最終更新日:2021/6/1

(株)JR西日本ITソリューションズ【JR西日本グループ】

  • 正社員

業種

  • 情報処理
  • ソフトウエア

基本情報

本社
大阪府
PHOTO

鉄道会社をIT面からサポート!

三木 啓輔
2018年入社
自然科学研究科 修了
輸送計画ソリューション部

現在の仕事内容

JR西日本の運転士や車掌が使用する、帳票関係を担当しています。お客様を安全にお送りするには、列車やダイヤ図だけでは不十分ですよね?列車を運転する運転士、お客様に案内する車掌が不可欠となります。帳票は、上記の方々が確実に業務遂行するために必要なものです。この帳票ですが、鉄道用語・業務知識がついて回ります。
J-WITSで働くには多くの鉄道業務知識が必須と思われるかもしれませんが、担当するシステムを通じて求められる知識が身につきますのでご安心ください。一例として、他部署でお客様向けシステム(遺失物管理)の開発経験もありますが、その際は鉄道業務知識よりもIT知識の方が深く求められました。一方、現在の担当業務は鉄道輸送の根幹部分でありJR社内向けシステムといえます。今はIT知識よりも鉄道業務知識の方が、専門的かつ多岐に渡って要求されています。最初は知識不足により対応に手間取りましたが先輩方のおかげで徐々に身につき、自立することが出来ました。このように単なるSEとしての成長だけではなく、JR西日本の業務についても同時に理解することで、IT知識・鉄道業務知識の両面で深い知識を蓄えた人間に成長していると実感しています。


この会社のここが好き

この会社の好きなところとして、以下の点があります。
1.インフラ分野とIT分野の両側面を持つ
2.サークル活動による幅広い交流がある
1.について、私は「インフラ関係」、「ITを扱う企業」、「ユーザーに近い立場」で働きたいと思い、企業研究を行っていました。その時に、JR西日本をIT面から支える当社のことを知りました。そして説明会で先輩社員の方たちとお話をする機会があり、そこで会社・人柄ともに私にマッチしていると体感しました。
2.について、当社ではサークル活動が認められています。ほとんどの場合、新入社員の交流関係は配属された部署内に限定されてしまい、何年も働くことでようやく会社全体に交流関係が広がると思います。しかし、サークル活動に参加することで、1年目から普段は関わりの無い他部署の人たちとも交流を深めることが出来ます。気分もリフレッシュできて一石二鳥ですよ!


学生へのメッセージ

入社後に感じたこととして、学生のうちからタスク管理をすることに慣れておくことをお勧めします。
仕事では複数作業を並行することが多く、その期限もバラバラです。定期作業もあれば一ヵ月後が期限の作業もあり、今週金曜日までの作業が急遽入ることもあります。障害が発生しその対応に追われると、その日以降の予定をリスケジュールする必要があるでしょう。
このような場合に、タスク管理に慣れている人は最小限の時間で予定の把握・再設定をすることで、影響を極力抑えることができます。
私もまだ不慣れですが、任された作業の優先順位から予定を組み替え、適切に1日あたりの作業量を分配し、余裕を持って仕事が出来る人にいつかなりたいですね。


トップへ