最終更新日:2022/1/5

佐賀県農業協同組合(JAさが)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 共済

基本情報

本社
佐賀県
出資金
217億8,127万円
事業成果(2021年3月)
販売品販売・取扱高 1,003億円、購買品供給・取扱高 424億円、貯金期末残高 7,325億円、長期共済保有高 1兆8,946億円
職員数
2,212名(2021年3月末現在) 正職員 1,634名、その他職員 578名
募集人数
51~100名

佐賀県の農業の振興と地域経済の発展に貢献し、輝く未来を創造します。

WEBセミナー実施中! (2022/01/05更新)

PHOTO

こんにちは。JAさがのページをご覧いただきありがとうございます。

■JAさがWEBセミナー受付中!
 WEBでの事業説明会を実施中です!
 詳細はセミナー/説明会予約画面よりご確認ください。

■JAさがガイドブックについて
 ご希望の方には「JAさがガイドブック」を郵送します。
 セミナー/説明会予約画面よりお気軽にお申し込みください!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
2007年4月に誕生したJAさが。地域の農業を振興し、環境・文化・福祉への貢献により、人と地域に信頼されるJAをめざします。
PHOTO
未来のJAさがを担うのはこれから入組する若い世代!温かい社風のなか、若手が伸び伸びと第一線で活躍できるのもJAさがの大きな魅力です。

農業をベースに多角的な事業展開で組合員の豊かな未来を見据える

PHOTO

「地域の農業生産力を増進させ、農業に従事する方々の
経済的・社会的地位の向上に務めることが私たちの使命」

佐賀県は全国的に見ても農業が盛んな地域です。その生産規模は西日本でも大きく、県外への流通量が多いのもJAさがの特徴です。米・麦などの穀物や、玉葱・アスパラガス・ハウスみかんなどの生産が多く行われています。また、畜産では高い評価を誇る佐賀牛をはじめ、豚や鶏などのブランドを展開。香港やシンガポール、ベトナムにも輸出しています。数年前から「届けたい笑みがこぼれる佐賀の味」というスローガンを掲げ、佐賀県の農産物をより多くの消費者の方々へ届ける努力を続けています。その中で、JAさがの担う役割は幅広く、農家から生産物を集荷し消費地に提供する販売事業、肥料や飼料、農業機械等の生産資材を組合員の皆様にお届けする購買事業、栽培方法をプロの目で指導する営農指導事業を行っています。その他にも、一般でいう銀行のような役割を果たす信用事業、万が一に備える共済事業、生活関係や文化・教育活動など、実に広範囲に亘り事業を展開。農業を取り巻く環境が厳しくなる今、従来の努力に加え、さらなる流通活性をめざすために、冷凍ピラフなどの加工食品開発やカット野菜の製造などにも注力しています。今後も自己改革をテーマに、海外進出や自県産の比率向上をめざす新たな取り組みに挑戦したいと考えています。

「組織の内外へ目を向けながら、
 農業をベースに地域社会の発展を支える人へ」

JAさがの組織は多種多様に構成されており、取引先や消費者を見る外向きの部門もあれば、組合員を見る内向きの部門もあります。だからこそ求める人物像は一つの要素に偏りません。ただ一つ言うならば、明るく実直な対応のできる方を求めています。時代の変遷で日本の農業は特殊な産業になりつつあります。その中で我々がどう一本立ちしていくか、農業をベースに地域社会をどう元気づけていくか、そのような意識を持つ人に期待しています。

会社データ

プロフィール

全国有数の規模を誇る「JAさが」

 県内8JAが合併、県経済連を包括承継し、2007年に発足しました。
 営農指導・販売、購買、信用、共済を軸に事業を展開する県下最大の総合JAです。人と地域に信頼されるJAを目指し、安全・安心・良質な農畜産物を届けます。

事業内容
■営農指導・販売事業
安全・安心で高品質な農畜産物を生産者から消費者へ届けるために生産に関する指導(営農指導)や組合員が生産した農畜産物の集荷・共同販売
■購買事業(農業資材等)
営農活動や組合員のみなさまの生活に必要な肥料、農薬、飼料、農機具などの生産資材や食品、日用雑貨用品などの生活資材を低価格・高品質で供給
■信用事業(JAバンク)
組合員・利用者・地域のみなさまのニーズに合わせて貯金、貸出、為替などの金融商品を提案
■共済事業(JA共済)
組合員・利用者・地域のみなさまそれぞれの人生設計にお応えできるよう、
「ひと・いえ・くるま」の総合保障(生命保険と損害保険)を通じて、毎日の生活を生涯にわたり大きくサポート

詳しくは当組合ホームページをご覧下さい。
【JAさがHP】https://jasaga.or.jp/

PHOTO

本所郵便番号 840-0803
本所所在地 佐賀県佐賀市栄町3-32
本所電話番号 0952-25-5176(代表)
設立 2007年4月1日
出資金 217億8,127万円
職員数 2,212名(2021年3月末現在)
正職員 1,634名、その他職員 578名
事業成果(2021年3月) 販売品販売・取扱高 1,003億円、購買品供給・取扱高 424億円、貯金期末残高 7,325億円、長期共済保有高 1兆8,946億円
経営理念 JAさがは
■組合員の営農とくらしを守ります。
■「安全」「安心」「良質」な農畜産物を届けます。
■人と地域に信頼されるJAをめざします。
事業所 ・本所(13部、2室)
・佐城エリア(1部、19支所、4センター)
・三神エリア(1部、9支所、3センター、4出張所)
・杵藤エリア(1部、14支所、4センター、3出張所)
グループ会社 ・(株)JAさがホールディングス
・(株)JAフーズさが
・(株)ジェイエイビバレッジ佐賀
・(株)JAべジアスさが
・(株)JA建設クリエイトさが
・(株)JAオート佐賀
・(株)JAライフサポート佐賀
・(株)JAセレモニーさが
・(株)JA段ボールさが
・(株)佐賀青果市場
・(株)JA食糧さが
・(株)バイオテック富士
・(有)アグリベースにいやま
沿革
  • 2007年 4月
    • 佐賀県内の8JA(佐城・佐賀市・諸富町・富士町・さが東部・神埼郡・佐賀みどり・白石地区)が合併し、「JAさが」としてスタート
  • 2007年10月
    • 佐賀県経済農業協同組合連合会(JA佐賀経済連)を包括承継により吸収合併し、県域機能を具備した大型JAとなった。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 18.8年
    2020年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 3.9時間
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9.5日
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 34名 37名 71名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 34名 1名 35名
    2020年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 8.0%
      (439名中35名)
    • 2021年度

    ■役員  9.1%(77名中女性7名 2021年度実績) ■管理的地位  7.7%(362名中女性28名 2021年度実績)

先輩情報

佐賀県の食と、農業を、組合員の皆様と共に支えています。
K.B
2013年入社
鹿児島大学
農学部生物生産学科
畜産・酪農部 飼料・畜産指導課
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒840-0803
佐賀県佐賀市栄町3-32
佐賀県農業協同組合 総務部 人事課
 大元、新貝
TEL:0952-25-5190(直通)
URL https://jasaga.or.jp/
E-mail saiyo05@saga-ja.jp
交通機関 JR「佐賀駅」より徒歩5分
佐賀駅バスセンターより徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp81305/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
佐賀県農業協同組合(JAさが)と業種や本社が同じ企業を探す。
佐賀県農業協同組合(JAさが)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ