最終更新日:2021/10/18

社会福祉法人きらくえん

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
兵庫県
PHOTO

介護に興味のある方へ。一歩踏み出すならきらくえん!

S.M
2016年入職
京都福祉専門学校
介護福祉科 卒業
特別養護老人ホーム
生活援助。毎日みんなの笑顔を引き出すことに全力投球!

入職の決め手

施設見学時に、入居者のみなさまの表情が活き活きしていると感じたからです。法人理念の「ノーマライゼーション」のもとで、生活空間は自宅の1室をそのまま継続させた環境作り。地域の中の1人として、職員や家族のみならず、ボランティアの方とのふれあい。昔から制作している手芸や絵画などの作品を並べ、展示会を開く活動に感銘を受けました。
毎日同じ職員や家族とばかり会う生活でなく、人と人との横の深い繋がりと開放的な空間がきらくえんにはあります。たとえば近隣の方や、ボランティアの方と入居者さまの会話では「久しぶり」「元気にしていた?」など、そこから女子会や男同士の熱い会話が始まります。入職前に見たことを入職後間近で感じ、入居者さまの活き活きとした表情の源だと実感しています。


「持ち上げない、抱え上げない、引きずらない」ために

唐突ですが、「介護=腰痛」というイメージをお持ちではないですか?いいえ、そんなことはありません。
きらくえんの数ある研修の一つに、NLCM(ノーリフティングケアマイスター)研修があります。そこで、抱えない、腰痛予防の介助方法をたくさん学びます。移乗方法1つでも、抱える方法以外にも肩や膝を使った介助方法で腰の負担軽減を図ります。また、車いすに座っている方の傾いた姿勢を腰に負担かけずに整える方法を学びます。研修内では、入居者役も体験しますので、どのようにすれば不快感なく介助できるのか相手の立場に立って考えられます。その他にも、いろいろな抱えない介助方法を専門職から学び、様々な福祉用具や機器の取り扱いについても、知ることが出来ます。研修後は、体験したこと学んだことを他の人に教えたくなる内容ばかりです。百聞は一見にしかず。未経験の方でも大丈夫!ほかにも、自分自身のスキルアップができる研修がたくさんあります。


お休みの過ごし方

私の趣味は「釣り」です。主にバス釣りに行きます。海釣りも少々。お休みの日は、ほとんど毎回の様に川や海へ出かけています。日の出の早朝・日暮れの夕方が最も釣れる時間帯とされています。夜勤が21時半からのため、夜勤前にもリフレッシュの時間として釣りに出かけることもよくあります。入居者のみなさまも私の趣味を知っているので、休み明けには「釣り行ったの?何が釣れた?」とよく聞かれます。釣れたことを報告すると、大半の方が「え、今日は釣れたの」といつも驚いた表情をされます(なぜなのか理由は伏せておきます…)。入居者さまから子どものころのよく釣れた川や漁港などのポイントを教えてもらっては、勝手ながら弟子入りさせてもらっています。自然の中で過ごすことが好きなので、釣りという大人の日光浴を楽しみながら、休日を過ごしています。


トップへ