最終更新日:2021/7/27

タカノブ食品(株)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 食品

基本情報

本社
広島県
資本金
2,000万円
売上高
61億5,400万円(2020年6月)
従業員
100名(2020年6月)
募集人数
1~5名

かきフライなどの地元広島産のかき加工品で地元に貢献する、業務用冷凍食品の製造を行う創業1世紀以上の老舗メーカーです。

  • 追加募集開始
  • My Career Box利用中

オンライン会社説明会開催のお知らせ (2021/07/27更新)

PHOTO

タカノブ食品株式会社のページをご覧いただきありがとうございます。
マイナビよりエントリーおよびオンライン会社説明会のご予約を受け付けております。ご興味のある方はぜひエントリーの上、お申込みください。

会社紹介記事

PHOTO
若手が活躍できる風土やフラットな人間関係は、当社の自慢です。社員一人ひとりが個性を生かしながら自分らしく働いています。
PHOTO
時代のニーズを敏感にキャッチし、かき加工品をはじめさまざまなフライ、魚の切り身など、多彩な商品を製造・販売しています。

時間をかけて築いてきた信頼が財産。だからこそ未来を見据えた挑戦ができます。

PHOTO

「普段から社員とはざっくばらんにお話をしています。あなたにとって仕事とは何か、あなたの人生観もぜひ教えてください」(岡崎社長)

明治末に創業し、1970(昭和45)年に冷凍食品の製造・販売を目的として会社を設立。以来、常に時代のニーズを的確にとらえながら水産加工業に取り組んできました。現在はかきフライなどの業務用冷凍食品をコア事業としています。
これからもより豊かな食文化の提案を通して、会社、従業員、そして社会の幸せを実現していきたい。そのためには10年、いえ100年先までも見据えた長期的な視野で、事業を育てていかなければなりません。当社ではこれまでに培ってきた水産加工の技術を強みに、新たな商品づくりや自社ブランドの展開も積極的に進めています。このような挑戦ができるのも、長い時間をかけて築いてきた信頼があるからです。

当社には若手が活躍できる環境が十分に整っており、チャンスも多彩です。自ら考えて行動できる挑戦意欲のある方なら、夢を持って仕事ができ、会社とともに成長できるでしょう。また、ボトムアップの働き方などを通して社員一人ひとりの“考える力”もしっかり育てていきたいと思います。やりがいをより実感できるよう、仕事を個々の裁量に大きく委ねていることも当社の特徴です。さらに会議をはじめ多彩な話し合いの場を通して、本音で話ができる人間関係づくりにも力を入れています。就職活動をしている皆さんには、じっくり焦らず自分自身と向き合い、今しかできないことにも一生懸命打ち込んでほしいと思います。私は学生時代、友人らと孤島探検に出かけたことがありますが、こんなことは社会人になったらできませんね。でも何かに本気になった経験は、きっと将来自分を形づくる自信のベースになってくれます。

(代表取締役社長/岡崎浩二)

会社データ

プロフィール

◆タカノブ食品ってどんな会社?
タカノブ食品の事業の中心は水産冷凍食品の製造です。地元広島県特産のかきを使用した
かきフライの製造、冷凍粒かきの製造、冷凍魚の加工などを行なっています。

◆タカノブ食品で作った物はどこで売っているの?
主にデパート地下やスーパーの総菜コーナー、ファミリーレストランや居酒屋、持ち帰り弁当などの外食産業にかきフライを供給しています。
皆さんも知らず知らずのうちに当社のかきフライを口にされているかもしれません。

◆卓越した凍結技術・充実した設備
当社ではグループ企業を含めて6基のスチールベルトフリーザーを保有しています。
これにより生かきの鮮度を落とさないように急速凍結することが可能です。
この投資により、年中高品質のカキフライや塩鮭をお客様に提供できるようになっています。

◆徹底した衛生管理
工場内の衛生管理はもちろん、従業員の健康管理や服装に至るまで衛生的になるよう管理。
また、作り出す全ての製品には官能検査や細菌検査を実施。
これらにより、安全・安心な製品をお客様にお届けしています。

◆自然環境に配慮した、海を汚さない廃水浄化システム
各工場には廃水処理設備を設置しており、瀬戸内海特別措置法に基づく排水基準を満たすように浄化された水を排水しています。
瀬戸内海の恩恵を受けて発展した企業としての、当然の務めです。

◆これからのタカノブ
かきフライを中心としてこだわりの原料を使用したあじフライ、エビフライなど高級水産系フライの総合メーカーを目指しています。
また、主に定塩鮭の加工を行っている小原団地工場においては工場の増築工事が完了。品質・規模ともに西日本一の工場を目指しています。
そして、新たな事業開拓や製品開発や事業効率化を行い、私たちと共にタカノブにより大きな成長をもたらすのは皆さまです!

事業内容
【水産冷凍食品の製造及び販売】
かきフライ、冷凍粒かき、あじフライ、定塩鮭、冷凍魚切身など
本社郵便番号 726-0004
本社所在地 広島県府中市府川町209
本社電話番号 0847-45-7500
設立 1970(昭和45)年7月
資本金 2,000万円
従業員 100名(2020年6月)
売上高 61億5,400万円(2020年6月)
事業所 【本社・工場】    広島県府中市府川町209

【三原工場】     広島県三原市須波西1-5-13

【安浦工場】     広島県呉市安浦町三津口4-4-15

【小原団地工場】   広島県三原市沼田西町小原200-82
主な取引先 マルハニチロ(株)
(株)極洋 
(株)ニチレイフレッシュ
東洋水産(株)
水産商社各社
大阪魚市場他主要都市中央卸売市場
業務用食品問屋
関連会社 (株)高延
末広殿
不動水産(株)
沿革
  • 1970年
    • (株)高延の発展と共に冷凍魚、冷凍食品の製造販売を目的として発足
  • 1971年
    • 日本冷凍食品協会認定工場となる
  • 1974年
    • (株)極洋と第一次店取引契約締結
  • 1975年
    • (株)マルハニチロ水産と第一次店取引契約締結
  • 1987年
    • (株)ニチレイフレッシュと第一次店取引契約締結
      広島県三原市に三原工場を設立
      商号をタカノブ食品(株)に変更
  • 1990年
    • 三原工場第2期竣工
  • 1995年
    • 広島県三原市に小原団地工場開設
  • 1997年
    • 広島県呉市安浦町に安浦工場開設
  • 2015年
    • 小原団地工場増築工事竣工

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 タカノブ食品(株)
〒726-0004
広島県府中市府川町209
TEL:0847-45-7500
採用担当: 國延 誠
URL https://www.takanobu.jp
E-mail makoto-kuninobu@takanobu.jp
交通機関 本社
JR福塩線 府中駅 徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp88702/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
タカノブ食品(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
タカノブ食品(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ