最終更新日:2021/5/13

日軽形材(株)【日本軽金属グループ】

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 非鉄金属
  • 建材・エクステリア
  • インテリア・住宅関連

基本情報

本社
岡山県
資本金
4億円
売上高
70億2,265万円(2020年3月実績)
従業員
231名(2020年11月時点)
募集人数
1~5名

アルミにこだわり、アルミを越えていく、日軽形材(にっけいかたざい)です。

【新型コロナウイルスへの対応有】★★サッシなどの建材、車両部品を製造しているアルミメーカーです★★ (2021/03/18更新)

【4月27日(火)・5月13日(木) 会社説明会(岡山コンベンションセンター)開催】
  

こんにちは。
日軽形材(株)(にっけいかたざい)採用担当です。
このたびは、当社ページを訪問いただきありがとうございます。
少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度説明会にお越しください。

説明会では新型コロナウィルスへの対応としてマスク・消毒液を準備しております。お気軽にお越しください。

皆様のエントリーをお待ちしております。

会社紹介記事

PHOTO
行動力やチャレンジ精神がある人に期待しています。
PHOTO
当社で製造加工している住宅用サッシ。日常生活のあらゆる場所でアルミが役立っています。

社会や生活を豊かにするアルミニウムの魅力を発進しています。

PHOTO

「品質検査の仕事は3年弱ですが、それまでいろいろな仕事が経験できたことはよかったですね。いずれは大学で研究していた皮膜の分野に関わりたいです」と多田さん。

現在、品質保証グループで、出荷前の製品の品質検査をしています。具体的には硬度検査機と引張試験機を使い、各製品が硬度と強度の基準を満たしているかどうかを調べます。基準値より数値が高ければ合格で、低ければ不良品として排除します。不良品が出た場合は製造工程にフィードバックし、不良が起きた原因の究明と作業条件の見直しを行います。不良品の出荷を抑止する一方で、より高品質な製品化を図る役割を担っていることに、やりがいと責任の重さを感じますね。また、それだけに数値の見落としや読み間違いをしないように、2回確認するようにしています。硬度検査のみの製品があるため、午前中は硬度検査を集中して行い、午後に強度検査を行うようにしています。入社以来、製品の組立工程の手順作りから設備の修繕、製品の製造と切断・矯正、製品検査まで、さまざまな仕事を経験。多くの知識とスキルが身につき、視野が広がりました。これまでの経験に加えて、また新たな仕事に取り組むことで、オールラウンドに活躍できるスタッフを目指したいですね。
(岡山工場 品質保証グループ/多田 幸祐さん/2011年入社)
 

現在、アルミ関連の商社や問屋などのお客様を中心に営業活動をしています。お客様を定期的に訪問し、案件の受注や情報交換、新規開拓を行なうのが主な仕事です。大きな案件を受注したり、何度も足を運んで新しいお客様から試作注文をいただけた時は達成感を感じます。その後の取引ができるようにキメ細やかなフォローも必要ですが、その時は前進している喜びがあります。もちろん、営業の仕事とは自分一人の力でできるものではありません。製造と販売がしっかりとスクラムを組んでいくことが大切。一緒になって納期や品質などの問題に迅速かつ誠意を持って対応することが、当社への信頼につながっているからです。チームワークの良さが当社ならではの強みでもあるのです。営業スキルを上げ、3年後、お客様の数、売上げともに現在の1.5倍に増やせればと地道な営業活動を続けています。将来アジア市場のお客様との取引の可能性もあり、語学も含めた自己研鑽の必要性を感じています。10年後、ひと回り大きく成長した自分に出会いたいですね。
【大阪支店 建材ビジネスユニット/大下 岳志さん/2006年入社】

会社データ

プロフィール

アルミニウム総合メーカー、日本軽金属(株)グループの押出形材部門を担当しています。アルミニウム押出形材及びアルミニウム加工製品(窓枠や手摺などの建材、トラックや鉄道車両の部材等)を製造しています。
アルミニウムの押出から表面処理・生活関連製品の加工まで一貫した生産体制をとり、主に国内向けB-to-B事業を行っています。

事業内容
◆アルミニウム押出形材(部品・材料)、アルミニウム加工製品の製造・販売
◆自社オリジナル製品の製造・販売
(アルミ製ソーラーパネル、ロフト梯子、環境調和パネル、アルミハニカム庇等)

PHOTO

岡山県高梁市にある、本社工場です。

本社郵便番号 716-0061
本社所在地 岡山県高梁市落合町阿部2100番地
本社電話番号 0866-22-6021
設立 1973(昭和48)年4月
資本金 4億円
従業員 231名(2020年11月時点)
売上高 70億2,265万円(2020年3月実績)
事業所 本社・岡山工場:岡山県高梁市落合町阿部2100番地
大阪支店:大阪市中央区高麗橋4-1-1(興銀ビル)
株主構成 日軽金加工開発ホールディングス(株) (100%)
(日本軽金属ホールディングスグループ)
主な取引先 積水ハウス(株)、アルメタックス(株)、三和シヤッター(株)、文化シヤッター(株)、四国化成工業(株)、フルハーフ岡山(株)、城東テクノ(株) 等
関連会社 日本軽金属(株)、日軽金アクト(株)、理研軽金属工業(株)、フルハーフ岡山(株)
平均年齢 33.5歳(2020年4月実績)
平均勤続年数 13.9年(2020年4月実績)
沿革
  • 1973年 4月
    • アルミニウム押出材の製造・販売を目的として、(株)ヒカリ(当社の旧商号)設立
      光軽金属工業(株)の全額出資 資本金2,500万円
  • 1973年 5月
    • 日本軽金属(株)資本参加 資本金1億円に増資
  • 1974年 4月
    • 押出機6インチ 1,360トン(1号機)を設置、操業開始
  • 1975年 3月
    • 資本金を2億円に増資
  • 1975年 4月
    • 押出機 8インチ 2,150トン(2号機)を設置
  • 1976年 3月
    • 日本軽金属(株)の全額出資
  • 1976年 9月
    • 資本金を4億円に増資
  • 1979年11月
    • 日本工業規格表示許可取得「アルミニウム展伸材」(棒、管、線及び押出形材)
      JIS H4100 許可番号679045号
  • 1981年 3月
    • 各種形材製品の加工を開始
  • 1982年 4月
    • 販売会社 中国日軽形販(株)を設立
  • 1985年 2月
    • 日軽形材(株)に商号変更
  • 1991年 8月
    • 皮膜設備設置、自動搬送装置設置
  • 1994年 2月
    • 日本工業規格表示許可取得「アルミニウム及びアルミニウム合金の陽極酸化塗装複合皮膜」JIS H8602 許可番号 693024
  • 1997年 2月
    • 山形アルミ(株)の営業権譲受
  • 1999年 6月
    • 名古屋地区営業権を日本軽金属(株)へ譲渡
  • 2000年 3月
    • 資本金7億円に増資
  • 2000年 5月
    • 東京地区営業権を日本軽金属(株)へ譲渡
  • 2000年 6月
    • 山形工場を閉鎖
  • 2000年 9月
    • 資本金19億5,000万円に増資
  • 2000年 3月
    • ISO 9001 認証取得 認証番号 JP-JQA-QM7947
  • 2003年12月
    • 日本軽金属(株)から営業権(旧名古屋地区 譲渡分)を譲受
  • 2004年 7月
    • 資本金4億円に減資
  • 2005年 2月
    • ISO 14001 認証取得 認証番号 JP-JQA-EM4516
  • 2011年 3月
    • 当社および日本軽金属(株)の子会社6社が共同株式移転を行い、日軽金加工開発ホールディングス(株)の子会社となる

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 13.9年
    2019年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 12.7日
    2019年度

問い合わせ先

問い合わせ先 ◆岡山エリア担当
管理課 総務係 中川
TEL:0866-22-6021

◆大阪エリア担当
企画・商務グループ 花田
TEL:06-6223-3591
URL http://www2.nikkeikin.co.jp/nkt/
交通機関 JR伯備線 備中高梁駅から 備北バス(成羽方面)備北オートセンター前下車徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp93678/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日軽形材(株)【日本軽金属グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

あなたの閲覧傾向にマッチした企業はこちらです。

日軽形材(株)【日本軽金属グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
日軽形材(株)【日本軽金属グループ】と特徴・特色が同じ企業を探す。

トップへ