいし)
TEL:0277-40-2095
FAX:0277-52-0188
URL http://www.ryomo.co.jp/
E-mail saiyo@ryomo.co.jp
交通機関 JR両毛線「桐生駅」より車15分(国道50号線沿)
東武伊勢崎線「新桐生駅」より車5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp80578/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)両毛システムズと業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ