最終更新日:2021/9/14

社会福祉法人きらくえん

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
兵庫県
PHOTO

きらくえんは明るく元気!部署問わず仲が良く毎日楽しい!

M.F
2015年入職
新見公立短期大学
地域福祉学科 卒業
特別養護老人ホーム
日々の生活に寄り添い、起床から就寝までその方に合った生活支援

今の仕事のやりがい、たいへんなこと

入職5年目になりますが、入居者さんからの「ありがとう」は心が温かくなります。ケアによっては入居者自身も羞恥心もあり、つらいこともあると思います。そんな思いを持ちながらも、職員に対して感謝の気持ちを伝えてくれている、そう思うとジーンと心が温かくなるのが自分でもわかります。
認知症をおもちの方とのやり取りの中で、ケアを嫌がられることもあります。無理やりするのではなく、少しでも安心していただけるような関係を築きながら、ご家族と協力しながら、職員全員で模索し、実践していくことが大切だと日々学んでいます。


入職の決め手

学生時代に、実習で10程の施設(老人ホームや障がい者支援施設など)に行きました。どこも従来型で、以前よりユニット型の施設に興味があった私は、KOBE須磨きらくえんに初めて見学に来た時、施設の明るさに驚きました。ユニット型であることもあってか、居室で読書をされている方やリビングでテレビを観ている方など、入居者さんが自由に過ごしている様子を見て、自分の中の「老人ホーム」の印象が180度かわりました。入居者さんが思い思いに行動されていることで、自ずと職員もゆとりをもってケアに取り組むことが出来ているんだなと思いました。
起きて食事をしてトイレに行って寝る、当たり前の生活がそこにあって、それぞれの過ごし方を職員全員が支援していると目で見て分かったことで「ここで働きたい」という気持ちが強くなりました。


学生さんへのメッセージ

私は両親がバイク好きで、いつか自分も中型二輪の免許を取りたいと思っていました。ひとり暮らしをしていたので、家に帰ってからもしないといけないことがたくさんあり、入職してしばらくはなかなか趣味の時間に時間を費やすという気力がありませんでした。でも、3年目辺りから少しずつ私生活に余裕を持てるようになり、散歩が好きだったその頃は夜勤明けに、家から2時間半かけた先まで歩いたこともありました(若かったからこそできたことだと今は痛感しています…)。入職して5年、ようやく一歩踏み出し、職場の近くの教習所に半年以上通って中型二輪の免許を取得しました。仕事をしながらなので、予定を組むのが難しく時間はかかってしまいましたが、やってよかったと思っています。休みの日に両親とツーリングをしたり、一人でバイクに乗って買い物に行くなど、今まで以上に充実した日々を送っています。「仕事をしているから趣味をあきらめる」のはとても勿体ないことです。せっかくやりたいことがあって、目指している自分像があるなら、仕事も趣味も全力で頑張ってほしいと思います。新生活に慣れるまでに時間はかかると思いますが、確実に自分のためになるはずです。


トップへ