最終更新日:2021/6/25

(株)メトロプロパティーズ(東京メトログループ)

  • 正社員

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 不動産(管理)
  • 外食・レストラン
  • 専門コンサルティング

基本情報

本社
東京都
資本金
1,000万円(東京メトロ100%出資)
売上高
135億円(2020年3月末/単体)
従業員
93名(2020年4月1日)
募集人数
若干名

東京メトロの駅チカ・駅ビルといった商業施設を企画開発、管理運営する会社です。

採用担当者からの伝言板 (2021/05/07更新)

PHOTO

4月28日にエントリーいただいた方をもって2022年度新卒採用については
エントリー締め切らせていただきました。

会社紹介記事

PHOTO
「お客さまに喜んでいただく」という共通ビジョンのもと、自分の意見を率直に発言できる会社です。多様な仕事を経験し、失敗もして、成長できる風土があります。
PHOTO
「Esola池袋」は、ファッション、グルメなど、高感度なショップがそろう全31店舗の商業ビル。「Echika池袋」と一体感のあるゾーン開発で駅と街の融合をめざしています。

駅地下の商業施設の運営を通じて、東京をもっとチャーミングにしていく会社です

PHOTO

メトロプロパティーズは設立から15年という若い企業。東京メトロのネットワークを中心として街をバージョンアップしつづけている。

学生さんの中には、ここ十年で東京メトロの駅構内に魅力的な店舗が増え、快適に利用できるようになったことに気づいている方も多いと思います。この「東京をもっとチャーミングにしていく」仕事を手がけているのが、私たちメトロプロパティーズです。東京メトロのグループ会社として、駅構内の商業施設の企画・管理やテナントの誘致、直営店舗の運営などを行っています。

現在、東京メトロは数多くのお客様にご利用いただいております。ご利用いただく多くのお客さまの利便性を向上させることが、東京メトロの第一の目的。しかし、そこにとどまることなく、駅の地下という抜群のアドバンテージを持つ空間の可能性を広げていくことを、私たちメトロプロパティーズはめざしています。

地下鉄の駅構内は、消防法や建築基準法などの規制や、空間的な制約があること、排気設備が作りにくいことなど、さまざまな制限があります。その一方、通勤や通学のために数多くのお客様が利用するという特殊な立地は他の商業施設にない大きなメリットといえます。こうしたさまざまな条件や可能性を組み合わせ、新しいビジネスをプロデュースしていくのが当社の役割です。

この事業には、地下の空間を充実させることで人の流れを作り出し、地上も活性化させるという都市計画的な意味合いもあります。当社は東京メトロが所有する地上建物でも、商業施設の運営を行っており、現在はEsola池袋やメトロ・エム後楽園、メトロ・エム高島平などの地上の商業施設運営を行っています。また直接店舗運営を行うリテール事業も行っており、現在はそば・うどん、カフェ、スイーツなど飲食店舗を16店舗運営しているのも特徴といえるでしょう。駅構内で店舗を運営、ノウハウを蓄積し、テナントにも提供できることが大きな強みとなっております。また近年は、これまでに培ってきたノウハウを生かし、東京メトロ沿線以外の地域にも進出して商業施設をプロデュースしており、京都市の地下鉄駅構内での商業施設開発・運営にも携わっています。

少数精鋭の当社だからこそ、やりがいのある業務に就くことができ、商業施設の開発や運営に興味のある方、都市計画に携わってみたい方などにとっては、魅力的な企業といえるでしょう。

(プロジェクト推進部 曽木宏一郎/2007年入社)

会社データ

プロフィール

地上の街のランドマークになるような素敵な街をつくっていきたい。
そのためには、スピーディな判断と、軽いフットワークが不可欠。
そう考え、東京メトロやグループ会社に分散していた事業をひとつにまとめ、2006年4月にメトロプロパティーズは誕生しました。

設立以来、東京メトロの駅構内の店舗(メトロピア)やEchika表参道、メトロ・エム後楽園などといった既存のショッピングセンターを一元管理し、随時リニューアルを手掛ける一方で、Echika池袋、Esola池袋といった池袋駅西口の大規模店舗の開業や、Echika fit東京、Echika fit上野、Echika fit永田町、中野坂上メトロピアなどの駅の空きスペースを活用した便利な店舗を、東京メトロと共に続々と開発しています。

事業内容
(1)商業施設の運営管理事業
東京メトログループの一員として、地下鉄の駅の中や、駅に隣接したビル内の商業施設を企画・開発し、活性化していく仕事です。具体的には店舗の誘致や館全体の売上管理、販売促進、施設管理などを行います。個々の店舗を実際に運営する企業のみなさんを盛り立て、チームとしてまとめ、主導していくお仕事です。

(2)商業コンサルティング事業
商業施設運営で培った街づくりの視点に立ったマーケティングとプランニングのノウハウをもとに、商業コンサルティング事業を手掛けています。お客様のイメージや開発地の特性などを把握、分析し、それぞれに応じたコンセプトやブランド戦略を提案することから、コンサルティングに基づいたテナント誘致・選定を行い、出店までのサポートを行います。また、ハード・ソフトの両面から施設全体を活性化させる運営管理のサポートを行います。

(3)リテール事業
東京メトロの駅構内を中心に飲食店舗を展開しております。そば・うどん事業、カフェ事業、カレー事業、スイーツ事業といった多様な直営・フランチャイズ店舗を展開しています。
本社郵便番号 110-0015
本社所在地 東京都台東区東上野六丁目9番3号 住友不動産上野ビル8号館5階
本社電話番号 03-5827-5839
設立 2006年4月3日
資本金 1,000万円(東京メトロ100%出資)
従業員 93名(2020年4月1日)
売上高 135億円(2020年3月末/単体)
平均年齢 38.9歳
沿革
  • 2006年
    • 会社設立
      他都市高速鉄道店舗開発コンサルティング開始
  • 2007年
    • 新木場駅、王子駅、新富町駅、日本橋駅、
      青山一丁目駅店舗開発
      一級建築士事務所登録
  • 2008年
    • 赤坂駅、駒込駅、西船橋駅店舗開発
  • 2009年
    • Echika池袋開発
      明治神宮前駅、南千住駅、飯田橋駅店舗開発
      Esola池袋開発
      Echika fit上野開発
  • 2010年
    • 新木場駅、月島駅店舗開発
  • 2011年
    • 秋葉原駅店舗開発
  • 2012年
    • Echika fit東京開発
      Echika fit銀座開発
  • 2013年
    • Echika fit永田町開発
  • 2014年
    • 新富町駅店舗開発
  • 2015年
    • メトロフードサービス(株)より外食事業を承継
  • 2016年
    • 宅地建物取引業者登録
  • 2017年
    • 中野坂上開発
      Echika fit上野リニューアル
  • 2019年
    • 明治神宮前駅開発
      大手町駅開発
  • 2020年
    • 有楽町メトロピア開発
      Echika fit銀座リニューアル

働き方データ

  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 20時間
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 14.5日
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
    前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得対象者数(男女別)(合計)
    対象者 1名 1名 2名
    2019年度
  • 前年度の育児休業取得者数(男女別)
    前年度の育児休業取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業取得者数(男女別)(合計)
    取得者 1名 0名 1名
    2019年度

先輩情報

地下から発信する街づくりに自分の力を
高野 由衣
32歳
筑波大学
社会・国際学群 国際総合学類
プロジェクト推進部
テナント誘致、新規開発の事業計画、外部コンサルティング業務
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒110-0015
東京都台東区東上野6丁目9番3号 住友不動産上野ビル8号館5階
(株)メトロプロパティーズ
総務部 総務・人事担当(採用)
TEL:03-5827-5839
URL https://www.metro-pro.jp/
交通機関 東京メトロ銀座線 稲荷町駅 徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp90709/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)メトロプロパティーズ(東京メトログループ)と業種や本社が同じ企業を探す。

トップへ