最終更新日:2021/6/19

(株)長印【2022年4月より 長野県連合青果(株) と 合併】

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品
  • 農林・水産
  • 給食・デリカ・フードビジネス

基本情報

本社
長野県
資本金
3億640万円
売上高
371億9351万円(2020年3月期)  ※長印グループ取扱高 622億円  ※R&Cグループ取扱高 1,389億円
従業員
198名 (男164名 女34名)
募集人数
6~10名

創業1世紀の青果物卸売市場。流通のチカラを磨き、より大きな地域貢献に挑む!

長印に興味をお持ちいただきありがとうございます! (2021/06/19更新)

PHOTO

こんにちは。長印(チョウジルシ)です。

本年度の募集は終了いたしました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
業界第2位の規模となったR&Cグループの中核を担う長印。長野県連合青果(株)と共に、青果物流通の新たな可能性に挑み、更なる社会貢献を目指します。
PHOTO
「企業は人なり」。それぞれの個性を認め合い、活かしあい、人の喜びを自分の喜びとして分かち合える仲間たち。そうした仲間たちが長印の“財産”です。

“もっと食卓に美味しい笑顔を、農業をもっと元気に”

PHOTO

R&Cグループのもと、首都圏に向けた流通拠点の拡充や生産事業、加工事業、物流事業等各事業展開を更に加速。総合力を最大化させ、よりダイナミックな地域貢献に挑む。

私たち長印は「安心・安全、新鮮で美味しい青果物の円滑かつ安定流通」という“市場”の公共的使命のもと、幅広く全国から青果物を集め、地元長野県の日々の“食”を支えるとともに、全国に誇る長野県農産物の流通拡大を通じ、産地市場として“農業”を支え続け、ほぼ無借金の健全な財務体質、全国屈指の優良市場に成長を遂げています。

【新たな体制で、より高く、より大きな流通に挑む】
 人口減少、少子高齢化、消費構造の変容等時代が大きく変化する中、青果物流通も大きな変革の時を迎えています。長印は2015(平成27)年、更なる進化を求め、長野県連合青果と共同持株会社R&Cホールディングスを設立。業界第2位の規模となるR&Cグループの確固たる基盤を活かし、首都圏への流通拠点、生産、加工等青果物に関わる様々な事業を担うグループ企業を充実させ、青果物流通の“スケール”と“レベル”を向上させるグループ体制へと拡大発展を遂げています。
 こうしたグループの中核事業となる青果物卸売事業を担う私たち長印は、R&Cグループの各企業とともに、「より高く、より大きな市場流通を中核としたバリューチェーンの実現」に挑戦し、食と農業を通じたより大きな社会貢献を目指しています。

会社データ

プロフィール

“国産青果物流通の8割強を担う卸売市場ってナニ?”
 皆さんの毎日の食卓に欠かせない“旬の野菜や果物”。近年ではユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」、又「健康長寿県」の長野県を支えるヘルシー、低カロリーな食材として注目を集めています。
 こうした青果物は、“鮮度・品質劣化が早い”上に、天候・気象等自然条件に左右される“不安定な生産事情”を抱え、“需給バランスも日々変化”する等、特有の流通課題を抱えています。
 この課題に対し、私たち市場は、全国に幅広く広がる“出荷網”と量販店・青果店等の“流通網”、生産・消費双方の状況を見通す“情報網”で、“円滑かつ安定的な流通”を担い、出荷先の期待に応える“販売”で農業を支え、“確かな品揃え”で販売先の信頼に応え、消費者の日々の食を支え続けています。そうした努力が、“国産青果物流通の8割強”に表れています。
 農業と食を支える青果物流通のプロとしての社会的使命感、誇り、プライドをもって取り組める仕事、それが市場の仕事です。

事業内容
青果物卸売市場/
青果物及び花卉等の委託販売並びに買付品の売買
本社郵便番号 381-2202
本社所在地 長野県長野市市場3-1
本社電話番号 026-285-3333(代)
創業 1913年(大正2年)12月17日
資本金 3億640万円
従業員 198名 (男164名 女34名)
売上高 371億9351万円(2020年3月期)
 ※長印グループ取扱高 622億円
 ※R&Cグループ取扱高 1,389億円
主な取扱い商品 野菜 58品目(大根、人参、レタス、トマト、キャベツ等)
果物 36品目(りんご、みかん、苺、ぶどう、メロン等)
事業所 本社/長野県長野市
支社/長野県松本市、長野県佐久市、長野県中野市
社風・風土 「長印らしさとは?」

【事務所】:「シーン」としている < 社員たちの声や電話で活気がある
【商売道具】:基本、メール < 基本、電話。青果物も情報も“鮮度”が命
【人物】:物静かな人が多い < 明るく元気な人が多い
【行動】:失敗しないように行動する < 失敗を恐れず挑戦する
【社長】:遠い存在の役員・社長 < 気さくな役員・陽気でグルメな社長
【スポーツで例えると】:個人競技 ≦ チーム競技
 ※仕事でも社内でも、いざというときは「チーム長印」としてまとまる。



活気があり、明るく前向きで、年次・立場関係なくまとまりがある長印。もちろん、明るく元気な人が多いというだけで、物静かだけど誠実な商売でお客様の信頼を得ている社員もいれば、一見いいかげんそうだけど根はすごくマジメな社員もいます。それぞれが個性を発揮し認めあえる仲間たち。そうした仲間たちと活気あふれる職場が私たち長印の特徴です。
グループ企業 【長印グループ】
 ●長印船橋青果(株)
 ●(株)長印須坂青果市場
 ●(株)長印ながのファーム



【持株会社】
 ●(株)R&Cホールディングス

【R&Cグループ】
 ●(株)長印 ≪事業内容:青果物卸売事業≫
 ●長野県連合青果(株)
 ●(株)フレッシュベジ加工
 ●(株)長印ながのファーム
 ●(株)R&C物流
平均年齢 約38歳
経営理念 【1】 取引先第一主義を貫く
 情報力を高め、質の高いアドバイスが出来、お客様に満足してもら
 うことが私達の事業目的です。全力を尽くし、お取引先と一体とな
 って流通に取り組んでいきます。

【2】 働きがいのある会社をつくる
 社員一人ひとりが自分の能力を十二分に発揮し、豊かな生活と明るい
 将来を築くことができる企業にします。

【3】 限りなき挑戦を行う
 取引先第一主義を貫いてお客様の満足を得、働きがいのある会社
 をつくり、より大きく社会に貢献し、会社を大きく発展させ続けてい
 くために、私達は常にプラス志向で限りなき挑戦を行っていきます。
社是 〈情熱・誠実・実行〉
 「信なくば立たず」という言葉通り、市場は幅広く、実に様々な取引先との信頼で成り立っています。私たち市場営業は、出荷先から販売を任せて頂く一方で、販売先からは商品供給を任せて頂いています。双方からお任せ頂けるのは、私たち市場営業への期待や信頼があるからこそ。そうした取引先に対し、私たちは市場としての使命、流通への熱い情熱、誠実さ、どんな状況でも、前向きにベストを尽くし続ける実行力でお応えし、信頼を深め、広げていきたいと考えています。

働き方データ

  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 6名 7名
    2020年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2020年度

取材情報

「当たり前」を支え続け、新たな「当たり前」に挑戦する
青果物へのこだわりを大切に、食の喜びを食卓に届けよう!
PHOTO

先輩情報

~思いを繋ぎ、沢山の笑顔を生み出すナイス・アシストを目指す~
清水 雄大
28歳
静岡理工科大学
理工学部・物質生命科学科
野菜1部
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)長印 企画部/清水、佐藤、小林、西村
長野市市場3-1 〒381-2202
TEL:026-285-3333(代)
URL http://www.chojirushi.co.jp/
ホームページでも採用情報掲載中!!
E-mail saiyo@chojirushi.com
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp85780/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)長印【2022年4月より 長野県連合青果(株) と 合併】と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ