最終更新日:2021/5/18

福島県警察

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 官公庁・警察

基本情報

本社
福島県
資本金
官公庁のためなし
売上高
官公庁のためなし
従業員
約4,000名
募集人数
101~200名

《県民とともに復興を目指す、福島の力強い警察》福島県民一人ひとりが安心して暮らせる社会の実現を目指す、『治安のプロ集団』です!

《福島県警 職員採用担当より》令和3年度の福島県警察職員採用について (2021/05/18更新)

PHOTO

こんにちは!福島県警察本部の職員採用担当です。
この度は福島県警察のページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

現在、令和3年度職員採用のエントリーを受付中です。
職員採用試験については、詳細を福島県警採用HPで公開のほか、マイナビを通じてもご案内いたしますので、ぜひ、マイナビよりエントリーをお願いいたします!

警察活動に関する業務説明や個別相談の他各種イベントも予定しています。
開催に関する詳細については、福島県警察ホームページをご覧ください。

その他ご質問等ございましたら、採用フリーダイヤル(0120-276-314(平日9時~17時))までお問合せください。

あなたのご応募を心よりお待ちしております!

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
平成30年7月より、福島県警は新庁舎での業務を開始しました。東日本大震災時の経験を踏まえ危機管理拠点としての機能を整備し、屋上には太陽光パネルも設置しています。
PHOTO
警察学校を卒業後、まずは地域課に配属され交番業務を行います。住民の平穏を守る”一番身近で頼りになる存在”として、地域の皆様の安全と安心を守っています。

会社データ

プロフィール

福島県警察は「福島を支える力強い警察」を基本姿勢に、福島県内において犯罪捜査や交通指導の取締り、犯罪抑止活動等の各種警察活動に従事しています。住民の平穏を守る一番身近で頼りになる存在の「地域警察」、日々悪質化する犯罪を未然に防ぐ「生活安全警察」、安全安心な交通社会の実現を目指す「交通警察」、事件の検挙こそ何よりの使命とする「刑事警察」、国家を揺るがす犯罪に立ち向かう「警備警察」、警察活動の円滑化を図り組織の基盤を担う「警務警察」の6部門で構成されています。また、警察官の他に警察事務等の職種の職員がおり、共に地域の安全・安心のために働いています。

東日本大震災の発生から今年で10年を迎えますが、復興に向けた活動が加速する一方で、震災に関連した犯罪は多様化・複雑化しています。そうした犯罪に立ち向かうため、全国警察の応援を受け、きめ細やかな復興治安対策に取り組んでいます。私たちは ”治安のプロ” として、「使命感」と「誇り」を胸に犯罪に立ち向かい、県民一人ひとりが安心して暮らせる社会の実現を目指しています。

採用時教養として、警察官はまず全寮制の警察学校に入校し、刑法・刑事訴訟法等の法令、各部門の実務、柔道・剣道等の術科、職務倫理・パソコン等の一般教養等、様々な知識や技術を身につけます。その後は配属された警察署での「職場実習」において、交番で先輩警察官の仕事ぶりを見ながら現場を学びます。更にスキルアップを図るため、警察学校における「初任補修科」、警察署における「実戦実習」を経て、治安のプロへと成長していきます。また昇任時教養、各部門ごとの専門教養など、多種多様な研修制度を準備し、一人ひとりのスキルアップを組織的にバックアップしており、本人の努力次第で着実にキャリアアップできるのが特長です。
さらに、福島県警察では職員がやりがいや充実感を感じながら働けるように、ワーク・ライフ・バランスの推進に向けた様々な取組に力を入れています。男性・女性職員とも子育てのために利用することができるサポート制度が充実しており、多くの職員が制度を活用して仕事と家庭(子育て)を両立しています。出産や育児でいったん職場を離れても、その後復帰して各部門第一線で活躍する職員もたくさんいます。

「地域の安全・安心、住民の笑顔を守りたい」。そんな想いをお持ちの方のご応募をお待ちしております!

正式社名
福島県警察本部
正式社名フリガナ
フクシマケンケイサツホンブ
事業内容
■地域警察
交番等を拠点に地理案内や各種相談の受理、パトロールや巡回連絡を行い犯罪の未然防止に当たるほか、事件・事故等が発生した際の初動措置等を担当しています。

■生活安全警察
犯罪抑止対策、ストーカーやDV、行方不明の届け出などの人身安全に関する事案、少年犯罪、生活環境犯罪、サイバー犯罪のほか、銃砲等の許認可等を担当しています。

■交通警察
交通指導取締り、交通事件・事故捜査、交通事故防止対策、交通規制、信号機や道路標識等の設置のほか、自動車運転免許に関する事務等を担当しています。

■刑事警察
殺人・強盗事件等の凶悪犯罪、振り込め詐欺・贈収賄事件等の知能犯罪、自動車盗・空き巣等の窃盗犯罪、暴力団・銃器薬物犯罪、鑑識や科学捜査等を担当しています。

■警備警察
テロに関する情報の収集と未然防止対策、警備犯罪の取締り、国内外の要人警護、災害警備や救助活動等を担当しています。

■警務警察
警察運営、職員採用・育成、警察広報、警察安全相談、犯罪被害者支援、会計・給与・福利厚生等を担当しています。

■警察事務
会計、厚生、庶務、許認可事務のほか、刑事や交通等幅広い部門において警察官と一緒に警察組織を支えています。
本社郵便番号 960-8686
本社所在地 福島県福島市杉妻町5番75号
本社電話番号 024-522-2151
設立 1954年(昭和29年)7月1日
資本金 官公庁のためなし
従業員 約4,000名
売上高 官公庁のためなし
事業所 福島県警察本部及び県内に22の警察署、7の分庁舎

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10.3日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 〒960-8686 福島県福島市杉妻町5番75号
福島県警察本部
警務部警務課(採用担当)
《採用フリーダイヤル》
TEL:0120-276-314(平日の9時~17時)
URL https://www.police.pref.fukushima.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp88430/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
福島県警察と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ