最終更新日:2021/6/22

(株)三洋販売

  • 正社員
  • 既卒可

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(電子・電気機器)
  • 商社(その他製品)

基本情報

本社
東京都、愛知県
資本金
2,000万円
売上高
818億円(グループ全体/2020年8月決算)
従業員
237名(2020年12月末時点)
募集人数
1~5名

『海物語』シリーズでおなじみのSANYO!業界のリーディングカンパニーとして、本物の「遊び」を追求し、人々の日常にやすらぎと驚きの歓びをお届けしています!

会社紹介記事

PHOTO
多くのパチンコファンに愛されている『海物語』シリーズを中心に、ファンの皆さまにとって日常のやすらぎと活力になる、質の高いエンターテイメントを提供している。
PHOTO
三洋販売では全社一丸となり、「本物の感動」を生み出すための営業活動を行っている。社員一人ひとりの「想い」こそが、人々の生活に潤いを与える源になっていく。

柔軟な発想で、業界をリードしつづけるSANYO。次代を拓く、若い力に期待しています!

SANYOは、『海物語』というロングセラー機種を中心に、20年以上もの長きにわたり、業界のトップランナーとして走りつづけてきました。その実績を支えてきたのが、グループにおいて新機種の販売を担う、三洋販売です。日々、最前線で活動する営業担当は、ホールさまとエンドユーザーさまに一番近い場所にいます。
お客さまに寄り添いながら、時代の動きに柔軟に対応していくことができる点こそ、当社の強みといえるでしょう。

業界全体における遊技機の販売台数を見た場合、20年前と比較すると、当時の3分の1以下にまで縮小しています。また、パチンコが大衆娯楽において大きなウエイトを占めていた時代と比べると、業界のあり方も大きく変わってきたわけですが、こうした時代の変遷を経ても、当社はなおトップの座を堅持しつづけています。その要因の一つに、今もなお、お客さまから絶大な支持を集める『海物語』の人気があります。そのほか、昨年は『海物語』よりも歴史のある『大工の源さん』シリーズの「超韋駄天」が、大変ご好評をいただく結果を残すことができました。

一方、当社を取り巻く市場環境に目を向けるなら、レジャーの多様化や若年層の趣味嗜好の変化、そしてコロナ禍による影響など、先行きの見えない状況が続いています。パチンコホールにおいては、今後、よりアミューズメント性、エンターテイメント性の高い機種が人気を集めていくと考えられています。
わが国の人口減少にともない、パチンコユーザーさまの数も減少傾向にありますが、当社は決して現状に甘んじるつもりはありません。こうした流れの中でこそ、何ができるのかを考え、SANYOが主導して業界活性化につながる施策を打っていくべきだと考えています。そして、新たな価値をつくり上げていくのは、これから入ってくる若い人材に他ならないのです。
少数精鋭で運営されている当社には、パチンコを心から愛する人間が集まり、会社全体が一つのファミリーのような雰囲気を醸しています。皆さんのみずみずしい発想が、新たな時代にふさわしいパチンコの楽しみを創造します。それにより、当社の新しい歴史が築かれていくことを願ってやみません。

会社データ

プロフィール

“ホールさま、パチンコファンの皆さまに笑顔を”
SANYOグループは、人々の日常に遊び心と驚きの歓びをお届けするエンターテイメント創造集団です。当社の代表機種である『海物語』シリーズは、どんな瞬間でもワクワクできる期待感と、誰も安心して楽しめるゲーム性が受け入れられ、多くのファンの皆さまに愛される機種に成長してきました。同時に、ホールさまと共に成長を遂げてきたことへの感謝と、さらなる「熱い思い」を全社一丸となって胸に抱き、その先も本物の『遊び』を追求していきます。ホール様、パチンコファンの皆さまにより一層愛されるSANYOであり続けるために。

事業内容
グループ企業である(株)三洋物産、(株)サンスリーが開発・製造した遊技機の販売・アフターメンテナンス、並びに監視カメラシステム等周辺機器の販売を行っています。私たちが、日本の遊びをリードする。そのくらいの気持ちを胸に、次々と新しい楽しさをカタチにしていきます。

PHOTO

本社郵便番号 464-0850
本社所在地 愛知県名古屋市千種区今池3-9-21
本社電話番号 052-733-3401
設立 2000年10月
資本金 2,000万円
従業員 237名(2020年12月末時点)
売上高 818億円(グループ全体/2020年8月決算)
代表者 代表取締役社長 金沢 信求
事業所 ■本社/名古屋市千種区今池
■東京本社/東京都中央区日本橋
■北海道支社/幌市中央区北1条東
■東北支社/仙台市太白区根岸町
■北関東支社/さいたま市大宮区北袋町
■東京支社/東京都台東区東上野
■名古屋支社/名古屋市千種区今池
■大阪支社/大阪市浪速区元町
■広島支社/広島市南区段原
■九州支社/福岡市博多区博多駅南

【営業所】
青森、新潟、茨城、八王子、千葉、横浜、北陸(金沢)、静岡、京都、神戸、四国(高松)、鹿児島
関連会社 (株)三洋物産、(株)サンスリー、(株)三洋商事
取引銀行 三菱UFJ銀行今池支店、みずほ銀行名古屋中央支店、三井住友銀行本山支店
加盟団体 回胴式遊技機商業協同組合
沿革
  • 昭和30年 1月
    • 名古屋支西区松前町においてモナミ商会設立 遊技機製造販売業を開始
  • 昭和39年 6月
    • 大阪市浪速区元町に大阪支社設立。
  • 昭和40年 6月
    • 東京都台東区東上野に東京支社設立。
  • 昭和41年 4月
    • 名古屋市千種区今池二丁目12番10号に本社移転
  • 昭和43年 7月
    • 新(株)三洋物産設立。
  • 昭和49年 4月
    • 福岡市博多区に九州支社設立
  • 昭和49年 12月
    • 東海市に直営店「パチンコ三洋」営業開始
  • 昭和49年 12月
    • 広島市南区に広島支社開設
  • 昭和53年 3月
    • 札幌市に北海道支社設立。
  • 昭和55年11月
    • 仙台市に東北支社設立。
  • 平成元年 12月
    • 名古屋市千種区今池三丁目9番21号に新社屋竣工、本社移転。
  • 平成3年 2月
    • 本社営業部より名古屋支社を独立
  • 平成10年 8月
    • 名古屋市千種区今池二丁目1番27号の本社工場解体。同所並びに隣地に新本社工場竣工。
  • 平成12年10月
    • 遊技機の販売部門を独立させ(株)三洋販売を設立。
  • 平成13年 1月
    • 製造部門を(株)三洋物産、販売部門を(株)三洋販売として業務開始
  • 平成14年 5月
    • 東京都中央区京橋に東京本部開設。
  • 平成15年 1月
    • 大宮営業所を北関東支社に機構改革。
  • 平成16年 2月
    • 福岡市博多区に九州支社ビル新築。九州支社移転。
  • 平成16年12月
    • 埼玉県さいたま市に北関東支社移転。
  • 平成17年 9月
    • 本社開発ビル新築。開発部門移転。
  • 平成18年11月
    • 仙台市太白区根岸町6番24号に東北支社新築。東北支社移転。
  • 平成19年9月
    • 神戸市中央区に神戸営業所開設。
  • 平成20年10月
    • 名古屋市守山区新守西1801番地に本社工場移転。
  • 平成22年 7月
    • 札幌市中央区北1条東8丁目1番地52号に北海道支社ビル新築、北海道支社移転。
  • 平成26年 5月
    • 日本橋三洋グループビル新築、東京開発部、東京本部移転、東京本社開設。

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 15年
    2020年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 9日
    2020年度

取材情報

顧客との信頼関係。少しずつでも確実に。
営業に求められる、ホールさまと共にあゆむ姿勢
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒103-0027
東京都中央区日本橋1-3-5 日本橋三洋グループビル
東京本社 営業企画部 総務グループ 新卒採用担当
TEL:03-3241-3401
URL ◆コーポレートサイト http://www.sanyobussan.co.jp/
E-mail saiyou2022@sanyobussan.co.jp
交通機関 ■(株)三洋販売
東京本社
東京メトロ東西線、銀座線「日本橋駅」A4出口直結
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp88809/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)三洋販売と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ