最終更新日:2020/7/29

(株)ユリーカ

業種

  • ソフトウエア
  • 情報処理

基本情報

本社
長野県
資本金
2,400万円
売上高
第37期(2017年度)実績:3億9,500万円
従業員
41名
  • 業種 ソフトウエア、情報処理
  • 本社 長野県
  • 資本金 2,400万円
  • 売上高 第37期(2017年度)実績:3億9,500万円
  • 従業員 41名

ユリーカは長野を拠点としてニアショアを行うソフトウェア開発企業です。

会社紹介記事

PHOTO
長野県内と首都圏のパートナーとの連携を強化。単なるニアショア企業に留まることなく、業務系からウェブ系まで多様な分野のシステム開発を手掛け、成長を続ける。
PHOTO
長野本社は、ショッピングセンターの3階にある。オフィスフロアから直結している屋上からは、北アルプスが一望できるという絶好のロケーション。

伝統と新しさ。都会と地方。両方の“いいとこどり”を実現できる会社です。

PHOTO

UIターンに力を入れ始めてから、相談されることが増えたという青山社長。「長野で働くことに対する不安をなくしていきたい」と話す。

当社は1981年設立。私は2013年に父から引き継ぎ、社長に就任しました。
私は現在のユリーカには大きく2つの流れがあると考えています。1つは、父の時代から脈々と続く『伝統的なユリーカ』。県内の精密機器メーカー向けのソフトウェア開発から出発し、業務を支える生産管理や物流、会計、給与システム、さらにそこから派生して、主に製造業のお客様向けのシステム開発や製品開発支援を手掛けています。これは洋服に例えるなら、オーダーメード。昔は一着ずつ仕立てていましたが、現在は違いますよね。システムもそうなる中で、もう1つの流れとして『新しいユリーカ』が生まれています。それは、自分たちの冠で作り出す、サービスやプロダクト。これは国内だけではなく、世界を見据えた取り組みです。現状は約8対2くらいの割合ですが、今後は後者の新たなサービスやプロダクトを生み出すことに興味がある方に出会いたいと思っています。

働く場所として都会と地方を比較すると、どちらにも長所と短所はありますが、当社には、その両方の“いいとこどり”ができる環境があると思います。長野はアウトプットするには非常にいい場所。人と人との関係性が密で、距離がとても近く、困ったことがあれば、周りの方が助言してくれたり、適任者を紹介してくれたり、イベントを企画すれば、多くの方が集まり、何か1つ行動したことで起こるリアクションが見えやすいと思います。インプットするには、情報量や様々な事に触れることができる都会の方がいいですが、勉強会やセミナー、交流会に足を運んだりする積極性があれば、知識を得て身につけることはできると思います。
ほかにも家族を持ったときにどのように暮らしていくのかなど、東京は?長野は?と考えて不安を抱いている方もきっといますよね。今後、働く場所はどんどん自由になっていきます。当社は、バックオフィスの仕組みは全てオンラインでできるように整えており、サテライトオフィスを構える計画もあります。長野で働くことに対する不安を一つひとつなくしていくことが、私の役割。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

<代表取締役・青山雅司>

会社データ

事業内容
  • 受託開発
  • 技術派遣
業務基幹システムの企画から開発、運用保守
新製品やサービスの企画、開発、運用
本社郵便番号 399-0702
本社所在地 長野県塩尻市大字広丘野村1688番地1 広丘ショッピングタウン(GAZA)3階
本社電話番号 0263-54-1390(代表)
設立 1981年5月6日
資本金 2,400万円
従業員 41名
売上高 第37期(2017年度)実績:3億9,500万円
経常利益 決算時期:12月
第37期(2017年度)経常利益:2,900万円
主な取引先 セイコーエプソン(株)
エプソン販売(株)
エプソンアヴァシス(株)
(株)電通国際情報サービス
ソリッドワークス・ジャパン(株)
社会医療法人財団慈泉会 相澤病院
(株)エムイーエックステクノロジーズ
(株)NTTドコモ
クオリティソフト(株)
(株)ベイカレント・コンサルティング
ユニシスコーポレーションジャパン合同会社
リコージャパン(株)
NECソリューションイノベータ(株)
沿革
  • 1981年5月
    • ・(株)ユリーカ設立(東京、長野)信州精機(現:セイコーエプソン)向け、ソフトウェア開発
  • 1983年12月
    • ・長野事業所移転(長野県松本市本庄)
  • 1984年3月
    • ・本社移転(東京都渋谷区代々木)
  • 1984年10月
    • ・増資(資本金:1,200万円)
  • 1987年10月
    • ・長野事業所移転(長野県松本市本庄)
  • 1997年10月
    • ・諏訪開発センター開設(長野県諏訪市大和)
  • 1998年8月
    • ・増資(資本金:2,400万円)
  • 1999年10月
    • ・松本開発センター移転(長野県塩尻市広丘)
  • 2001年8月
    • ・アメリカ事業所開設(Torrance, CA 90503 U.S.A)
      ・香港地下鉄に導入したクーポン発行システムがアジアの代表的なSI事例であるとして「The 2nd Annual Intelligent 20 Awards 2001 in asia」を受賞
  • 2002年7月
    • ・アメリカ事業所移転(Brentwood, CA 90049 U.S.A)
  • 2006年6月
    • ・本社移転(東京都渋谷区代々木)
  • 2007年10月
    • ・新潟開発センター開設(新潟県新潟市米山)
  • 2010年3月
    • ・プロジェクト完了に伴い新潟開発センターと松本開発センターを合併
  • 2010年4月
    • ・プロジェクト完了に伴い諏訪開発センターと松本開発センターを合併
  • 2010年6月
    • ・プロジェクト完了に伴いアメリカ事業所と松本開発センターを合併
  • 2011年4月
    • ・企業・自治体向け健康増進ASPサービス「ウォーキングポイント」提供開始
  • 2013年10月
    • ・代表取締役に青山雅司就任
  • 2015年4月
    • ・長野本社(旧:長野事業所)を移転(長野県塩尻市広丘)
  • 2016年8月
    • ・情報セキュリティマネジメントシステム ISO27001:2013認証取得
  • 2017年4月
    • ・東京本社を移転(東京都新宿区西新宿)
  • 2018年9月
    • ・本店を移転(長野県塩尻市)
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 17.1時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 12.0日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 1名 0名 1名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 1名 0名 1名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2021に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2022年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)ユリーカと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ユリーカを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ