最終更新日:2021/5/5

(株)共同エディット【フジテレビグループ】

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 放送

基本情報

本社
東京都
PHOTO

ポスプロ:MA 2008年入社【ま(MA)ごころミキサー】

F.K
九州大学大学院
芸術工学府
技術部 MAグループ

現在の仕事内容、担当番組

テレビ番組の音を完成させる仕事をしています。
テレビ番組は、撮影と同時に収録される音声(同録)・ナレーション・音楽・効果音の4つの要素で構成されていますが、これらの音声素材のタイミングや音の強さなどを調整し、ミックスしています。
視聴者の方が違和感無くテレビ番組を楽しめるように、そして映像が持つ魅力が少しでも増すように、番組制作に関わる全ての人が仕上がりに納得できるように、そんなことを考えながら真心込めて仕事をしています。

現在は主に『Love music』『FNS歌謡祭』などの音楽番組を担当しています。
自分自身が音楽をやっていたこともあり、音楽ファンの心理をわかっている(つもり)なので、常にファン目線を忘れずに作業をしています。


今の仕事のやりがい

MA作業は番組制作の最終工程ですので、番組完成の瞬間に立ち会うことになります。
長い収録や編集などの作業を経て、MAに臨む制作スタッフの皆さんの「完成した!」「良いものができた!」という安堵や満足の表情を見ることができると、番組制作に貢献することの喜びを感じます。
そして、自分が関わった番組を、視聴者の方が楽しんでくれていると実感する時にも、やりがいを感じます。視聴者の方からの「おもしろかった」「見てよかった」という反応を目にすると、番組の魅力を最大限に引き出そうと、必死に頑張った苦労や努力が報われます。


この仕事に必要なスキル

MA作業にはプロデューサー・ディレクター・AD・ナレーター・音響効果など、多くの方々が立ち会います。作業をしながら意見も交わし、皆さんのアイディアを取りまとめてミックスに落とし込んでいかなければならないため、コミュニケーション能力が特に大切だと思います。
そしてもう一つ、音をいじることが大好きという気持ちも必要だと思います。
「自分が音に手を加えることで映像がどんどんブラッシュアップされていく、これが楽しくて仕方ない!」と思えることはこの仕事には不可欠だと思います。


この会社だからこそと思える仕事や業務の魅力

共同エディットは、バラエティ・ドラマ・ドキュメンタリー・スポーツ・情報・報道など色々なジャンルの番組制作に関わっています。
それぞれ番組の作り方やミックスの仕方などが違いますので、多様な経験を積むことができますし、「ドラマの要素があるバラエティ」や「スポーツ選手を追ったドキュメンタリー」など複合的な番組のミックスにも対応できるようになります。

また、作業場所が局内にあるため、放送ギリギリ(撮って出し)の作業を経験することもできます。
スポーツ番組・報道番組・情報番組は、作業時間が限られることが多いため、スピードと臨機応変な判断が求められます。
放送される数分前まで作業していることもありますので、完成度を高めつつも確実に間に合わせるにはどのような手順でどこまで作業するかも考えなくてはなりません。
他では味わえない非常に刺激的でやりがいのある仕事を経験できます。


就活生へのアドバイス

とにかくたくさんの場所へ行ったりたくさんの経験を積んでください。
自分がおもしろそう、楽しそうということを、感性が豊かな今のうちにどんどんやって見てください。
そしてそれがなぜ自分の気分を高揚させるのか、簡単で良いので理由も考えてみてください。
それが将来ミックスをする時に役に立つと思います。


トップへ