最終更新日:2021/11/23

(株)LYZON(ライゾン)

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • インターネット関連
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 情報処理
  • 広告
  • 損害保険

基本情報

本社
東京都
資本金
1,000万円
売上高
8億円(2020年12月実績)
従業員
78名
募集人数
16~20名

《ディレクター/エンジニア積極募集!》【業界最先端のデジタルマーケティングと人工知能における収益力強化ソリューション】『未来に挑む』糸口は、『LYZON』から始まる。

  • 積極的に受付中

※ディレクター・エンジニア積極募集※《輝かしい未来のための第一歩!》LYZONだからできる最先端のWeb技術 (2021/11/23更新)

PHOTO

◇◆―――――――――――――◇◆◇―――――――――――――◆◇

こんにちは。
(株)LYZON、採用担当です。



LYZONの22卒に関しては、なんと、\5職種/募集します!


当社の説明会はいつでもどこでも気軽に受けられるWeb形式を取り入れています。
大人気で10月までに3100名以上の方に視聴いただきました!!

※※説明会配信は12月で終了!?※※
内々定までの所要日数:3週間!


いま、業界最先端のWebサービスを提供しているLYZON。

説明会で業界最先端に触れてみませんか?


説明会の中で、実際にLYZONで働いている先輩社員との座談会もご用意しております。

ご参加お待ちしております!!


□■採用に関するお問合せは下記までご連絡ください■□

(株)LYZON 採用担当
TEL:03-6841-1628

また、LYZONの採用サイトとFacebookもぜひチェックしてみてください!
雰囲気など、少しは感じてくれるかと思います☆

採用サイト:http://www.lyzon.co.jp/recruit/
Facebook:https://www.facebook.com/fb.lyzon


                 --- (株)LYZON 採用担当 ---

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
『LYZON』という社名に込められているのは「未来に挑む」という意味。他にはない新しい何かを創出することが同社の理念だ。
PHOTO
社員一人ひとりが積極的に意見を出し合うことで、より良いサービスや会社の体制を創っていくことができるのが同社の強みだ。

Web分析技術を活用したコンサルティングは【業界最先端】~世界に役立つ脳を創ろう~

PHOTO

サイトコアとデジタルマーケティング・人工知能を組み合わせ、多くの企業にWEBソリューションを提供していきたいと語る藤田社長。近い未来、上場も見据えている。

■大企業のクライアントが名を連ね、事業は安定的に拡大

クライアントは、SOMPOグループ、野村総研、住友商事など、業界の大手企業。また、SCSK、東芝、ヒューレットパッカードなど、大企業とのパートナーシップ戦略を進めており、業績は安定しています。
国内の不況をものともせず、ITの可能性を追求しつつ、アジアをはじめとする海外を視野に入れたグローバル戦略を実践しているのです。そこで、現場に即した多デバイス・多言語展開は不可欠。さらに、大企業とのパートナーシップにおいても、プロジェクトマネジメントは当社でおこなっており、主導の立場を崩しません。
2020年度の売上は8億円で、2021年度はこの130%を見込んでいます。


■世界最先端の次世代CMSサービス『Sitecore』のシェアはトップクラス!

一人ひとりにあわせた「パーソナライズ」を実現する次世代CMS『Sitecore』の導入・構築実績は、国内NO1です。
構築数NO1という実績のおかげで、ノウハウ・技術力が高く評価され、大企業のお客様から多くの引き合いがございます。
また、顧客のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進による多種多様なニーズにお応えするため、ビッグデータの活用や、人工知能(AI)を活用したサービスの提供をはじめ、ショートメールとの連動ツールや、ナーチャリングの営業支援ツールといった自社パッケージの開発など、より良いサービスを提供できるようにしています。


■多様な学びと活躍の場・権限を渡すので、「来たれ開拓者」!!

「チャレンジする開拓者たれ!」
ということを私はよく社員などに伝えています。
当社は手法自体が他社と異なり、さらに世の中にない、誰も手がけていないことに挑戦し続けているのです。挑戦といっても、無計画に進めることではありません。たとえば、プロジェクトマネジメントに関しては、Work Breakdown Structure(WBS)と呼ばれる手法を用い、具体的な作業にまで落とし込んでから進行しています。
また、デロイトトーマツの研修への参加や、定期的な社内の勉強会や発表会なども開催。各人が学んだノウハウは必ず共有します。
失敗を通して学び、お客様に喜ばれる社員に成長してほしいと思っています。
権限は渡し、自社サービス展開の計画もあるので、責任感の強い方に、どんどん活躍していただきたいですね。

<代表取締役社長 藤田 健>

会社データ

プロフィール

代表の藤田が東京大学大学院で研究をしてきた時から大切にしてきた考えを、
LYZON設立後、理念としてまとめました。

━━━━━━━━━━━━━━━VISION━━━━━━━━━━━━━━━
           世界に役立つ脳を創ろう。
 ~情報と情報を結び付け、そこに価値を持った知識・知恵を生み出す~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
深堀すると…
1、WebはRealを移す写像
「現実」は、Iotやスマートデバイスにインターネットを介することで情報化されます。その情報の利用で、現実を理解することができます。

2、情報はネットで結びつくことで付加価値を生む
多くの情報が集まり利用できる形で蓄積されるビッグデータと、多くの情報が加工され有機的な結びつきを処理するAI。それぞれの情報が結びつくことで、価値を生み出します。


このVISIONを元に、LYZONコンセプトも創造しています。


《挑戦する》
1.新しいこと、だれもやったことのないことに挑戦しよう!!
2.僕らは開拓者でなくてはいけない、挑戦するからこそ、成長し、価値を増大させることができる。
3.難しいこと、大きいことに挑戦しよう!!
4.難しいことは価値があることと同じ。大きい仕事には価値がある。難しいことに挑戦して、自分の価値を高めよう。


《考える》
1.人より同じスタートなら、人より少しうまく立ち振る舞えるように考えよう。
2.しっかりと考え、戦略を持ち、目標を持ち、行動しよう。
3.物事を良く見つめて理解し、解釈しよう。
4.わかったことをしっかりと考えて見つめれば、何をやるべきかわかってくる。


《Only oneになる》
1.他の人のまねはするな!真似をするとOnly oneになれない。
2.他の人と違う考え方をしよう。他の人と違う視点で物事を考えよう。
3.人と少しだけ違うやり方でやってみよう。差別化をしていこう。


会社名である『LYZON』は『未来に挑む』という、信念に由来しています。

これを元に社員一人ひとりが一つ一つ実績を積み重ね年々コンサルティング力や開発力、運用力が向上していきました。
その力をベースに、SEOやリスティング広告はもちろんのこと、トレンド技術を取り入れた自社パッケージの開発や、世界最先端の次世代CMSサービス「サイトコア」を扱い、常に時代の最先端を走るオンリーワンの会社になることを目指しています。

事業内容
  • 受託開発
LYZON=「Web制作会社」×「システム開発会社」×「広告代理店」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
企業向けWebサイト制作を中心に、Webに必要な全てを提供しています。
その中でも大規模サイト向けCMS構築がLYZONの得意分野です。
マーケティングオートメーションやパーソナライズなどの次世代デジタルマーケティングを用い、Webサイト収益の最大化に応えます。
また、LINE連携やAI(人工知能)活用など、常に新しい試みに挑戦し続けています。


具体的なLYZONの【3つの武器】

1、『Sitecore』を活用したWebシステムの開発
『Sitecore』は、サイトコア社とマイクロソフト社が共同開発した次世代型マーケティングプラットフォームです。多言語対応や多デバイス対応など、優れた機能を豊富に備えており、日本でも売上500億円以上の企業が続々と導入しています。
その中でLYZONは2010年から『Sitecore』によるサイト構築とあわせてデジタルマーケティングシステムを導入し、顧客のWebマーケティングをサポートしてきました。
実績を積み重ねた結果、30ヶ国の多数の応募者の中から、当社社員が【Sitecore MVP 2020】を5年連続で受賞しました。その一人となれた事に、会社全体で喜びを分かち合いました。

2、デザインとシステムの『融合』
Webサイトのデザインに特化した会社、システム開発に特化した会社が多い中で、「基幹システムと連携でき、洗練されたデザインのWebサイトを作りたい」という要望に応えることができるのがLYZON。
そのため、大企業を中心に多くの依頼を頂いております。

3、『トレンドの技術』の取組み
マイクロソフトの「Azure Machine Learning」というツールのインフラ上で、人工知能を活用できる自社パッケージを開発し、パートナーと共に販売しています。
それ以外にも、ショートメールとの連動、ビジネスインテリジェンスツールとの連動ツール、販売促進システム、LINE公式アカウント連携システムなど、常にトレンドの技術を取り入れ、自社パッケージの開発に励んでいます。
また、「Sitecore」の機能拡張の為に、MAやパーソナライズ動画システム、レコメンドなどの導入を行っています。
トレンド技術を取り入れた当社の自社パッケージは、他社には追随できない物となっています。


3つの武器を駆使することで、顧客から多くの信頼と高い評価を頂いています。

PHOTO

プロジェクトマネジメント、Webディレクション、コンサルティングによってクライアントの様々な問題を解決していきます。

本社郵便番号 113-0034
本社所在地 東京都文京区湯島1-6-3 湯島1丁目ビル4階
本社電話番号 03-5803-0588
設立 2007年6月
資本金 1,000万円
従業員 78名
売上高 8億円(2020年12月実績)
事業所 御茶ノ水
売上高推移 12憶5,000万円(2022年度見込)
10億3,000万円(2021年度見込)
8憶円(2020年度実績)
7億円(2019年度実績)
6億5,000万円(2018年度実績)
4億5,000万円(2017年度実績)
3億1,500万円(2016年度実績)
2億2,500万円(2015年度実績)


※毎年右肩上がりの成長を誇っております。
主な取引先 SOMPOグループ
ソニー(株)
東京タワー(日本電波塔(株))
学校法人東洋大学
SCSK(株)
ピクテ投信投資顧問(株)
アステラス・アムジェン・バイオファーマ
(株)メディカル・プリンシプル社
ギリアド・サイエンシズ(株)
アヴネット(株)
オーティコン(株)
JBアドバンスト・テクノロジー(株)
仙田(株)
(株)SALON IKUE YAMAZAKI
鍋屋バイテック会社
アイネット(株)
(株)ソルパック
(株)ロフトワーク
藤末健三事務所
など
パートナー会社 SCSK(株)
NTTデータグループ
(株)東芝 デジタルソリューション
日本ヒューレットパッカード(株)
日立グループ
(株)日経BPコンサルティング
など
平均年齢 30.0歳
LYZONの今後~Part1~ ◇企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進の支援を強化
2021年は各社のデジタルマーケティングへの取組がますます強化されていく年だと考えています。
特に、「マーケティングオートメーション」や「レコメンド、パーソナライズ」といった仕組みへの取組が強化されていくと思います。
多くのユーザー、カスタマーとの接点におけるデジタル化の比率が高くなり、プロモーションやマーケティングにおけるデジタル戦略の重要性が増しています。
LYZONでは、デジタルマーケティングは、将来的に企業競争力の源泉になると考えており、今後も取組を強化していきます。
また、遷移時期においては、デジタルとリアル(セミナーやDM)の狭間も重要ととらえ、総合的な対策に取り組んでいきます。



●基本的な方針
1、Sitecoreを中心としたデジタルマーケティングの強化し、国内トップシェアの地位を盤石に
2、圧倒的な費用対効果を生み出すべく、標準化、パッケージ化、コストイノベーションへの取組
3、多くのNo1企業と連携し、世の中にないソリューションを生み出す
4、中堅中小企業へのソリューションの提供

●具体的なソリューション
1、パーソナライズ動画トータルソリューション
2、BtoB向け販売促進ツール「ナーチャリード」 
3、製造業メーカー向け 製品検索&自動組版ソリューション
4、ビッグデータ解析BIツール連動
5、デジタルマーケティングに欠かせないAIをWebに取り入れた「AI×デジマ」
6、「LYZON Design」でテクノロジーとアイデアを掛け合わせ、魅力的で新しい体験が可能に
LYZONの今後~Part2~ ◇組織としての成熟化
2021年でLYZONも設立から約14年の月日が経ちます。
企業として、組織としてより基盤を改善してまいりたいと思います。
取組としても一般的な大企業のようなルールを多くするマネジメント手法ではなく、ITを利用したセルフマネジメントの仕組みを強化していきます。
また、ITなどを積極的に利用し、無駄を徹底的に排除する一方で、人間味のある取り組みも増やしていきたいと考えています。


●具体的な取り組み
1、チーム制の導入
職種ごとに5~7名のチームで構成されています。
そのチームでは、案件のリソース調整や会社・チームの課題の吸い上げ、勉強会など、内容は様々です。
また月一回、1対1でのランチミーティングも開催しています。
最近では、メンバーから上がってきた声で会社がより良い方向に変化していった事例が出ており、若いうちから会社作りに貢献できます。

2、新しい評価制度への取組
マネージャー・チーフを中心に、より良い評価制度を構築・運用しています。
従来のLYZONはスキル評価でしたが、それだけでは今後会社として成長していかないと考えています。
そこで一番軸にしているのが、各社員の『働き方』の価値観。
それは会社が押し付けるものではありません。各社員の人生がどういう働き方をしたら豊かになるかを軸に、日々試行錯誤しながら構築しています。

3、『LYZON働き方ポリシー』の策定
LYZONで働くと、その期間どのような人生を送ることができるかという約束が、『LYZON働き方ポリシー』です。
働くことが個人の幸せに直結する、ここをテーマにLYZONで働くことのバリューを創っています。
会社の理念を押し付けるのではなく、個々の価値観を大切にする。そして、これが評価制度と相乗することで、LYZONが更なる魅力のある会社に進化していくと考えています。

4、Withコロナでの新しい働き方
当社も時の流れとともに、リモートで働くメリットデメリットが徐々に理解してきました。
お客様との打ち合わせや、簡単な社内ミーティングは生産性が向上し、リモートでも可能と感じましたが、やはりリアルでのコミュニケーションも重要と実感しています。
メンバー同士の雑談や社内研修など、リアルを少なからず維持しつつ、生産性を向上していくことがこれからの新しい働き方だとLYZONは考えています。そのため、現在は週3~4回をリモート出社としています。
研修制度のご紹介 代表の藤田のコメントや、事業内容をご覧になっていただき、
難しそうだな…
自分にできるかな…
など、不安に思った方もいらっしゃると思います。


LYZONは【人財育成】に力を入れています。

昨年度より教育担当者をつけ(ブラシス制度)、4月から6月は必ず研修が入る体制をとっています。
基礎知識をつけ、早く業務に携われるよう、育成していきます。

特にエンジニアにいたっては、チーフ職が研修講師となり、非常に濃くハイレベルな内容の研修を提供しました。その結果、新入社員の成長スピードは過去NO1だったと実感しています。


各社員の輝かしい未来のために、育成に力を入れ、日々挑戦・成長を遂げております。
2020年Sitecore MVP 2016年から5年連続で当社社員が『Sitecore Technology MVP 2020』を受賞しています。

Sitecore社よりニュースも出ておりますので、ぜひチェックしてみてください!!

【URL】https://www.sitecore.com/ja-jp/company/news-events/press-releases/2020/01/sitecore-announces-2020-most-valuable-professionals
不況にも強い! ◇デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を支援

多くの日本の企業では、「2025年の崖」と呼ばれる、既存のITシステムが老朽化する問題が生じるといわれています。そのことで、事業のさらなる拡大、企業の成長が妨げられるため、多くの大企業がDXへの取り組みを始めています。
その改革をお手伝いするのが、LYZON。
あらゆるデータとデザイン、企画、マーケティング、AIの境界を越え一つにすることで、日本だけでなく、世界に役立つサービスを創り続けます。


◇デジタルマーケティングの領域

どの企業も売上を上げるために、DMやFAXの送信、電話などの営業活動をしています。企業規模が大きくなるにつれ、自社Webサイトより集客や見込み客を見つけていくのが現状です。
不況になればなるほど、人件費を抑える代わりに、Webやパーソナライズに投資して売上を構築せざるを得ないと言われています。


◇市場規模の差

『Sitecore』をはじめ、ECやCMS、IoT、AIなど、日本と海外の市場規模は10倍以上の差と言われています。
その差を埋める先駆者として名をあげているのが当社です。
不況でも導入しなければいけない企業は多くあるので、時代のトレンドとともに、クライアントのターゲットを変えることで、これから来るであろう不況に備えています。


◇今後なくてはならないもの

外出先でスマホからエアコンをつけたりお風呂を沸かしたり…。
これがまさにIoTの一種です。
鍵のロックや電気のON/OFFなど、今いたるところでIoTが絡んでいます。
今後さらに便利化が進む中で、不況だから導入できないと言っていられない状況になると考えております。
沿革
  • 東京大学大学院在学中
    • 代表の藤田は、東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻在学中、サービスサイエンスを研究。
      (株)トーハンでは出版予測法、アスクル(株)では今後の需要の予測法を開発し、大きな実績を残す。
  • 会社設立
    • 実績を残している中、ビッグデータを活用してビジネスがしたいという思いから、東京大学大学院在学中の2007年6月にLYZON社を設立した。
  • 新卒採用開始
    • 設立2年目で新卒採用を開始。
      新卒採用に踏み切った理由は
      「未来に挑む」
      という想いがあったから。
      新卒の可能性と未来を信じたおかげで今のLYZONがある。
  • オフィス移転
    • 2010年と2013年、事業拡大に伴い、オフィスを移転させた。また、オフィス拡張のため2018年隣接のビルに分室を設置。
  • パートナーに認定
    • 2012年、Sitecore認定パートナーとなる。
      常に時代の一歩先を見据えた事業を展開し、Sitecoreとビッグデータを組み合わせ、データの活用を実現するソリューションを提供している。
  • MVP受賞
    • 2016年から5年連続で、
      弊社社員が
      「Sitecore Technical MVP 2016」
      「Sitecore Technical MVP 2017」
      「Sitecore Technical MVP 2018」
      「Sitecore Technical MVP 2019」
      「Sitecore Technical MVP 2020」を受賞

働き方データ

  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 10日
    2019年度

先輩情報

機能する、より良いサイトにするにはどうしたら良いかをご提案
T.Kさん
2008年 新卒入社
36歳
千葉大学
文学部 行動科学科 卒業
WEBソリューション営業
WEBソリューション営業
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒113-0034
東京都文京区湯島1-6-3 湯島1丁目ビル4階
TEL:03-6841-1628
mail:lyzon@saiyo-p.com
(株)LYZON 採用担当宛
URL http://www.lyzon.co.jp/

※採用ホームページ
https://www.lyzon.co.jp/career/
交通機関 JR中央・総武線、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩6分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」より徒歩10分
東京メトロ丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目駅」より徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp92309/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)LYZON(ライゾン)と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)LYZON(ライゾン)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ