最終更新日:2021/9/14

社会福祉法人きらくえん

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
兵庫県
PHOTO

介護ってクリエイティブなお仕事なんです!

S.M
2012年入職
神戸学院大学
総合リハビリテーション学部 社会リハビリテーション学科 卒業
法人事務局
主に採用と教育研修に関することです

入職の決め手

大学では社会福祉を学び、高齢者と児童分野の施設の実習へ行きました。しかし、どれも自分に向いていると思えずただ「大変そう」というだけで、一般企業への就職活動を行っていました。そんなときに大学の講義で、きらくえんを取材した「最期までの日々」という番組を見て衝撃を受けました。そこには看取り期を迎えた入居者の様子やそのご家族の思い、自分はどのようにして最期を迎えたいか職員と話すシーンがありました。デリケートなことだと思っていた死生観を聞き取る様子を見て、日ごろからつくられた関係性を感じました。また、職員の入居者への関わり方、私服で働く職員の雰囲気、おしゃれをする入居者の様子を見て「施設」ではなく家と変わりない「暮らしの場」がそこにありました。番組を見終わった頃には「自分もここの一員になりたい」と思っていました。ここでなら「介護=大変」ではなく、もっとやりがいを感じられることが出来るのではないかと、入職を決めました。


チャレンジ、ステップアップができる法人

私は入職後、援助員(介護職)として特別養護老人ホームに配属後、4年目にフロアリーダーになりました。援助員として、これまで通りの暮らしが継続できるようにサポートし、入居者のみなさんに癒しをもらって、日々楽しみながらさまざまな貴重な経験をしてきました。この経験は入職前の「介護=大変」からすぐに変わり、クリエイティブで深みのある仕事であると実感しています。
8年目の秋に法人事務局へ異動後、現在は採用・教育研修担当として働いています。以前から採用活動には興味があり「いつかしてみたいな」とふんわり思っていた事が、早い段階実現できたことに正直驚きました。援助員としての日々はとても楽しく、現場から離れる事にためらいはありましたが、今「楽しい」と思っている気持ちを学生さんに伝えたい、チャレンジしたいと思い今に至ります。
福祉施設、在宅サービスなど5施設で約100事業あるので、多様な事業を経験して介護を極める、援助員から相談員へ進みたいなど道はたくさん!このように、きらくえんではチャレンジとステップアップが可能です!


無資格・未経験でも大丈夫な理由

「福祉には興味があるけど、介護はなぁ」「重労働で大変そう」と思っている方!きらくえんにはたくさんの研修があり、無資格・未経験でも安心して現場に入れる仕組みが出来ています。重労働と思われがちな介護ですが、きらくえんでは「持ち上げない、抱え上げない、引きずらない介護」に取り組んでいます。お年寄り、職員どちらにとっても安楽に移動、移乗が出来る福祉用具の使い方や、技術を身に着ける研修を行っています。私は入職するまで介護に関する勉強や資格はなく「自分にできるのか」と不安になる気持ちもありました。しかし、先輩職員に分かるまで教えてもらい、身体のメカニクスが分かってくるにつれて、驚きと喜びがありました。ワケがわからないから「大変そう」と思っていたことも、ワケがわかるとこんなにも面白いのかという発見もあります。もちろん仕事を覚えるまでは大変な日々ではありますが、先輩職員がサポートしてくれるプリセプターシップ制度もあります。資格取得支援もあるので、入職後ゆっくり介護の勉強をしていきましょう!


トップへ