最終更新日:2021/11/24

足立成和信用金庫

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合

基本情報

本社
東京都
出資金
21億5,800万円(2020年3月期)
預金・融資量
預金量:5,101億円、融資量:2,539億円(2020年3月期)
役職員数
393名(男性225名 女性168名、2020年3月期)
募集人数
6~10名

地域応援!"おせっかい宣言"

こんにちは! 足立成和信用金庫です!!  (2021/06/22更新)

PHOTO

学生の皆さん、こんにちは。足立成和信用金庫 採用担当者です。

数多くの皆様のエントリーありがとうございました。

今年度の採用説明会受付は終了いたしました。

会社紹介記事

PHOTO
2026年の100周年を控え、地域との連携をより強化しているところ。足立区との包括連携協定による取り組みも積極的に行っている。写真は、2017年に新築移転した南花畑支店。
PHOTO
「足立区ワーク・ライフ・バランス推進認定企業」、健康企業宣言の「銀の認定」等、その働きやすさが各方面で認められている同金庫。若手が多数活躍中で、定着率も抜群だ。

金融プラスαの付加価値を提供することで信頼を獲得し、地域の未来づくりに大きく貢献

PHOTO

「お客さまの本業支援、課題解決、創業支援などを通して、地域の未来づくりを担えるやりがいの大きな仕事。入庫すれば、100周年に立ち会えるのも魅力です」と斎藤支店長。

足立区と埼玉県南部に20以上の支店を展開し、地域に根差した金融機関として90年以上の歴史を誇る当金庫。狭域高密度という最大の強みを生かして、地域のあらゆる金融ニーズに応えてきました。2026年に100周年を迎えるにあたり、理念を改定。「お客様と共に成長するため 衆知をもって考動し 独自性を高め 地域の未来づくりに貢献する」という想いを大切にし、今後も、より一層地域の発展を支えていきたいと考えています。

近年は、業界や業種を超えた「産・学・公・金」の取り組みを強化しています。例えば足立区の地場産業である菓子製造のメーカーと大学のコラボレーションを支援。メーカーと東京未来大学が共同開発したお菓子は、百貨店で販売されています。また、地域の小学生を対象に「あだち夢のお菓子コンテスト」を開催。受賞作が商品化され、地元のショッピングモールで販売されました。こういった金融プラスαの付加価値提供こそが、私たちの存在意義だといえるでしょう。

私が支店長を務める南花畑支店は、2017年に新築移転して誕生した店舗。ローンプラザを併設し、地域のシンボル的な支店として、常に多くのお客さまで賑わっています。支店周辺は近年、区画整理で人口が急増中。最寄りの六町駅の乗降客は、この10年で3倍に膨れ上がりました。金融のプロとして地域の発展を支え、その成果を肌で感じられるのが醍醐味です。

当金庫の大きな特徴は、現場の声がダイレクトに届き、経営に直結するところ。例えば職員の発案で、業務効率化の委員会が発足しました。また、若手が多数活躍しており、活気があって賑やか。堅苦しさとは無縁のフランクな職場です。3ヵ年研修計画のもと、一人ひとりに合わせた教育を行うなど、人材育成にも注力しています。身に付けたいスキルを習得でき、理想のキャリアを実現しやすい環境です。ワーク・ライフ・バランスにもしっかり配慮して年休120日以上&残業月平均12.6時間を実現しているほか、産休・育休を経て仕事と子育てを両立している職員もいます。

私たちが求めているのは、まず理念に共感できる方。人対人の仕事なので、明るく元気に、笑顔であいさつができる方や、コミュニケーションを取ることが好きな方、さらには失敗を恐れず主体的に新しいことに取り組める方も活躍できるでしょう。ぜひ私たちと一緒に地域の未来づくりに貢献しましょう。

〈南花畑支店 支店長/斎藤 尋さん〉

会社データ

プロフィール

【いちばん身近な金融機関として】
地域社会の持続的発展に貢献することを社会的使命とする基本的な考え方のもと、地元のお客様からお預かりした大切な資金(預金積金)は、地元の中小企業、個人事業所、個人のお客様にご融資することで、地域経済の活性化に役立てております。
また、事業再生支援・金融の円滑化、お客様の利便性向上など地域経済・社会に、より密着した「顧客満足最優先」の活動を展開しております。

事業内容
預金、融資、内国・外国為替、日本銀行歳入代理店、各種代理業務、各種公金収納、国債等公共債の窓口販売、住宅ローン関連の長期火災保険の窓口販売、投資信託の窓口販売、年金保険の窓口販売、遺言信託業務の取次、貸金庫、経営相談など信用金庫業務全般
本部郵便番号 120-0034
本部所在地 東京都足立区千住1-4-16
本部電話番号 03-3882-3227(人事部直通)
創業 1926(大正15)年11月11日
出資金 21億5,800万円(2020年3月期)
役職員数 393名(男性225名 女性168名、2020年3月期)
預金・融資量 預金量:5,101億円、融資量:2,539億円(2020年3月期)
業績 経常利益 11億673万円(2020年3月期)
自己資本比率 9.01%(2020年3月期)
経営理念 足立成和信用金庫は お客様と共に成長するため 衆知をもって考動し 独自性を高め 地域の未来づくりに貢献する
理事長 土屋 武司
事業所 店舗数/23店舗(他3ローンプラザ)

〈本店〉
東京都足立区千住 1-4-16
〈支店〉
本木、亀有駅前、旭町、竹の塚、江北、佐野、南花畑、皿沼、六木、青井、古千谷、西新井駅前、入谷、柳町、綾瀬,中央、北越谷、本木関原、草加、花畑、弘道、八潮中央

〈ローンプラザ〉
六町ローンプラザ 北千住ローンプラザ 西新井ローンプラザ
子会社 (株)ビジネスパートナーズ
平均年齢 38.7歳【男性41.8歳/女性34.8歳】
(2020年4月1日現在の役員、嘱託を除く職員平均)
沿革
  • 1926年11月
    • 千住信用組合として創業
  • 1948年10月
    • 足立信用組合に名称変更
  • 1951年10月
    • 足立信用金庫に改組
  • 2002年12月
    • 同じ足立区を基盤とした成和信用金庫と合併し、足立成和信用金庫としてスタート
  • 2016年11月
    • 金庫創立90周年を迎えました

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 16.6年
    2019年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 6.9時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 22名 9名 31名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 22名 0名 22名
    2019年度
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • 9.1%
      (88名中8名)
    • 2020年度

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 〒120-0034 
東京都足立区千住1-4-16
足立成和信用金庫 人事部 人事グループ
TEL:03-3882-3227(直通)
URL http://www.adachiseiwa.co.jp/
E-mail jinji@adachiseiwa.shinkin.jp
交通機関 東武スカイツリーライン「北千住駅」下車、西口より徒歩8分
東京メトロ千代田線「北千住駅」下車徒歩8分
つくばエクスプレス線「北千住駅」下車徒歩8分
JR常磐線「北千住駅」下車徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp88466/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
足立成和信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ