最終更新日:2021/7/16

(株)システムフロンティア

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • インターネット関連
  • 専門コンサルティング
  • 通信・インフラ

基本情報

本社
東京都
PHOTO

ユーザーさまが毎日利用するシステムの安定稼働をサポートする

A.S
2014年入社
千葉工業大学
情報科学部情報ネットワーク学科

現在の仕事内容

大手機械メーカーの経費精算や財務会計に関する業務系基幹システムの運用・保守を担当しています。運用・保守というと地道な作業をしているイメージがあるかもしれませんが、縁の下の力持ちとして、システムの安定的な利用をサポートする重要な役割を担っています。
運用業務の主な内容は、システムの正常稼働の定期的な確認、ユーザーから寄せられる問い合わせや要望についての調査と対応策の提供などです。また、必要に応じてシステム改修やデータ更新作業も行います。保守業務は、システムに不具合が生じた際の原因究明や修正・復旧作業、既存システムの仕様変更に伴う新機能の追加や機能改修が主な業務です。
案件の内容や規模によって、メンバーとして参画することもあれば、リーダー役を任されることもあります。システムを実際に利用するユーザーと直接やりとりする機会が多いため、理解しやすい言葉を選んで説明する能力や、相手が持つ要望や課題を正確にくみ取るコミュニケーション能力が必要な仕事です。


一番印象に残っている仕事

業務系基幹システムのサーバを更新するプロジェクトが一番印象に残っています。プロジェクトでの私の主な役割は、旧サーバから新サーバへのデータやプログラムの移行でした。移行作業は数日に及ぶため、計画を綿密に検討し、膨大な量の作業手順書を作成し、移行リハーサルを何度も繰り返し、想定されるリスクとその対策について検討を重ねる必要がありました。
そうして周到に準備したのですが、移行の本番で想定外の問題が発生し、心臓が止まるような思いをしました。幸い致命的な問題ではなかったため、なんとか移行を完了。全ての作業が終わった時は言葉にできないほどの達成感と安堵感がありました。そんなサーバリプレースプロジェクトを1年に2回、立てつづけに経験したことが、一番印象に残っています。


部活・福利厚生について

これは当社の特徴の一つといえますが、社内には文化系・運動系のさまざまなクラブが存在しており、活発に活動しています。定番のフットサル部や軽音部、めずらしいところでは乗馬部があります。野球部に所属する私は、春から秋にかけて月2回ほど活動しており、毎回10人程度が参加しています。グラウンドでは所属する部門や年齢に関係なく、ゆるめに野球を楽しんでいます。毎年秋に開催される大会では、約300チームが3ブロックに分かれて優勝を競います。2019年度は最上位のブロックでベスト8の成績を残しました。大会で良い成績を残せたので、慰労会ではフグを食べに行く予定です。しっかり今年度の反省をして来年度のために英気を養うという会ですが、クラブ活動を支援する会社の福利厚生制度のおかげでフグを安く食べられることが一番うれしいですね。


トップへ