最終更新日:2021/6/14

(株)アコーディア・ゴルフ

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • レジャーサービス
  • 外食・レストラン
  • ホテル・旅館
  • スポーツ・レジャー用品(メーカー)

基本情報

本社
東京都

お客さまの楽しむ笑顔が最高のやりがい。各自に任された役割で最高のプレーを支える

PHOTO

日本のゴルフ業界の未来を担う、若い感性

日本最大規模のゴルフ運営会社として、ゴルフの楽しみを幅広い年代に訴求しているアコーディア・ゴルフ。フロント業務や、コース管理で働く3人の若手社員に、仕事のやりがいやこだわりについて伺った。

■澤村彩夏さん 2018年入社
 ワイルドダックカントリークラブ/オペレーション部門

■高木大成さん 2019年入社
 空港ゴルフコース成田(取材時)→グランベール京都ゴルフ倶楽部(現在)/コース管理部門

■細越拓海さん 2019年入社
 グレンオークスカントリークラブ(取材時)→アクアラインゴルフクラブ(現在)/オペレーション部門

仕事へのこだわり

ゴルフ場ごとにフロント業務にこだわりがあり、異動のたびに新たに覚えることが多くて大変ですが、全国各地のゴルフ場で働けることを楽しみにしています。(澤村さん)
頼まれたことをただこなすのではなく、何のためなのかを常に意識して仕事に取り組んでいます。改善できることが見つかれば積極的に提案するよう努めています。(高木さん)
お客さまにゴルフを快適に楽しんでいただけるよう、より確実な業務の遂行を心掛けています。私自身は計画・行動・反省・改善のPDCAサイクルを意識しています。(細越さん)

父親の影響で始めたゴルフ、家族と一緒にプレーできる割引料金で親孝行ができる!

高校2年生の時に父親とコースでプレーしたのをきっかけに、すっかりゴルフにはまりました。就職活動でも、ゴルフ業界に絞ってゴルフ場運営会社の説明会に参加。インターンシップにも参加したアコーディア・ゴルフの担当者や先輩との会話がスムーズで、私に合うと確信できたことや、従業員割引が家族にも適用されてゴルフを楽しめるので、親孝行になると思って入社を決めました。
入社1年目は研修期間として各部署の仕事を経験した後、神奈川県の「大厚木カントリークラブ本コース」に配属。先輩社員の指導を受けながら、フロントにおける接客や予約の受付、事務処理などの仕事を覚えました。研修では、いろいろな仕事を知ることができてとても勉強になっただけでなく、仲間と一緒に学ぶことにより、同期の結束が高まった貴重な機会となりました。
2年目から、茨城県の「ワイルドダックカントリークラブ」に異動。フロント業務に加えて、上司と相談しながら価格設定に携わるRM業務にも取り組むようになりました。
フロント業務ではお客さまとのやりとりが何より楽しいですね。メンバーの顔も少しずつ覚えていくなかで、逆にお客さまに名前を覚えていただき、気さくに話しかけていただけるようにもなりました。お客さまがロッカーから大きな荷物を取り出すときなどに、私が扉を支えることがあります。このようなちょっとしたことで「ありがとう」と感謝の言葉をいただけるのはとてもうれしいですね。日々の業務のさまざまな場面で、仕事のやりがいがあふれています。
価格設定に携わるRM業務も、当初は資料を読むのが精一杯で大変でした。しかし、私が考えた料金が採用されたときは、仕事への手応えが得られました。私自身は、女性のお客さまを増やしたいと考えています。そこで、コスメティックをプレゼントするレディスプランを用意するなど、より多くの人にゴルフを手軽に楽しんでもらう機会の創出を構想しています。
(澤村さん)

米国PGAツアー開催実績のあるアコーディア、フェアウェイのストライプ模様は自分が刈る!

学生時代は、地元の北海道で落花生の栽培研究に取り組んでいました。北海道で大規模栽培が実現すれば、安価な国内産の供給が可能となると考え、寒さに弱い落花生の効率的な栽培方法をあれこれ試していました。
その後、そのまま大学の研究室に残るのは性に合わないと判断し、就職活動では祖父が続けていた農業を継ぐことも考えました。しかし、大学の先輩の勧めもあり、広大なゴルフ場を管理するアコーディア・ゴルフの業務内容に魅力を感じて入社を決めました。
入社後の研修では、芝の管理に必要な土壌や環境の知識を学習。また、芝刈り機などの操作も覚えました。配属された「空港ゴルフコース成田」では、先輩の指導で芝の刈り込みやバンカーのメンテナンスをしています。さらに、旗やティーマークなどの備品管理、倒木処理も含めたコース清掃、芝刈り機やスプリンクラーの整備なども担当しています。
そうした業務の中でも現在、私が特にこだわっている仕事がフェアウェイの芝の刈り込み作業です。テレビのゴルフ中継などで、きれいなストライプ模様の芝を見かけることがあると思います。実は、フラットでないフェアウェイの芝を刈ってハッキリとストライプ模様を作るのは至難の技なのです。私も、普段から刈り慣れたコースではストライプ模様を出せるようになりましたが、熟練した先輩の場合は、初めてのコースでも、ざっと目視しただけで均等なストライプ模様をものの見事に刈り上げます。私も早くそうなれるよう練習を重ねています。というのも、当社は、日本での米国PGAツアー開催実績のあるゴルフ場運営会社です。2019年10月に開催された米国レギュラーツアーでは、大会の応援でコース管理を手伝う機会がありました。興奮に包まれた大会独特の会場の雰囲気は今も鮮明に記憶に残っています。そうした晴れの舞台において緊張する中でも、整然と芝を刈り上げたり、カップをうまく切れたりする技術を身に付けたいですね。そして、より魅力的なコースづくりに貢献したいと考えています。
(高木さん)

お客さまが1日を楽しく過ごしていただけるよう、万全な準備でサポートする

大学3年生の時に、父親に連れられていったゴルフコースの美しさに心を打たれました。こんなところで働きたいと就職活動を進めるなか、早い段階で内定を頂いたアコーディア・ゴルフへの入社を決めました。
新人研修を経て配属された千葉県の「グレンオークスカントリークラブ」で、現在はフロント業務を主に担当しています。朝早く来場されるお客さまをお出迎えして、プレーが終われば笑顔でお見送りします。その日1日を楽しく過ごしていただけるようサポートする仕事です。私の対応次第で、お客さまのゴルフ場に対する評価が変わってしまうこともありますので、例えばコンペティションのお客さまを迎える前日には、参加者をリストアップしてスムーズに受付できるよう準備するなど、日々責任感を持って仕事にあたっています。
この仕事は接客業であり、仕事の楽しさも難しさもお客さま対応に尽きるので、常に最高のホスピタリティを意識して応対にあたっています。私の不甲斐なさからお客さまにご迷惑かけてしまうこともあります。しかし良い対応のときに、笑顔で感謝の言葉をいただけるのは大きなやりがいです。失敗したときもただ落ち込むのではなく、原因を見極めて改善を図るなど社会人として同じ失敗を重ねないよう努めています。
ゴルフに関する基本的な知識は、この仕事を始めてから覚えました。ただ漠然と仕事をこなすのではなく、仕事の目的や理由をしっかりと見定めたうえでできることに精一杯取り組んでいます。コース管理部門とも緊密に連携して、万一コース上の不備などが見つかれば直ちにお客さまに伝えるなどより喜んでいただけるフロント業務を目指しています。また今後は料金設定業務やWebでの集客活動など、アコーディア・ゴルフ全体の業務に関わるような仕事にも取り組みたいと考えています。
(細越さん)

学生の方へメッセージ

家族も利用できるゴルフ利用料金の割引制度や家賃補助など福利厚生制度が充実しており、働きやすい職場です。お客さまとはもちろん、バックヤードでは仲間同士が和気あいあいと楽しく会話しながら仕事を進めているので、コミュニケーションが好きな方にとっても働きやすいと思います。自分の長所や強みを見つけて、どんな仕事が向きそうか考えてみてください。(澤村さん)

コース管理は一人で黙々と進める作業もありますが、大半はスタッフ同士で協力しながら広大なゴルフ場を整備していきます。周囲とのコミュニケーションに抵抗ない性格だと働きやすいと思います。整備したばかりの誰もいないコースを堪能できるのはコース管理に携わる者の特権。そんなグリーンの美しさをぜひ皆さんにも知ってもらい、コース管理の仕事の楽しさを体験してほしいと思います。(高木さん)

入社後1年間は、OJT期間が設けられています。マスター室、コース管理、フロント業務、そしてレストランでの接客など各部署を回って業務に関する総合的な理解を深めます。各業務の知識がなくてもしっかりと学べる制度が整っています。好きなゴルフに関わる仕事がしたい人、ゴルフに興味があってこれから始めようと思っている人には、最適な環境です。さまざまな職種と向き合い、自分の将来を広げてみてください。(細越さん)

PHOTO
お客さまに快適にゴルフを楽しんでもらいたい。その思いを目標に掲げ、各々の立場や全国各地のゴルフ場で自分の職務を全うする若手社員。彼らがゴルフ業界の未来を担う。

マイナビ編集部から

全国で132カ所のゴルフ場と26カ所のゴルフ練習場を運営するアコーディア・ゴルフ(2020年12月現在、運営受託契約含む)。ゴルフ総合サービス業として「セルフプレー」や「スループレー」などの新しいプレースタイル提案やポイントカードサービスを開始。熱心なゴルファーはもちろん、これまでゴルフに触れる機会がなかった方々にも魅力を感じられるよう、新たなゴルフシーン創出に努めている。
今回取材に対応いただいた若手社員は、いずれも自身の考えを持ち、ゴルフに対する熱意がしっかりと感じられた。ゴルフ業界の未来を担うのは、まさにこうした若者であることを確信できた有意義な取材となった。今後の活躍に大いに期待したい。

PHOTO
日本での米国PGAツアー開催実績のあるゴルフ場運営会社として、コース管理やフロント業務を通じて貴重な経験ができるのも、アコーディア・ゴルフで働く大きな魅力だ。

トップへ